FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
お清め
前の記事を書いているとどんどん精気が吸い取られて具合が悪くなる一方。
頭が重く首肩がおかしい。

頭痛もちだから天気との塩梅もある。
雨が降った。
薬を飲み、肩に貼り薬。


昨日は汚い画像ばかりだったので綺麗な画像をどうぞ。


*お客様をお迎えする秋篠宮両殿下。

(下天夫婦は玄関付近なのでいない。すっきり)

まるでこちらが両陛下。

9b6e7023b5abf45fdec076bcfe13e982w999_1004592095.jpg


*ブータン国王王妃を迎える秋篠宮両殿下。
秋篠宮邸を訪問されたブータン夫妻。
夏の思い出話に花が咲いたことでしょう。

安定の秋篠宮両殿下。
踏んできた場数が違う。

薄っぺらで怠惰を繰り返した人の付け焼き刃はボロボロとボロが出る。
スーパーで会ったおばちゃん同士以下のふるまいしかできない見苦しさに唖然とする。

796b661134d65be64f10d09e106f34bdw999_1004592094.jpg


*ブータン国王夫妻と王子様の出発でしょうか。↓
王子様も連れてきたのですね。
この小さい王子、母親の後ろできちんと立っていますね。
これが普通。
思い出せばあれたちの娘はぐねぐねごにょごにょ前をきちんと向いて立ってることさえできなかったですね。
でも、それは仕方ありません。普通ではなくきちんとした療育が与えられていなかったからです。

秋篠宮邸ではさぞかしまた未来の天皇と王様が思い出話をしたことでしょう。
庭を見せたり。
bbd720d391a109fd4942223e167c5faaw999_1004594233.png


*東宮妃の印のティアラと首飾り。↓
ティアラが映えるように髪を盛りちょうどよい位置に。

豪華なダイヤの首飾りがしっかりと主張できるドレスのシンプルな襟。
首飾りの中央の垂れ下がった大粒のダイヤがきれいに落ち着く位置。
胸のあたりで切り替えのあるドレスは生地がすごいみたいです。


大きなダイヤが連なった皇后の首飾りを55歳のおばさんがお花のフリフリフリルの襟で隠す。
なんとやぼったいドレスを着ていたあの人とは大違い。
立ち位置を示すティアラとネックレスを見せないでどうするのよ。

襟のフリフリのデザインが悪いのではなく着る人とシチュエーションが悪いということ。

いつも違和感を感じていたのは、あの下天妻はもみあげの部分がないんですね。
普通、もみあげ部分に女性はうっすらと髪の毛が生えています。
紀子様も耳と同じぐらいまで。
わたしもそうです。
美智子さんはここの部分をクルリンとカールさせてました。
それはその時代の流行りなので仕方ないです。

下天妻は、ないのです。もみあげ部分のうっすらとした髪の毛が。
下天夫は部分ヅラでしょうけど。

で、前髪の生え際まで思いっきり真っ黒で染めているので地肌まで真っ黒で滑稽なんですよね。

わたしがメイクさんなら紀子様にはもっとピンクの明るい口紅をすすめます。
毎日忙しいのでまつ毛エステ。
歳を重ねると目のあたりの印象が薄くなります。
まつげエステをすると(わたしはしたことないです)目に影ができて印象深くなりますね。

アイラインは内親王のお二人は上手に入れてます。
とくに眞子様。眞子様は妹より容姿が落ちることを知っているのでしっかりとメイクを勉強したのだと思います。
佳子様はそのままで可愛いのでメイクをしたらほんとくっきり美女。

でも、紀子様はこんな薄化粧で気品が出るのでこれでいいのかもしれませんね。
チークをほんのりしたらもっといいかも。
あくまでわたしの主観です。

7e30d42ad9b90378639a99e0c7e56957w999_1004594141.jpg


*フリートークの広間。↓
秋篠宮両殿下がお出迎え。

眞子さま、佳子さま、接待要員〜〜
贅沢な接待。

信子さま?かな?
右下は…女王の誰か。華子さまのようです。
お二人とも足や腰を怪我しているのにさすが皇族です。
「夏バテ、夏風邪の『ようなもの』」で香淳皇后のいわゆるお葬式をさぼる人とは違いますね。

安倍さんは奥の舞台の前あたりで各国の要人を待ってます。

kyou.png

皇太子妃のティアラのほうが幅があって豪華に見える。
首飾りもティアラに負けない厚み。
まさか、この宝飾をつけるとは思わなかったでしょうね。

kyo2.png

饗宴の儀。
メニューがショボすぎて。
近所の仕出しのほうがおいしそう。
アスパラの牛肉巻きとかかぶりつくの?

そぼろご飯とか庶民でも出さないけどね。
生ものではない手まり寿司とかすればいいのに。
ローストビーフなど使って。

テーブルのクロスも短いし、なんじゃこりゃ。
花もしょぼすぎて泣けてきたわ。
秋篠宮両殿下や皇族方はお客様の中に入って歓談。

ca4a06459fae6e5a354ee42af420f138w999_1004592096.jpg


これは何回目かの饗宴の儀かしらね。なんかこれもしょぼいですね。
佳子様、赤いドレス。
近くでみた〜〜い。

9e84e103d59f5f27941c213212e32e20w999_1004594142.jpg

引きの画像。
下天が立ってるのか座ってるのか最初わかりませんでしたわ。

c93fe59f-s.jpg

短い動画↓があがってるとTESSさん情報。
最初のほうがあれがあれなのであれしてください。

1:51秒      佳子様
2:04        眞子様
2:13       スペインの王様と紀子さま。紀子さまのカテーシー。スペインの王様こそ「そんなことなしでいいよ〜」みたいに紀子さまを起こしてる風。
そして頰をあてるフレンチキッス。

こういう挨拶のキスを『ビズ』というそうですって。(ミラージュさん情報)

これが正しいキッスですね。上品ですね。
あのあれのおそろしい突撃キッスと違います。
そう、なにが違うか、というと紀子さまは微笑んだまま首を傾けているんですよね。
スペインの王様は背が高いけどこうしてきれいなキッスができるのです。

動画←クリックどうぞ。前半のあれは閲覧注意です。



こういう秋篠宮両殿下をみると精神が安定しますね。

こちらに皇統がうつり弥栄を祈るばかりです。


それにしても紀子さまの数奇な運命。

次男なのでそんなに厳密なくくりもなく可愛いお嬢さんが入内。
常陸宮両殿下のように皇統と関係なくのんびりそんなに公務もなく研究に没頭していけばいいのだろうなあ、と。

入内するとその愛らしさに公務殺到。
殿下の導きでみるみる原石が宝石に。

いずれ長男に嫁が来て複数の子供を産み、その中に男子もいるだろう…と。

しかし、知っての通りのざま。

長男夫婦のかわりに日本じゅうを地球じゅうを廻って巡って…

そして男子を生み、その子はのちの天皇に。

次男の妻でお気楽皇族のはずが、皇太子妃になり天皇の母になる。
まさか皇太子妃のティアラをかぶるとは思わなかっただろう…


試練のためにあの兄夫婦を国民に与え、その救済を弟夫婦がする。
神様というのはわからないものだわ。

※誤字脱字、訂正加筆はのちほど



コメント

一番上の写真、下天さんいます?
拡大したけれど分からなかったわ。 ま、良いけど。

佳子様赤いドレスは、今日の饗宴の儀part2ですね。
これには又もや降嫁した高円姉妹が皇族コスプレで出席。 優美子母さんも。

挨拶のキス、(ビズというそうです)ベルギーのエリザベート王女が18歳の成人になったので国王から勲章(?)授与された式典時に、家族一人一人にビズしていた動画をみましたが、頬をつけるかつけないかギリギリです。
雅子サマのはホント気色悪いですね。
[2019/10/25 22:46] URL | ミラージュ #- [ 編集 ]


>ミラージュさん


下天は秋篠宮殿下の左のほうにいます。

何度饗宴の儀をするんでしょう。
大荒れの天気でまた洪水なのに。

ほんと、さすが水の総裁。
さすが水俣病の家ので。


18歳成人。そういえば同い年でしたね。下天の娘さんと。
あのプリンセスはすでに小さい頃にスピーチをしたりしてますね。
普通に育てると自覚が芽生えその程度はできるはずです。

下天のお嬢さんをどうやって天皇にしようかと画策するか必死です。


ビズというのですか。
頰をくっつけるかのギリギリですよね。

雅子さんのは本当に発情しているメスのようにかぶりつくので気持ち悪いです。
[2019/10/25 22:59] URL | えありす #- [ 編集 ]


雅子さまと紀子さま。
同じシーンの画像を並べると、その違いが歴然ですね。

順が逆でなくて良かったかもです。
未来が期待できるから。

でも余り待たせないでほしいですが(^-^;
[2019/10/25 23:04] URL | のん子 #Xlf.8pIU [ 編集 ]


>のん子さん


比べると本当によくわかります。
まさこさんの下品さが。

腕をつかんでむしゃぶりついてるって…とほほ


はよ生前の退位してほしいですね。

これから「即位の式で疲れたから」と静養三昧でしょうかね。
[2019/10/25 23:15] URL | えありす #- [ 編集 ]


>秋篠宮殿下の左のほう

よ~く探したけど分かりませんでした。
この場は高御座をゲストが見学しているところですよね。
ならばそもそも天皇皇后はいないのではないかと思うのですが。
[2019/10/25 23:25] URL | ミラージュ #- [ 編集 ]


>ミラージュさん


あ、勘違いしました。
一番上ですね。

下天は入り口(この大広間ではなく玄関先?)で出迎えてるのでは?
この画像にはいません。


これはなんとかの舞のような舞台が作られているところのようです。
動画では安倍さんも。

[2019/10/25 23:53] URL | えありす #- [ 編集 ]


ごめんなさい。 私が間違いました。
入り口というのは玄関の方ということなんですね。画像の右側の入り口と勘違いしてました。

ブータン王子との面会写真は出ないんでしょうかね。
辺りは真っ暗で6時は過ぎているとおもわれるのに夕食をともに…ではなく、ただ懇談って失礼にならないのかしら。
格下の屋敷に国王が出向くなんてそうそうないこと。
平成時代だったら絶対阻止されたんじゃないかしら。
[2019/10/26 00:07] URL | ミラージュ #- [ 編集 ]


>ミラージュさん


紛らわしい書きかたしてしまいました。

どちらにしても下天がいないとすっきりですね。

ブータン国王一家、けっこう遅い時間でしたね。
画像はないみたいです。

家の中でプライベートなので画像が出ないのでしょう。
格下ですよね。
でも、気にしないのでしょうかね。
[2019/10/26 00:23] URL | えありす #- [ 編集 ]

違う事ですが
以前、東宮妃の印のティアラをかの方達が、売りさばいたのでは?

と、色々なブログで書かれてましたが、これは久しぶりに見る、第一ティアラですね?
第二ティアラを紀子様が付けられて登場されるのが楽しみです。

本物の第二ティアラかしら?

関東、東北の度重なる水害に心が痛みます。
平成は地震、令和は台風の災害?

何だか、その様な感じがしてなりません。
これ以上の、災害はカンベンしてください!

紀子様、華子様、安定の美しさですね^^
[2019/10/26 07:54] URL | julie #GpEwlVdw [ 編集 ]


>julieさん


ティアラ。
長いこと、皇太子妃の第一ティアラは見ませんでしたね。


例えば、国賓を迎える時や正月。
こういう時は最大の衣装にしますよね。
でないなら第一ティアラの意味、ないですもの。

なのに、今まで何度も国賓が来日したり正月でもあれは第二ティアラ。
というか正月の祝賀の儀にはなんちゃってで行くふりはしてもあの場にはいなかったですものね。

第二ティアラもなんだかなあ、という感じの輝きのないものでした。
美智子さんの時のと比べると全然。
プリズムがでなくブリキのような感じ。女性なら大小あってもダイヤの指輪は持ってますのでその本物の輝きは知っていますから。


なので偽物?
と思う人が続出しても仕方ありません。
そしてなにより、あのヤフオク事件がありますから。
それが本当かどうかは別にして胡散臭い外戚がおり、それに利用されるボンクラ夫がいるのは事実ですから。

またまた災害。
被害者がたくさんでているそうです。

なんででしょうね。

[2019/10/26 12:27] URL | えありす #- [ 編集 ]


春秋の間の画像、背を向けられているサッシュをした四名の皇族は、
ドレスからすると左から、フレンチスリーブの佳子ちゃん、半袖の眞子さん、信子妃、
他の画像で見ましたが杖を持っていらっしゃったし、サッシュをされるのは
内親王と妃殿下という事で、華子妃と思います。(華子妃、やはり宮妃の矜持でしょうね)
三笠宮家の女王や高円妃、高円宮の女王も会場でもてなしていましたので、
偶々画像に入っていなかったのだと思います。


> でも、気にしないのでしょうかね。[2019/10/26 00:23]
訪問後の御帰りの動画をみると、使われている車がフロントガラスに「ブータン」と
書かれて張り紙があり、政府側が用意した車(ベンツ)だと思います。
多分、わざとリークしてると思いました。夏の訪問の評判からもブータン国王御一家の
動向で皇嗣家の印象付けを意識している様な気がしましたが。

安倍さん主催の晩餐会もブータン国王ご夫妻、安倍さんと同じテーブルの上座だったり
インド、英国との繋がりのブータン国、いろいろ張り巡らした事の一つではと。
画像版にあげたブータン国の記者会見とか、いろいろ想像できますわ。
[2019/10/26 14:04] URL | TESS #- [ 編集 ]


>TESSさん

華子さまのようですね。
杖をついてもきちんと出る。
すごいです。

つらいと思います、立ちっぱなしは。
わたしも最近はずっと立っていられません。まえやったぎっくり腰が痛いです。
歩いたほうがいいです。


なるほど。
ブータン一家との関連性で次の御代のことが位置付けられていきますね。

未来の天皇と王様。

ブータンも観光資源として外資のホテルをいっぱい引き込みたいでしょうから王様みずからトップセールスかもしれません。
それは小国として当たり前であり、北は中国がいますから。


[2019/10/26 14:43] URL | えありす #- [ 編集 ]

神々よご照覧あれ
>えありす様

>>まるでこちらが両陛下

えありす様の仰る通りです。これでは殆ど「天皇代行皇后代行両殿下」です。
(自民党では幹事長代行の方が幹事長代理より格上なので「代行」を使用致しました)

ねーわコンビから押し付けられた公務を一家総出でこなすわ、ろくに接待も出来ないねーわコンビの代わりに各国からのお客様をもてなすわ、大車輪の活躍ですね。



話はしょぼい饗宴の儀に変わりますが、これは平成流を踏襲したようです。大正そして昭和の即位饗宴の儀はもっと華やかなものだった事が、『平成 即位の礼』(毎日グラフ緊急増刊)から窺い知る事が出来ます。

これは私の勝手な推測ですが、中共の国家主席や韓国の大統領の就任式典よりも立派であってはいけないという、女帝美智子サイド若しくは親中・親韓派官僚による忖度かも知れません。

今の上下夫婦二組が退場した後は、他国からのお客様をもてなす意味でもより華やかな饗宴の儀にして頂きたいものです。



雅子氏ですが、本当に発情したメスなのではないかと思われてなりません。日本の名誉のため、八百万の神々によるレッドカードで早く退場して欲しいと思います。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
[2019/10/26 18:39] URL | まゆゆファンММ #- [ 編集 ]


>まゆゆファンMMさん


本当に平成と同じものでしょぼいですね。
ただ、これは形式的なものなので生もの以外は持ち帰るものでしょうね。
ここでムシャムシャ食べることはないものでしょう。

本当に、あのね〜わの二人はいろいろやらかしますね。
とくに下天妻のあの発情した気持ちの悪いキスは国辱ものです。

[2019/10/26 19:09] URL | えありす #- [ 編集 ]


天皇・皇后についての、えありすさんの感想コメントに全面的に賛同します。

皇后というのは、優雅さの中にも威厳をそなえ、近寄りがたい品格がなければ!

外国の王室の妃に背中をポンポン叩かれ「よくやった」という風に慰められたり、グスタフ国王と入場している時に、仲居みたいに、座っている王室の妃の椅子を引いてあげたりおかしいですよ。

あと王室の妃に対し、同窓会で旧友と会ってはしゃいでいるオバハンみたいに応対し、みっともないたらありゃしない!

王室の白人男性達に対しては、ぶつかり稽古のような、乱暴で下品な頬っぺたのくっ付け方して……そのうっとりした顔が色情狂みたいです。

天皇も世界に御披露目するような顔とスタイルじゃないですよ。短足で安物のヅラ付けて。国の象徴は外見が大切ですよ。荷物席からにゅぅ~とニタニタ顔を出す天皇なんて尊敬出来ません!
[2019/10/26 21:14] URL | ぷらむ #- [ 編集 ]


>ぷらむさん


その通りです。
おばちゃんの同窓会ではないです。

「あんた元気やった?」
「元気やでーー、そやあんた店、継いだんやてね」
「そやねん。今まで仮病でさぼっとったけどな…けけ」

とかじゃないんですから。

背中ぽんぽんは、なるひと殿下がトランプにされてましたね。
でも、なぜか秋篠宮殿下にはしなかったんです、トランプ。

色情狂…
その言葉そのままですね。

うっとりして食らいつくの。
世界に発信されたのが一番つらいです。
[2019/10/26 21:26] URL | えありす #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム