FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
なんでこーなるのっ
この一連の儀式。


最後の締めも

「笑ってはいけない皇室24時」

全員がケツバット決定。


動画をスクショ。

geten.png


*動画---6分29秒ごろ、衝撃。





拡大してみよう…

geten2.png



geten3.png



頭のびよよ〜〜んを当てないと気が済まないのか!!!


前も同じことをしてヅラからずれてしまったことがあったのに、また繰り返すこの喜劇。

なぜ、学習できない?

お付きの人も「またかよ、なんでわからんのか…」と思ってることだろうなあ。
少し手前で腰をかがめ入っていけば当たることはない。
空間認識能力ゼロ。
アホなん?

わたしたちも、時々、身体のどこかをぶつける時もある。
このくらいはすり抜けられるだろう、という曖昧な感覚でいくと腰をぶつけたりする。
ダイニングテーブルの角で打つ。
それは日常生活でのこと。
そして横着をするとそういうことがある。

だけど、これは日常ではない。
園児、小学生…でいうなら卒業式だったりする非日常の極めて注意深くすること。

それが、還暦のおっさんがそれができない。
この一世一代、最後の儀式でこれだ。
ここは何度も参拝しているはず。

なのにこれだ。
頭をいつもより下げればよいこと。
なぜ、できない?

妻のほうは「どしどし歩き」は相変わらず、扇を腕関節に。
中に入る時、どしん、って。


*尻!!
動画をスクショした。

hira.png


これを見せたらうちの姉がゲホっ!となった。
危険。

草むしりのおっさんが腰に手ぬぐいをさしているのか、と思うぐらい滑稽。
草むしりのおっさんは、建設的だけどこれは…なんといっていいのやら。

姉がこんなに曲がるのはすごい、と言ってちょっとやってみたら頭くらくら、倒れた。

柔軟なのか重すぎて下がっちゃったのか不明。
肩と腕が下がりすぎていておかしい。


お辞儀というものが理解できていない証拠

深く拝礼、といったら見苦しいほど深すぎる。
限度がわからない。

でも、このドレスはよくない。
尻フリはダメ絶対。

わたしなら、こういう場面を想定して腰回りに後ろ方面に長めのふんわりしたペプラムをつけるけどなあ。
デザイナー、失敗作。

また、裾を踏むし、めちゃくちゃ、夫婦で珍道中。


紀子さま。
普通。
kkii.png


でもね、天皇陛下にとってあれがいっぱいいっぱい。
IQ78か80にしてはよくやってる。(専門家の姉談)

だが、国民は情けないと泣く。

最低神事は失敗なくやってほしい。リハーサルもしているのに。



*姉に見せたら度肝抜かれ絶句。↓ニュースでちらっと見ただけだったので腰を抜かした。

「これは、一体何を見せたかったのだろうか?」と。
はてなでいっぱいに。


「優秀な内親王殿下」を装うなら失敗。
小道具として失敗。
能力は父親と同じぐらい。

カミングアウト?

そういえば、前、飛び出す絵本で遊んでいることもあった。
中学何年生だったか…

「国民の皆様、察してください。飛び出す絵本と知育パズルなんですよ。
週刊誌のアゲアゲ記事は嘘です」
と?

「成績はトップクラス」「楽器は音大レベル」「英語はネイティブ」だから「天皇にふさわしい」など嘘をつかなくてもいい。

この画像で一目瞭然。
これを「優秀なお子に育った」と言ってる人がいたら、観察力ゼロ。

東大にスイスイ行ける子がこんな園児パズルで迷う?動画みると迷ってる。
しかも父親も迷ってるのよね。
目つきがあかんでしょ。

別の小道具をなぜ出さない?

本当に優秀ならば外国からの客と英語で懇談している動画を出せばいいだけ。
テニスをちらっと見せたり。
毎年、毎年、穴あきボードの防音室のような部屋。
ソファ、黄色のクッション。地球儀、小道具の犬。

そして、本人には理解できていない自分の状況。
この子を使って

「正当な皇位継承権を持つ、天皇の弟と、その子から皇位を簒奪」

しようとしている勢力。
朝敵。

pazu.png


*年相応の普通の父親殿下と親王殿下。
ほっとする。
よかった。

1575098333705s.jpg


denn.png


あまりにも無残な天皇夫婦とその子。

天皇というのは祈りを含めた文化、伝統。

その文化、伝統の象徴が天皇。
大事にしたい。

でも、文化伝統を入れる器がこんなボロボロだとしても、日本人は器ではなくその中身を大事にすることだろう。

彼らは誤解している。
人々が頭をさげるのは、その文化伝統を大事にする血統。
決して、器である彼らではない。

子供の前でふんぞる天皇。
自分の慶事だけに涙する皇后。


尊崇の念などわたしにはみじんもない。

※誤字脱字、訂正、加筆はのちほど。




旅・後日談
海上自衛隊から送られてきた写真。

海軍兵学校時代の父たちの写真。


『期』と名前で探してプリントしてくれた。
クリアファイルに3枚入れてあった。


IMG_20191205_100423.jpg


kaihe.png



この写真は父の膨大なアルバムの中にはあるかもしれない。
父が亡くなってまとめてしまった荷物から出してみたこともなかった。


こうして、戦時中の父の一瞬を垣間見ることであの時代の若者たちがどう生きたかがわかる。


日本が近代国家になった明治。
この時から日本は世界を相手に喰うか喰われるかの熾烈なレースに巻き込まれていった。

そして、日清日露戦争を勝ち、WW1、最後のWWで負け、今に至る。

もし、日清戦争で負けていたら?
日露戦争で負けていたら?


今頃、日本はないだろう。

その時代、時代の若者たちが必死で日本を守った。

それを悪しざまに言う輩には鉄槌を下したい、と思う…よね。


さて、お礼の手紙でも書こうかな。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム