FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
マスク狂想曲*追記「あかん作」
日本人の凄さ。
マスクをほぼ100%している。

バカなワイドショーが「マスクマナー」とか勝手に決めて、あの玉川徹でさえ「そんなのええわ!」的な。
毎回、いろんなマスクをしている河野太郎は「ヤメレ」と。

ほんとバカだよね。ワイドショー。


・それは同調圧力か?
・日本人は昔からマスク慣れしているからハードルが低いからへっちゃらだからなのか?

マスクすることで

・女性が化粧を手抜きし化粧品が売れ行きが良くないとか。
そりゃそうでしょ。口紅できないもの。
ただ、メンソレリップはすると思うけど。

・子供にどう影響があるのか。
そもそも子供にマスクさせる意味は科学的にどうなのか。
成長期の子供が酸素不足になっていいのか。
大人でさえ頭ぼーーっとなるし。
先日の病院での空調の暖かさでマスクの中、汗かいたわ。

・外での仕事の人、大変。
でも、確か政府は「往来ではマスクを外してもオーケー」的なこと言ってたような。
東京のような人混みはどうかは別だと思う。

って、毎日、マスクをつけることのないわたしがごちゃごちゃ言ってもねえ…
でも、心配するわ。


って言いながら…

マスクをチクチク。
なぜか…
そこに布があるから…




赤と紫の小花柄のはまだ少し布があるから残りはどうしようかなって。
ゴムはいろいろ。
白、ピンク、紫の平ゴム系、肌色系の平ゴム、ピンクの平ゴム。

*ここには3種類の作り方をしたものがある。
DSC_0073.jpg


*下は大昔の夏の綿の巻きスカート。
ジャンスカ風で上には首の後ろで結ぶビキニタイプ(もちろんTシャツを下から着る)。
もらいもので「こりゃ着ないなあ」と思ったけどもったいないから、上部分を切り取ってウェスト部分を縫い(当時はミシン有り)巻きスカートにリフォームしたもの。

DSC_0085.jpg


*上記のスカートはすでに入らなくなっていた。
捨てようとしてたけど、引っ張り出して布を切り取って作ったマスク。
柄は黒の部分と、ベージュの部分を利用。

DSC_0081.jpg

DSC_0083.jpg


*裏は持っていた手ぬぐいを利用。
同じ布で裏表使ってもいいんだけど。

DSC_0086.jpg


*さて、手作りマスクには色々なパターンがあって…

1・市販の白マスクのように折り目をつけるもの。
マスク集合写真で言うなら左上の赤い花柄の二つが代表的なもの。

折り目は市販品と少し変えてわたしは2箇所。
上と下は逆に折ることで、真ん中が折り鶴の胴体部分のようにぽっこり空間ができる。
これはかなりいい。

わたしは少しサイドにカーブをつけてフィットさせるようにしている。
ゴムは市販品のように上下につける。
縫ったり、裁縫用ボンドでつけたり。
中に縫い込む方法もあるけどめんどうなので却下。


立体マスクには今のところ、2種類の作り方がある。

1、若者がよくしている形で、真ん中に縫い目があるもの。
これは、手縫いする時に縫う箇所が多いからめんどう。
マスク集合写真でいうなら、紫赤小花柄のマスクの左上の二つ。


2、今回スカートの布で作ったもの。
これは、真ん中を「わ」にして上と下にダーツを入れるもの。
これは、裁断する時に少し楽。

型紙はこんな感じ。
縫う時はダーツ部分を少しカーブすればとんがらない。

DSC_0082.jpg

それにしても、わたし…
一体、何がしたいんだか!!?

快適なものはどれか…
新しい作り方を知ったら実行したくなる。
料理と同じ。

マスクのインナーフレームの話は前した。
これは息するのが楽だけど、若干の重さと肌に形がつく。
わたしたちの年代は肌に形がつくとなかなか消えない。
別にいいけど…
そしてちょっと肌への圧迫感もある。

フレーム抜きにしたら、どれがいいのか。


立体マスクの1番は視野が狭くなりにくいことが利点。
立体マスクの2番は、上下のダーツでそこそこの空間ができることが利点。

平たいのは、どうしても視野の下の部分が狭くなる。
病気になる前、大きめのサングラス、マスクでよそ見して転んだ話をした。

それは鼻の部分に市販のマスクから切り取ったワイヤーをサージカルテープでくっつけると解消できる。

でも、一番の条件は、落ちない程度のゴムのゆるゆる感が一番。
そして自分の顔の大きさにあったもの。


マスクを使用し、帰宅したら石鹸で手洗いをし、タオルで押し脱水し干す。
忙しい人にはこんなの無理。
市販品、すんごく安くなってるからそれでいい。
あのマスク不足はなんだったのか。(知っての通りのからくりでしたわね)

売電がマスクを配るんですって。こんなに有り余ってるのに。

あれ?日本のマスゴミ、左翼、批判しないの?



マスク生活、いつまで続くのか。

日本人、マスク好きだから…どうなんだろう。
都会ではずっと前からマスクしてる人、大勢だったし。


*追記

あかん作。

DSC_0080.jpg

ずっと昔のブラウス生地。
サッカー生地が気持ちよかった。

これは、まだわたしが週5回のバレーボールと筋トレで鍛え上げてそこそこいい感じのぼでーの時の物。
ウェストにペプラムがついたジャストフィットの「わたしの鍛えた腕を見よ」系の袖なしブラウス。

そのペプラム部分の2箇所を切って…
というのもすでに生地の端っこが始末してあるから、と。

これが仇になり端っこがよけい厚みが出た、というもの。
レースでぷりちーにしてみたけど…

う〜〜〜んな出来。



コメント

何事も最後まで追求されるえありすさん、すごいです!
マスク会社が作れますって言うか、優秀なアドバイザーになれます。

私はマスクが出回りだしてからは、自分では作っていません。
いろいろなマスクをいろいろな用途で使いわけています。

バイデンさんの言動は不可解なことが多いですね。
[2021/02/28 20:06] URL | のん子 #Xlf.8pIU [ 編集 ]


>のん子さん



いつも作っていた料理に「こんな作り方もあるんだよ」と言われたら作りたくなりような感じでしょうか。

唐揚げも、粉だけをまぶすのか、バッタ液に卵を入れて粉をつけるのか、とか。

試したくなりますもんね。



売電さん。
ちーとおかしいですね。

この前はマスクなしで出てきてカマラハリスにかなり言われてました。
同じこと10分言い続けたとか。

大丈夫でしょうかねえ。

[2021/02/28 20:14] URL | えありす #- [ 編集 ]

マスク
私も色々作りました。最初は「大臣風マスク」これはこれで良かったんですが、
洋裁のプロの方が続々と新作をアップし始めて、あれもこれもと作りました。

最期に落ち着いたのが「普通のマスク」なんです。

あれこれ端切れを引っ張り出して来て作りましたけど、一番は「表コットン、裏ガーゼ」これが
一番息がしやすい。

そしてメガネ族の私としては「曇らない事」が第一でして、市販のマスクは曇るのです。

鼻が低いんでしょうね(トホホ
[2021/02/28 23:51] URL | mio #HfMzn2gY [ 編集 ]


>mioさん


そうそう、新しい作り方が出てくると真似したくなるんですよね。

そんなにマスクが毎日、必須なわけないのに。
ただ「作ってみたいだけ」。
これは料理に繋がります。

上下逆折り目のマスクが強いて言えば一番かも。
そうです、結局普通のを少し工夫したもの。

立体マスク。
これは人間の顔がやっぱり平たいことを忘れている風です。
立体な部分と平たい部分を兼ね備えたものが一番、かもです。


ガーゼはスースーだからいいですよね。
安倍さんのマスクをほどいて使ってしまいました。
[2021/03/01 09:32] URL | えありす #- [ 編集 ]


えありすさんのセンスのある手作りマスクが好きです。

日本人は機能性に美的感覚がプラスされます。日本人のDNAに組み込まれているんですね。

日本刀も本来の目的から離れ、優美な芸術品になっています。

数多くの他国の武器としての刀は、ただの野蛮人の殺戮の武器ですね。
[2021/03/01 10:07] URL | ぷらむ #- [ 編集 ]


>ぷらむさん


わたしの場合は、「そこにあるもので作る」という「しばりプレイ」(ゲームでよくあります。魔法禁止とか)の中で作るので「なんだかなあ」もできちゃってます。

この失敗が「このパターンはだめだ」という経験になります。
裁縫上手さんはそういうの、最初からわかるのでしょうね。


日本人は美を追求する性質がありますね。

外国の料理など美がないです。
器の種類を見ればすぐわかります。


だから食洗機は日本人対象は難しいのだと。
お皿ばかりの人種とは違いますもん。

食洗機は日本製でないと困る、というのはそこかも。
海外のミーレとか小鉢など並べるの大変かと。


刀もそれでしょうね。
ドラクエの道具屋とはまた違います。

床の間に飾っておく、という。
西洋の剣も美しいものがありますけど、支那のは蛮刀。

刀と言えば、古代では腰に2箇所で吊るして地面とほぼ平行にしていますね。
侍は組紐で固定して腰に斜めに。

それにしても江戸時代、でかい包丁を日本も腰にぶっ刺して歩くソルジャーがいるとか、ほんと日本ってある意味イカれて素敵です。
だから侵略されなかったという説も。

スパイ宣教師たちが国に戻って
「ジパング、やばいっす。
でかい刀を持ったやつらがうろうろして、いざなんかの時は結集するっす」
と報告したか、しないかは知りません〜けど。
[2021/03/01 10:22] URL | えありす #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



検索フォーム