FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
さあ、どうしましょう。ど思いますか?梨本宮家?追記あり
ことの発端は…


・外出中に携帯に知らせが。
・前のブログにはコメントが入ると知らせが入るように設定してある。
・今のブログならそういうことはしなくてもいい。
リアルで見ているから。
・でも、前のブログはどうしてもおろそかになる。
・そこで、知らせが入るようにしてあった。

・知らせが入った。こういうことは時々ある。
・賛同のポチを入れてくれたら知らせが。
・また、古い記事にコメントが入ることもある。
反日の温床だったグリーンコープに関してはいまだたくさんのアクセスがあり、またコメントもある。概ね、皇室問題に関してはかなりのアクセスがある。


今回はなんだろう、と開いてみたら、????????????


なにはともあれ、読んでみてください。
2019年3月の記事のコメント欄が問題に。

当該記事↓


コメントはコメント欄の下の方にあります。
---------------------------
以下記事に関して、名誉棄損やプライバシーの侵害にて、削除を12月31日までに要請します。
 削除ない場合は、情報開示請求を裁判所に行い、警視庁に通知し法的処置を行う所存です。
2019年12月10日   コメント主・梨本宮記念財団


 まめはな 2019年03月24日 15:17
 旧皇族復帰は必須です。 元々、皇族であった方達がGHQの圧力で皇籍を失ったのです。 ただ、梨本宮家の梨本隆夫氏のように、皇族の血筋でない方が養子として入っていることもありますので、きちんと調べることが必要です。 隆夫氏は梨本徳彦氏の老いに乗じて、実子の徳久氏の知らぬ間に養子に入ったようです。

-----------------------------------

▼うちの常連さんである「まめはな」さんのコメントに対してなにやら言っているようです。
わたしの記事は「安倍さん」の言い分がぬるいことを怒っている中身で、梨本宮さんに関係したことは書いていませんね。

書いているのは「旧宮家復帰をお願いしたい」ぐらい。

まめはなさんのコメントも普通です。
問題ありますか?

▼さて…
不思議なコメントですね。

>以下記事


ではありませんし。
書くなら「以下、コメント」だと思います。


▼まず、梨本宮記念財団ってなんでしょう?
ググってもイマイチ。


▼梨本宮といえば李氏朝鮮に嫁入りした『李  方子(まさこ)』さんが有名ですね。
どこの世の中に皇族を「植民地」の「酋長」に嫁入りさせる国がありますか。
ようは日本がどれだけ朝鮮半島に肩入れしたか、の証拠です。


▼さて、それはおいといて、梨本さんちは子供がいなくて、他の宮家から養子が2度ほど入り、継いだ子は、香淳皇后の祖父の息子のようです。
香淳皇后のおじさんが梨本宮。
伊都子さんと結婚し、その娘が李さんちへ。
養子もその奥さんも、みなさん「ええとこの子」。
平民なんざ一人もいません。

▼その後、方子さんには妹がいて降嫁したので、継ぐ男子はなし。
そこで、親戚の徳彦王を養子に。


さて、ここからがこの核心でウィキによると…

------------------

前略


1966年(昭和41年)に、夫婦揃って梨本宮守正王妃であった梨本伊都子の養子(夫婦養子)となって祭祀を継承する[3]。姪夫婦が梨本家の後継者となったことに、香淳皇后は大変喜んだという。しかし、妻の正子とは1980年(昭和55年)に調停離婚した。その後、同居していた愛人も病で倒れ、独り暮らしとなる。晩年には自らのお印に由来する「鳳凰会」の総裁となったが、金銭管理に関わるトラブルに巻き込まれていた[要出典]。

2002年(平成14年)11月、皇族と血縁関係の無い神林隆夫を養子に迎える[4]。なお、長男の龍田徳久は、両親の離婚後は徳彦と疎遠になったため、どのような経緯で養子縁組に至ったかは分からないと語っている[5]。

2007年(平成19年)2月7日、死去。84歳没。

----------wikiより

前に戻りますが、まめはなさんはwikiに乗っていることそのものを書いただけだとわかりますね。


ネットを巡ってみると、この

梨本宮と全く血縁関係のない神林隆夫氏に関して

-----------朝鮮日報より---------------

朝鮮の歴代君主の祭祀である「宗廟祭礼」に日本の巫子が大挙参加していたことが 
分かったと週間朝鮮誌が伝えた。 
同誌は11日に発売された最新号で梨本隆夫氏(66)という日本の王族が5月2日、 
巫子35人を含む日本人50人を率いて「宗廟祭礼」に参加、行事の亜献官(二つ目の 
盃を献上することを受け持つ官職)を務めたことが確認されたと伝えた。 
「出羽三山」という宗教団体の第17代教主を務める梨本氏は「10年前から日本を 
代表して英親王の息子、イ・グ氏と共に5月の行事(宗廟祭礼)に参加した」と語った 
と同誌が伝えた。 
梨本氏の国内での代理人を務める元国会議員補佐官のソ・ヨンソク氏は「イ・グ氏の 
日本滞在のために梨本氏が保証人を務めたことがあり、今回の訪韓もイ・グ氏の 
保証人として参加した」と延べた。 
梨本氏は自身について「2002年11月、“旧皇族”の梨本宮家に養子として入籍し、 
第6代の祭祀継承者となった。(英親王・李垠(イ・ウン)の妻)李方子(イ・バンジャ) 
女史は梨本宮家の祖父、儀光の女兄弟」と語った。梨本氏の主張によれば自身が 
李方子女史の孫にあたるという。 
梨本氏一行は宗廟祭礼に参加した翌日の5月3日、檀君の聖地である江華(カンファ)島 
・摩利(マリ)山・塹星(チャムソン)壇の前で祭祀を執り行い、5月4日に帰国した。 
これについて朝鮮王室の後裔らは一様に不快感を示している。高宗の孫で純宗の甥 
として第一室の「太祖高皇帝室」に参拝したイ・ソク(義親王の息子、本名:イ・ヘソク)氏は 
「非常に気分が悪い。はっきり言って自尊心のない行為」と語った。 
祭官として参加した別の朝鮮王室の関係者は「歴代朝鮮君主の魂霊を祀った神聖な 
場所に朝鮮王朝を滅ぼした日本の王族らが、それも数十人の巫子を率いて訪れたとは 
信じられない」と語った。 
(チョソン・ドットコム internetnews@chosun.com) 
-----------------

ネットから拾ってきたもの

梨本 隆夫(なしもと たかお)、(1938年??月??日 - )は自称元山伏。 
血液型:不明出身地:不明 平成14年11月に旧皇族の梨本宮家当主梨本徳彦氏の養子になる。 
朝鮮の歴代君主の祭祀である「宗廟祭礼」に巫子35人を含む日本人50人を率いて参加して問題視される。 
梨本徳彦の実子にあたる龍田徳久氏は親が離婚してからは徳彦氏と連絡は取り合っていないので 
養子縁組の経歴はわからないと発言している。梨本徳彦の名はNPO法人やまびこ会(2005年3月NPO認証取消)。 
の名誉総裁の他、以下の団体 

インド文化協会名誉総裁 
李方子妃崇徳会名誉総裁 
日本寺奉讃会名誉総裁 
日本文化振興会第二代総裁 
の総裁職を務めているように登場しますが、(現在でも就任しているかどうかは不明) 
梨本徳彦本人は高齢という理由で、梨本隆夫が義父の名前を使った。 
本当に徳彦本人に就任する意思があったのか疑問視されてる。 
徳彦本人の意思が、あるないどちらにしろ梨本隆夫に 
旧皇族の名前が”信用代”に使用されてる現状があり批判する人もいる。 
ちなみに週刊誌週刊新潮 [2006年02月23日号]の 
「50年の50人/3000億円「詐欺話」に登場する旧皇族「梨本宮」」には、 
義父梨本徳彦の名をフルに使い巨額の詐欺に関与してるとの疑いがありと記載された。 

皇室を離れて民間人になった家が誰を養子にとろうが、法律には触れないが、 
旧皇族の家柄ということで心配する人もいる。梨本家が旧皇族の家柄で 
全く皇族と関係ない男子を養子にとった最初の例となった。 

---------------------------

ともある。

ともあれ、この人がどういう人かは知らないけど、皇族の血筋ではないということははっきりしている。
男子は皇族の血がないと皇族を名乗るのはあかんと思うけどね。

さて、このよくわからない団体の名前で

名誉棄損やプライバシーの侵害にて、削除を12月31日までに要請します。
 削除ない場合は、情報開示請求を裁判所に行い、警視庁に通知し法的処置を行う所存です。


だそうで。
でも、

名誉毀損はどの部分を指しているのか。

 >隆夫氏は梨本徳彦氏の老いに乗じて、実子の徳久氏の知らぬ間に養子に入ったようです。

という「まめはなさん」のコメントは名誉毀損だろうか。
あえて言うなら「老いに乗じて」の部分だとしてもこれは個人の想像。
想像する自由はある。

実子が知らない、というのはどうやら公然のことのよう。
ではどこに名誉毀損があるのか。
今のところ不明。

次に

「プライバシーの侵害」というがどの部分なのだろうか。

----------
プライバシーの侵害とは

(1)私生活上の事実、またはそれらしく受け取られるおそれのある事柄
(2)一般人の感受性を基準として当事者の立場に立った場合、公開を欲しないであろうと認められるべき事柄
(3)一般の人にまだ知られていない事柄
(4)このような公開によって当該私人が現実に不快や不安の念を覚えたこと

だそう。


具体的例は

■氏名や住所、ならびに電話番号
■病歴や通院歴
■結婚、離婚歴
■職業やそれに伴う収入
■身体的な特徴
■メールや手紙の内容
■犯罪における前科、前歴


では、今回、どれに当たるのだろうか。

まめはなさんのコメント内容はwikiにものっているしネット上にものっていることであって、まめはなさんが独自で入手した情報ではない。


この梨本財記念財団はこれらを同じように訴えたのだろうか。


もし訴えるならば、まずはwikiを。
その前に「wikiの書き直し」をすべきだと思う。

> 削除ない場合は、情報開示請求を裁判所に行い、警視庁に通知し法的処置を行う所存です。

順番的に、まずは弁護士さんに言ってそこからでは?
いきなり裁判所に情報開示請求、するんですかね?
わたし法律、全くだめなので。

裁判所に「えありすというやつのブログのコメント欄が名誉毀損をしている、情報開示請求をしますーー」とか言えるのかどうか。


「情報開示請求」ってなんの情報でしょうか?
ここでいうなら「まめはなさん」のIPアドレスとか?
もし、情報開示を請求されたとしても、わたしにはまめはなさんのIPアドレスはわかりません。
当たり前ですけど、ハンドルネーム以外、何も知りません。

では、前のブログ(リブロクさん)の運営会社に請求するのでしょうかね。

梨本宮記念財団さんは、本気ならば『警視庁のサイバー専門の部署に相談』を先にすべきだと思うのですよね。
相談をし、警察の指示で、弁護士を頼みわたしに理由を説明して削除依頼をする、という流れだと思うのです。

その前に、わたしに
「この部分が名誉毀損にあたります。
これはプライバシーの侵害になりますので削除お願いします」
と理路整然と説明をするといいと思うのです。


もちろん、まめはなさんのコメントを削除するのは簡単です。
しかしなにかよくわからない人の言うがままもおかしいと思うのです。

削除するのは

*ブログ主が不適切であると判断した時。
*コメント主が「ヤッパ無しで、削除してね」と申し出た時。

この二つ。

今回、「まめはなさん」は旧宮家復帰にあたって、血筋がない男性皇族の復帰はない。
復帰するにあたり、その血筋をきちんと調べることが必要、という意味のことを述べました。

この当たり前のこと。
わたしは支持します。

さて、皆様、関連する情報をお持ちの人はお寄せください。
また意見もお寄せください。

「めんどくさいから削除したらええやん」

「得体の知れないのと関わるのきもいから削除してもええやん」

「今、混沌とした妙な皇位について、都合が悪いのが暗躍しているかも。
そんなのに屈してはあかんで」

などなど。

しかし、このこと(皇族でない人間が旧宮家の養子に入っている事実)は、皇位継承の今のもやもやとは関係ないような…
でも、わかりませんね。

なにがどう繋がっているのか。

それにしても、この梨本なんとかさんも、古いブログの古い記事にコメントを寄せても、ブログ主が見逃すこと考えないのでしょうか。

新しいブログのコメント欄に書けばよかったと思います。

それに団体名だけではなく、理事、広報、担当の誰々と名前を名乗るのが常識だと思いますけどね。
わたしのような泡沫ブログだとしても、ネットの礼というものがあると思います。

新ブログがあるのも気づかないで書き込んでいる、というあわてんぼさん。
わたしのブログの全体像を見ないで書き込んでいる、ということでしょう。

とりあえず「返事をする」ということが大事なので、返事をしておきます。


でも、梨本宮家とか、裁判、警視庁、とか出せばこちらがなんでも言うことをきくと思ったのでしょうか。
一般人はそういうの怖くないんですよ。

*追記

とあるブログではこういうことも書いてあります。
リンクするのはあれかと思いますが…
hをあえて離しました。

h  ttps://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/97574c3818146bba5a2c49511083335a

11e38c2f27b721c7234dbf42d89af513.jpg

こういうことは全く知らなかったのですが、今回のことで知ることに。

1、やぶへびになった
2、逆にこういう危険人物風がいる、ということを広めたかった。

どちらでしょう。


前、有栖川を名乗って結婚式詐欺をした事件がありました。
あの女性側の人。
地元の人で、コンパニオンのようなことをしていて、ひょんな関係からわたしとその人、あと2人、4人で一緒に『仲良く』飲んだことも。

まさか、こんな皇族詐欺をするとは。






誤字脱字、訂正加筆ありましたら、





プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム