FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
いろいろ雑感
▼今年半期の町内会の班の当番。
班が小さくなってそこ10軒以内に。

町内会費半年分の1500円を集めて回る。
なかなか一回では集まらない。
中にはドアフォンに映ったわたしを後から知って持ってきてくれる家も。

最後になったお宅。何年か前に新築をした。
近所に夫婦で歯科医院を経営している。
うちの母や姉もお世話になった。

集金しながらよそから知った情報。
奥さんが亡くなったとのこと。
子供は上が中学生ぐらいの男の子。下は小学中学年ぐらいの女の子。

子供二人を残してこの世を去る無念さ。
胸が痛い。
どうしているのか。前、当番になった時、はおばあちゃんが来ていた。
今思えば、おばあちゃんが来ている理由があったのだろう。

そのお宅のポストに「町内会費をよろしく」とうちの電話番号を書いて入れてきた。
夜になって電話があり「今から持ってくる」と。

夜、ピンポンがなった。
ドアを開けるとお父さんがランドセルを背負った娘を連れて会費を持ってきた。

学校帰りにしては遅いので学童に預けていたのを迎えに行った帰りか、祖父母に家にいたのかは不明。
どちらにせよ、父と子たちで必死に生きているのだ、と。
がんばれ。


▼近くの男の子が土曜の午後からの部活に出かけようとしていた。
いつも気持ちのいい挨拶。
小さい頃はまだ教育の発展途上。
学校の挨拶運動のたまものか、小学校も中学年にすすんだころにはすっかり礼儀正しい子に。

今、中2。
中1に入った頃、部活のことで立ち話をした。
少年野球をしていたので当然、野球部かと。
「ラグビーします」だって。ラグビーの本を持っていた。

へえ、今時ねえ…と去年のこと。
その時、わたしはラグビーと今年のラグビーに結びつかなかった。
しかも地元で試合があるとかも知っていたけど、結びつかなかった。
そうだったのか。


ラグビーといえば、中学の時、クラスにラグビー部の男子がいた。
ラグビーってなんぞ?どんなものか詳しく知らなかった頃。
今もよく知らんけど。
壮大なボールを持った追いかけごっこぐらいしか。

体育祭でクラス対抗リレーにその子がエントリーしていた。
クラスは13クラス。

けっこう下位でバトンを受け取ったその子。
漫画でいうと足もとがグルグルになってホコリがばばばばーーーーーとなってる場面。
あれそのもの。

その加速たるや凄まじいもので外側からごぼう抜き。
足の回転が見えないほど。

アンカーだった。
結果、何位だったかまでは覚えてないけど、クラスで興奮して叫んでいたっけ。
で、同じクラスの子に「何部?」ときいた。
「ラグビーだよ」と。
陸上部じゃないんだ、と。ラグビーは足が速いんだと知った。なぜ速くなければならないかは今回知った。

なぜ、彼がアンカーになったのかはそういう理由があったんだね。
男子たちで決めていたけど周知だったんだ。

その後、ラグビー部が練習しているのをチラ見。
中学生のラグビーはヘッドギアをしている。

その同級生がボールを持って走っているのを見た。ああ、速いはずだ。
ラグビー部って足が速いんだ。

今、思えば、役目的にボールを持ってトライをするあのポジションなんだ、と。
走って走って走っての役目。
背は高くなく体格もそこそこだった。スクラムを組む子じゃなかったんだろう。

その近所の中2の子。

「今、ラグビー、面白でしょっ」
と声をかけたら満面の笑みで
「はいっ!」と答えて走っていった。

ポジションのことまで聞く時間はなかった。
背は高くないし、中2の体格では判断しようがない。

こうやってラグビーの底上げが始まるのだ、と。
国際試合を日本でする理由はここにもある。

バレーボールもテニスもスターがいることで底上げが。

▼なんだかなあ…の写真。

台風の最中、被害者、死亡者が続出。

「心を寄せています」
だってさ。

「わてパーでんねん」をしてるのかと。
いつもは車の荷物席にしか座らせてもらえないのに、今日は上座だから得意満面。

頭は自分たちが権力を握るための儀式のことでいっぱい。

国民がいっぱい死んでも平気。
「心を寄せている」二人。

カメラが苦手なはずなのに「克服」(棒)して窓全開で左手でお手ふりする卑しい顔つき。

sita.png


なんか変な画像。
違和感。
ue.png

なるほど、わかった。
黒田清子さんは別にして…

案内人(清子さん)の隣には上皇でしょう。
中心は上皇でしょう。
案内を身近できくのは上皇でしょう。
それが横から覗き込む形に。

メインで説明をきく美智子様。
しかも美智子様の右手。
上皇の上着の肘を摘んでいる。

これはいつものことだけど、あまりにも見苦しい。

ますます女帝。夫の前に立ち、夫の前を行く。
夫より目立つ位置に立ち、夫より声を大きくする。
自分を則天武后か神功皇后と勘違いしてるのでは?と思われるふしが。

お誕生日会を盛大にする計画を台風犠牲者が出たので縮小すると恩着せる。

はてなばかりが頭をぐるぐる…
情けない平成とね〜わ。


※誤字脱字、加筆訂正は後ほど。





コメント

わたしは黒田清子さんのファンなんです。内親王らしい内親王でした。

地味な方と国民に認識されていましたが、独身の時の清子さまに、知り合いの知り合いが身近で接したら、オーラがあり温かな優しさに満ちていたそうです。

マナーも立ち振舞いも完璧と言っていました。昔、本で読んだ事がありますが、清子さまは、考え方に決断力があり潔いそうです。伊勢神宮の祭主もきちんと務められています。

お母様が芝居掛かっていて、いつも他人の目を意識しているのと正反対。

お母様は引き際を間違っていると思います。80歳も半ば過ぎなのに、いくつもの住まいを転居し膨大な経費を使う。母親より娘の方が聡明ですね。娘を見習えば?

そして可愛~い息子のナルちゃん憲法の教育法の成れの果てが、盆暗天皇とはね。
[2019/10/20 21:47] URL | ぷらむ #- [ 編集 ]


>ぷらむさん


黒田さんは、地味でしたね。
母親が派手だったので「あれはいけない」と思ったのかどうかは知りませんが。
地味すぎるのもちょっと残念でしたが、いずれ民間人になるのだから、と。


「ナルちゃん憲法」失敗でしたね。
9条も失敗、ナルちゃん憲法も失敗。

でも、育て方云々ではなくナルちゃんの能力的にはあの程度で上出来、とか。
(うちの姉談。姉・専門家)
IQ70台かな、と。内親王は同等。
でも、浜尾さんの訓練、教育でなんとかごまかしが効きましたけど、結婚後は「ここまで**」だったのかばかり。


どうしてここまで美智子さんは、勘違いしたのでしょうね。
自分は天皇の添え物である、と。
低頭もしなかったですね。
[2019/10/20 23:46] URL | えありす #- [ 編集 ]


ラグビー、今日は散々でしたが(汗)底辺が広がって良かったです。

清子さん、地味でした。ご本人の意思だったのでしょうか?
いろいろの説がありますが、母親が自分より目立たせないようにさせていた説が、今では当たっていたのではと思っています。
[2019/10/21 00:46] URL | のん子 #Xlf.8pIU [ 編集 ]


えありす様

さっきテレビのニュースで、女帝様のお誕生日会に出席される面々の報道を見ました。
天皇陛下と皇后陛下だけが、嬉しさを隠しきれない満面の笑みでした。
台風被害の国民の事など、頭に無いのですね。

黒田清子様は、いつでも自然体で、清楚で知的で品があって、本当に素敵ですね。
伊勢神宮の祭主をなさる、
日本のアマテラス様ですものね。
格が違います。
眞子内親王様も、清子様の後を継がれる御役目ですね。
清子様は、女帝様に一つも似てない。
やはり、女帝様の実子ではないのでしょうね〜
葡萄奇形の後に、お二人も授かるのは、可笑しい〜と田舎のオバちゃんがよく言ってたのを覚えています。

秋篠宮様と清子さまは、常陸宮様と華子様の御子様なのでしょう。
〜勝手な私の妄想です〜

今日の都心は、車がとても空いていました。
至る所に検問があり、沢山の警備が配されていました。
もう、来日されている要人もおられるのでしょう。
台風20号と21号が続けて、日本列島に近づいています。
被害がとても心配です。
[2019/10/21 01:29] URL | いちじくです。 #- [ 編集 ]


>のん子さん


ラグビーは「こんなものでしょう」という感じだと思います。ここまで来たのが立派。
ランキングでいうなら順当なもの、とか。

清子さんは、自分が地味なのか子供の頃から抑制されてきたのかわかりません。
地味を強いられて次第に地味な方向を持っていったのでは、とわたしは思います。

大学の卒業式でもみんな振袖袴(ハイカラさんが通るの紅緒さん)なのに、スーツでした。
内親王なので本来は普通にできるはずなのに不思議でした。


結婚式はちょっとどうか、と。
三笠宮の女王でさえ十二単。
なのに白のドレス(自分好み)で、髪の毛をアップにもせず飾りひとつなく。
その白のドレスも雅子さんがかぶっていましたけど。

着物でもおかっぱ。
母親のお古。そして柄の合わない帯。

文句が言えないのか、真意はわかりません。

質素にしすぎると税金を出している国民はなんだかなあ、と思います。

母親とのバランスがとれなかったですね。
コンタクトにもせず丸メガネ。
うーん。

でも、今は立派に仕事や伊勢をお勤めになっているので降嫁してからのほうが輝いています。
子供ができなかったのが残念です。
[2019/10/21 12:46] URL | えありす #- [ 編集 ]


美智子さんが、引退しているのに大々的なお誕生日の行事を催そうとしていることに驚きました。
総理大臣まで招いて、というより、呼びつけたのでしょうね。
どこまでも自分の権力に酔いたい人なのだと思いました。
この人たちのおかしさに気づいてくれる人がたくさん出てくるよう願います。
[2019/10/21 12:48] URL | まめはな #hZ1/yzvw [ 編集 ]


10軒以内の小さな班でも訃報が回されることがないことに驚きました。
うちが一軒家にいた30年前には葬儀(お通夜だけ自宅でしました)のお手伝いにご近所の主婦がかわりばんこで来てくれました。
こちらがお手伝いしたことも。
20年前に引っ越してマンション暮らしなのでそういうお付き合いはなく、亡くなっていても全くわかりません。 玄関に「忌中」の貼り紙をすることもありませんからね。
時節柄なんでしょうが、寂しくもありますね。 煩わしさから解放されるメリットもありますが。
何事も糾える縄のごとしです。
残された父子、頑張って欲しいです。

高齢で認知症の母が時々、早くコロッと死にたいと言います。
いくら認知症と言っても、生甲斐がない、生きていても楽しくない…そんな気持ちあるんですね。
まだまだこれからというような若い子育て中の母親等無念の思いで死んでゆく人もいるんだから、生かされていることに感謝しなくちゃいけない と言って励ましていますが、正直複雑な思いでいます。

パレード延期、政府が決めたと安倍さん、菅さんが明言しているのに雅子様の被災者へのお気持ちで延期が決まったようにもっていこうとしている勢力があるようです。
予行練習で嬉しそうにお手振りしていたのに、何言ってんだか!

上皇后誕生日へ御所に向かう車の中で相変わらず荷物席から身を乗り出してお手振りしていますね。
宮内庁はご家族で決められたことなので口は出せないと言っているそうです。
そこを諫めることが出来ないのが問題です。
秋篠宮家でお出掛けの時は秋篠宮様と悠仁様が二列目で紀子様が三列目。でも荷物席ではない。
あの手の車になされば宜しいのにと思うのですが、ワゴン車に強い拘りがあるんでしょうね。お子が。

明日は好きな画家の個展の最終日。即位礼なんか見なくても全然OKなので一般庶民の様子見を兼ねて外出しよっかなと思案中。
大雨の予報なのでちょっと迷ってます。
10月なのに何度も台風が来るなんて…よっぽど八百万の神様から拒否されているんですかね?


[2019/10/21 12:50] URL | ミラージュ #- [ 編集 ]


>いちじくさん


当日は台風が前線を刺激して雨だそうで。

これだけ大勢の人が亡くなり国民が打ちひしがれているのに、と思いますがすべきことはせねばなりません。
これは国の行事ですから。

しかし、当人が台風被害などどこ吹く風とばかりにニコニコ満面の笑顔、というか高笑い。
もうこれで自分たちを規制する者(美智子さん)などいない、という喜びでしょう。

彼らの頭の中にはそれしかないです。
「象徴天皇を務める」とかナルさんがどんなに言っても心に響かないのは行動がともなわないからでしょう。
なにせ、天皇が妻子より末席にいるのですから。


清子さんは、秋篠宮両殿下が不在の時に、まだ小さい姉妹を守った、というまことしやかな逸話があります。
本当かどうかは知り得ません。
なにから守ったか、は雅子さんからです。
悠仁殿下を連れ出そうとしたりしたとのこと。

伊勢では立派にお務めに。

そのようなことから、清子さんが人気なのかもしれませんね。

[2019/10/21 12:52] URL | えありす #- [ 編集 ]


>まめはなさん


さすがにこのニュースを聞いた人、見た人はびっくりでしょう。
一般人のご隠居した婆さんの誕生日はケーキと寿司ぐらいで祝っていいでしょう。
でも、血税を使っての盛大なお誕生日会をするのはどうなんでしょうね。

その祝いに馳せ参じる「りょーへーか」。
しかも御所に。

不思議な現象です。


注目すべきは、
・誰が企画するのか
・企画しても本人の許可がなければ絶対にできないはずなのに、許可したのか
・お金はどこから出ているのか(もちろん潤沢な内廷費でしょうが)


だと思います。
誰が企画しても本人が辞退しないので開かれたのでしょう。

「断れないのです」
これは嘘ですね。

憲法違反もできるほど権力を持っているという前例を作ったのですから。
[2019/10/21 13:03] URL | えありす #- [ 編集 ]


>ミラージュさん


このあたりは古くから密集した一軒70〜120坪ぐらいの住宅地です。
すぐ近くに実家がありますが、ここは班を超えて訃報が回されるので逆に、母が「だれだろかね」と。
班内ではすぐにお金を集め代表が葬祭場に行きます。

でも、わたしの班ではないようです。
というのも、普通は道を隔てて向かい合わせが班なのですけど、うちは裏合わせなので出入りで顔をみることも様子を伺うこともないのです。

お向かいだと車の出入りでいろいろ様子がわかりますけど。

おじいちゃんの土地に孫が家を建てたり、逆に昔からそのままで認知でいたりいなかったり。
いろいろで、どうなんでしょうね。

前のマンションでは逆に、けっこうそういうのがきちんとしていました。
上の年寄りが具合が悪い時には電話があるのでかけつけたり。
倒れて動けないとの連絡には高校生の息子を連れていきました。

前のほうが人間関係は密でした。

--

お天気は自然現象なのでナル夫婦と結びつけるのは非科学的ですけど、結びつけるのが古来より日本人。
こんなに次から次に災難が振りかかるのはやはり、としか言いようがないです。
明日は日本の厄災の日です。

バカみたいに車の後ろに座るてんのー。
ニタニタ笑いの二人。
知性の欠片もないです。

なぜ、あのような座り方になったのか、は、おそらく愛子さんがあの位置にこだわりがあるのかな、と。
小・中学生ぐらいの時にはチャイルドシートではなくなにやら拘束帯のようなベルトが座席についていましたね。

誰か諌める者もいないのでしょう。
普通は親ですけどね。

帝王学を学ぶと普通はわかるのですが。
IQ72前後では無理だと思います。
IQ72前後は訓練されたらできるけど、想像しての行動や洞察力はないですから。
自分が天皇になったら(皇太子でも同じ)車はどこに座るか、は理解できるはずです。
小さい頃から親がいない時は自分が上座である、と幾度でも体験があったでしょうが、それを活かすことができないからの知能だと分析します。
あくまで、持論です。

[2019/10/21 13:21] URL | えありす #- [ 編集 ]

その直感は正解だと思います

やはり、低能というか・・・残念通り越して情けない2人ですね。
魂レベルが一致しているからこんなに長く夫婦として続くのでしょう。
国民に対する寄り添いの方法も女帝から習っていないのでしょうね

この記事の写真が見れないのは残念です

少し、明るいニュースです
男系男子復帰に向けて動きが始まりました^^
昭和天皇の長女さんのお孫さんとか復帰されたらワクワクしますよね
[2019/10/21 18:07] URL | 匿名ちゃん #- [ 編集 ]


>匿名ちゃん


低脳な二人は割れ鍋に綴じ蓋。
かかとで蹴られ車の後ろに入れられてもヘラヘラしている男とさぼりの女。
似た者夫婦です。

青山議員ががんばっているようですね。


[2019/10/21 21:06] URL | えありす #- [ 編集 ]

アマテラスは認めていない

ナルマサはアマテラスに認められていないようですね。
必要なことは中抜き状態
自力本願と他力本願の考え方からしても他力本願だけ
だからこそ、神は見ている

即位の礼が10月22日と発表された後で小和田さんの地元といわれる場所に震度6の地震
即位の日である5月1日は大雨
即位の礼である10月22日、本日は雨
皇居近くの首都高で火災事故

両親であるヘーセーも神は認めていなかった
次々起こる災害
即位の日・退位の日はともに雨

一方、秋篠宮様はきちんとされていて認められている存在
ブータン訪問の時は晴れ
悠仁様誕生の時は虹
[2019/10/22 08:06] URL | 匿名ちゃん #- [ 編集 ]

めでたくない日に思う事
>えありす様


>>自分を則天武后か神功皇后と勘違いしているのでは?と思われるふしが。


その傾向は多分に有ると思います。まるで自分が本当に女帝になったように振る舞い、上皇は天皇時代からまるで皇配殿下のような扱いです。



皇嗣殿下・清子様兄妹に対する扱いは、質素を通り越してぞんざいでした。徳仁氏を出産した後に大病を患ったのですから、実子ではない事は明白です。

しかし、私以外にも常陸宮同妃両殿下がお二人の実のご両親だと推測される方がいらっしゃるとは思いませんでした。一体、後世の歴史家は平成から令和に至る迄の穢れ放題の皇室をどう書き残すのでしょうか。後世への戒めとして、事実を余す事無く書き残して欲しいものです。



ちなみに、私の職場ではおおむね即位パレードには否定的で、「秋篠宮家の方々は目に優しい」と迄断言する人すらいました。幾ら印象操作をしても、本質を見抜く人はいる、という好例でしょう。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
[2019/10/22 13:04] URL | まゆゆファンMM #- [ 編集 ]


>匿名ちゃん


それでも即位してしまった、あの二人。
さぼりにさぼっても平気なんだ、ということを証明。

それでも、彼らは後を残せなかったということで神の差配ですね。

[2019/10/22 14:30] URL | えありす #- [ 編集 ]


>まゆゆファンMMさん


あんな勘違いをさせたのも昭仁殿下だったのでしょうね。

身分の高い人は伴侶次第というのもあるみたいですね。

まるで継子のような扱いの下二人にそういう憶測がとぶのも理解できます。


即位のパレード、秋篠宮両殿下のを見たいというのも本音です。
[2019/10/22 14:35] URL | えありす #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム