FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
なんでこうなるの。ほどがわかんないんだね・途中ちょいと追記,また最後に追記あり
唖然、とした。

どう、突っ込んでいいのやら…




あの映画鑑賞に出てきた3人。

小さい写真でどうぞ。
アレなので。

gete.jpg

確か、下天妻は予定になかったのでドタ出。


唖然としたのは3人のファッション。
これには爆笑した。


ほんと、一家で**なのかと思った。


秋篠宮家では紀子さまの服の色に合わせて殿下のネクタイも…がよくあった。

披露宴でも花嫁が持ってるブーケの花一輪を新郎の胸ポケットにつける。普通のコーディネート。


下天コンビは滅多に夫婦で公務に出てこなかったのでそういうシーンもなかったけど…


で、最近それを覚えてアレのいっちょ覚えを連発。

今回、どういう順番で服を決めたのかさっぱり。


だれも

「え?なんかおかしくない?」

と、周りも言わないのだろうか。


最初は父親と娘のお出ましだった。
当日になって出てきた母親。

得意のドタ出。


娘は「誕生日で祖父母に挨拶に行ったときのワンピ」と「周り」が決めてたのだろう。
本人はファッションには全く興味ないみたいだし。
興味ないのか理解できないのか知らないけど。


で、父親は

「じゃ、パパは同じ色系のネクタイしよっかな」と。

するといきなり「行くから」

「え?…い、い、いいけど、警備とか…どうなるんかな、ぼくちんわからないから言ってみる」

な〜〜んて心配する能力ないけどね。
命令は絶対。
何せ、家庭内では犬以下だし。

車の席次は家族で決めてる結果が末席だし。


おまえら、赤にしてるんか、
ならわいも赤にしたるわ


と言ったかどうか知らないけど、赤。

「わーーーママ、おそろいだーーー」

「うん、ま、まさこさん、す、すてき。みんなおそろいだね」

結果、これ。

そして、「ほら、おそろでいいだろ」と自信満々で出てきた。

と想像してみた。

結果

「全わたし」が泣いたわ!
泣きながら笑ったわ。


今回は3人一組でひとつのファッション
トータルコーディネート

を考えねばならない。
秋篠宮家が5人で同じテイストにしている。
地味だけど、綿密に計算されている。
地味なのはアレらがいるから思い切ったことはできないのは周知。

でも、この3人は、好き放題やっていい。
やってこれだ。

どこまでも真っ赤っか…
おまけに、椅子まで真っ赤っか…

誕生日では服もクッションも真っ黄っき…



なんでこーなるの!!



誰もなにも言ってくれなかったのか。

「申し上げます。会場の椅子は赤でございます。
赤は避けたほうがよいかと」

という周りのアドバイスもない。
そういう機転もきかない従者ばかり。
電話一本すれば赤だとわかるのに。

アドアイスしても聞かないらしいから、しなくなって久しい。


3人で、「なんか変、赤ばかりになってるよ」

と気づかないのか。
きっと

おそろ、おそろ、おそろ、おそろ♪
すてき、すてき、すてき、すてき♪


とステップしたに違いない!


夫の過去のエピ。

「少し涼しくなりましたね」と言われたらほどが理解できないので、全部窓を閉める。
「少し暑くなりましたね」と言われたらほどが理解できないので、全部開ける。


妻のエピは
鴨の羽根が傷つくまで握る。


そして
ほどが理解できないから

真っ赤っか

になってしまって爆笑ものに。



それにしても娘のファッション…

どこに行けばこんなださいワンピが買えるのか教えてほしい。
ださいから似合ってもいないし、似合わないどころか滑稽になってしまっている。
普通におしゃれなブレザーと箱ヒダのスカートでいいのに。

わたしなら、この前のおばさんブラウスに濃いめのブレザー、ブラウスのピンクが入ったタータンチェックの箱ヒダのスカートをすすめるなあ。
そうしたらあのどピンクのおばさんブラウスの汚名返上になるのに。
難癖がつけられないように。



それにしても…絶句なワンピ。
見た瞬間、これの赤バージョンかと思ったわ。

修道女のワンピ。


・ってか、こ、これゴスロリファッションじゃん!!
こういうのを着て街に出るんだけど、家が田舎でこういうので田んぼのあぜ道を歩いてバス停までいくのよね。(こどもの友達のこと)

ゴスロリ、ゴスロリ…
プチエ…はっ!

gou.jpeg

kuro.jpeg

誰が選んだんや!
責任者出てこい!


娘18歳。
番茶も出ばな。

どこに華があるのか。

パパ、ママに連れられて映画を見ました。

これが偏差値72、東大一直線だけどあえて学習院へ、英語は流暢、スポーツ万能…
だから天皇に…

無理な設定やろ…
「一人でできないやん」だわ。

この子がかわいそうやん。

一生懸命お辞儀をして笑って、理解できないけど映画を見て…
呉という町なんてどこにあるかもわからないだろうけど…
じっと映画を見て、えらかったよ。
このくらいはボーダー、IQ72ぐらいはできるから。


ということで

爆笑一家

で、笑かしてもらいました。
でも、泣き笑いしてるんですけど…



<追記>

拍手欄コメントで

「謎のシワ」とありました。愛子さんの腕の服のシワです。

わたしも謎だと思います。

わたしのようにお絵描きする人間にとって服のシワは大事なポイントです。
デッサン集には「服のシワの描き方講座」とかあってよく見ます。
実際の人間の写真をたくさんみてシワがどう出るかを研究します。
マントとかのシワはほんと難しいですけど、うまく描けるととても嬉しいものです。


そういう観点でみると謎なのです。

拡大してみました。
ほんとおかしいですね。

siwa.png

実際に自分の服で同じようにシワを作ってみました。
二の腕からこれだけのシワを寄せるには袖まで一回転ぐらいしないとできません。
でも、袖口は普通。一回転はしていません。

そこで少し別の角度でみてみました。

siwa2.png


なんとなくわかりました。

腕の後ろの方にもすごいシワが。
そして腕の太さが半端ないのがみてとれます。

はっきりしました。
この服はこの子にとって小さいのです。
腕はパンパン。
でも、あるべきバストがないのです。
だから身頃にも肩から妙なシワが。

誂えではなくいわゆる「つるし」の服。誂えてこのシワがあったら仕立て屋さんは店じまいをしたほうがいいです。


上に貼った黒のワンピ。
下のをみるとわかりますね。

・バストがあるのを前提に作られている
・こういう服を着る年代はまだ細いので腕は細く作ってあるが、バストが成長してきている途中なのでそれなりのダーツや余裕をもたせてある。
女ならそういう時期、通ってきたのでわかりますよね。


これに全く当たらない体型なのです。

愛子さんは身長、154~5ぐらいでしょう。
女優が5センチぐらいのヒールを履いて172ぐらいだとして、20センチほどの差がありますね。
靴の誤差を考えると155前後だと想定しました。
父親が「公称163センチ」というのは嘘ですね。
ごまかし、頭の毛もごまかしだし、身長もごまかし、祭祀もごまかし…

で、愛子さんのこのワンピはサイズ違い。
こういうワンピは「少女ゆえの細さ」を持つ子が着るものです。
サイズも違えば、チョイスも間違い。
そして、こういうのは深窓の令嬢が着る服とは言い難いですね。
一歩間違えるとゴスロリ。
こういうのは避けたいもの。


髪の毛も、大五郎結びをした上にさらに後ろで留めているという謎のヘアスタイル。
これも失敗。

何から何まで失敗の子。
しかしそれはこの子のせいではないことは当たり前です。

周りが適切な服を着せていないのが悪いのです。
夏はおばさんムームーを着せたり、悲惨です。
でも、本人はどんな服を着せられてもわからないので素直に着ます。
ちょっと泣けますね。



※誤字脱字、訂正加筆はのちほど






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム