FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
25年、迷子の映画
この実話はニュースで知っていた。


でも、この映画がザッピングして観てるこれだと、あとから気づいた。

ザッピングでしかも、途中から。
お世辞にも綺麗とは言えないインド人の子供が駅をさまよっているシーンから観た。

なんだろう?
このばっちい世界。
いやいやインドだし…(ごめんインド)

インドはIT先進国。
そういう面もあるけど、いまだ残るカーストで貧富の差は激しい。
汚物を素手で処理する仕事の人たちもいまだいる。
『不可触民』と呼ばれる人たち。

国というのはさまざまな面を持ってるのは確かだろうけど、ここまで酷いのはそんなにない。
マハラジャから不可触民まで。
それがインド。


そういう背景のあるインドの地方の駅で、一目で貧しいと思われる裸足の男の子がさまよっているシーン。
駅、線路…
効果的。

まだストーリーの把握ができていない。
でも、この子が切なくいい笑顔をする。


インドは同じ言語ではないらしい。
チャイナがそうであるように、地方で違うのでこの子が大人たちに何か言っても通じない。


夜も働く兄の仕事についていった彼。
眠くなってつい乗ってしまった列車は何日も走った。
降りた駅。
兄を探すが見当たらない。
彼は迷子になっていた。

駅で大人に聞くけど忙しい大人たちは、はなにもかけない。
言葉も通じない。
駅の構内で路上生活する子どもたちからダンボールをもらった。
ゴミあさり。とにかく生きる。

優しそうなおばさんが風呂とご飯を提供してくれたが、危険を察知し彼はそこを脱出。
おそらく人身売買。


それにしてもこのインドの雰囲気。
川でゴミや牛と一緒に沐浴する人たち。
これがずっとインドの風景の象徴なのだろうか。


この実話、1986年ぐらいからのこととか。

この30年ほど携帯電話が出たりネットが普及したりするぐらいで、ごろんと世の中がかわるほどのことはない。
インドではずっとこんな感じなんだろうなあ、と。
戦争までインドは英国の植民地。


主人公の子供は迷子として処理され、間も無くオーストラリアの夫婦に養子として迎えられた。
そこで何不自由なく成長した彼。
大学でさまざまな人と出会うことでアイデンティティーの模索が始まる。

母親はどうしているだろうか。

同級生が、迷子の情報をお母さんは知ることができるだろうか、と。
「母は文盲だ」と答える彼。


しかし探すあてもない。
断片的な景色の記憶。

そこで彼はグーグルアースで探すことに。



列車に乗った日にち、当時の列車の速度。
自分が迷子と認定された駅からの距離を計算。
この範囲内に故郷がある。

着いた駅で見上げた給水塔。

母親は裏山で石を運ぶ仕事をしていた。

たったそれっぽっちの記憶で彼は探す。

母を探すのは育ての親に悪いのだろうか。

アイデンティティー、実の母とのこと。今の親のこと。

彼は悩む。

やがて、彼はグーグルアースで見つけることに。

そして、家族の後押しにインドへ旅立つ。
記憶と合致する景色に彼の足もはやる。

貧しい小さな村の家々の間を早足で自分が住んでいた家までたどる。
子どもの頃の彼と今の彼を織り交ぜながら家へと進むカメラワークは観ている側にも思いがこみ上げた。

住んでた家は空。近所の人に聞くけど彼はインドの言葉を話せない。
近所の人が母親を探していれた。


母親と再会。

映画はこの再会で終わるけど、実際のその場面も流れる。
母親は「いつか帰ってくるかもしれない、とこの村を動かなかった」と。
彼があの時付いていった兄は、あの日、列車にはねられて死んだそうな。
きっと弟を探すので頭がいっぱいで列車の接近に気がつかなかったのか。


この本人、実は自分の名前も村の名前も間違ってたのよね。
あいたたた…

5歳。日本人の子ならこんなことないけど。
確実に自分の名前、親の名前いえるし書けるし。


日本人の5歳と貧しいインドの子供の5歳は違うんだよね。
戸籍もないかもしれない。

年間、5万人もの子供が失踪するインド。
人身売買、臓器売買。

この子の幸運は奇跡。

映画のタイトルは

『ライオン』25年目のただいま

本当の名前はライオンという意味だったんですって。
本人はこんな男前じゃないけど…

e0040938_12440961.jpg


彼を養子にした夫婦。
ブラピとかがたくさん養子を迎えていたけど、欧米人ってけっこうそんな富豪がいるのね。

で、その養父母の考えが
・子供を産む能力が夫婦にはあるが、子どもを増やすより今いる不幸な子どもを幸せにしたほうがよいのではないか、という。

うーん。
なんかすごいわ。
日本人には真似できない。

色々なことを盛り込んだ映画だったわ。
オーストラリアの映画だそう。

インド映画ならバーフバリ、だわね。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム