FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
ピンクのドレスが似合うか似合わないか・加筆あり
最後の『お祝いのお食事会』が行われ、我らが雅子さまはピンクのドレスで身を包み嬉々として出てきた。

画像をあげると気持ちが悪くなるので割愛。
ここを読んでくださる方々はどこかで見たことでしょう。
ヤフーニュースでもありましたし。


さて、このドレス。
それは豪華な生地で作られている。
デザインは面白味が全くないけど、あの


いい歳ぶっこいてフリフリ顔埋没肩上がり滑稽ドレス
おしゃべりしながら出てきた時の水色のイカの耳をぶらぶらさせた変なドレス


よりまし、というレベル。

いや、いや、彼女のあのトキ色っぽいピンク系のドレスは素晴らしい。
日本の職人によるもの(だと想像)なので間違いはなく立派なもの。

で、あのドレスが似合うか似合わないか…


もちろん似合わない。それは見た目もそう。


それより、その豪華なドレスを身に纏う資格が無いから、とわたしの中で思うから。

あの豪華なドレスさんが「わーーこの人に着てもらえて嬉しい〜」と思うかどうか。

どこかのブランド屋さんは「うちの物を持って地下鉄に乗らないでください」という趣旨のことを。
それと同じだと思います。



「頑張って即位の礼とか色々行事に出てきたんだから、過去のことはもういいんじゃない?
これからを期待するから。
応援しましょうよ」

と、思う人もいるかもしれない。


わたしはそこまでお目出たくないのでそれはできない。

過去しでかしてきたこと、やってこなかったことは過ぎ去った事だけど、嫌な気持ちで満ち溢れている。

殺人者が更生しそこそこ生きているからと、その殺された人、家族はなかったことにできるか、と同じ。

「殺人と同じに考えるなんて〜」と思うかもしれないけど、それに匹敵するほどの立場、そして血税を浪した罪は大きい。

公務は全てさぼる彼女がブルガリやシャネルに身を包み遊びに出かける姿を何度も見た。
政府専用機…

一回2000万とも4000万とも言われるらしい。
詳しくは知らないけど高額な税金が使われるのは事実。
その税金はわたしたちの血税。

血。

その血を無駄に流させたということ。


それに乗ってトンガに行った。
オランダに2週間も一家で遊びに行った。
馬車小屋で写真を撮ってたけど全然アレルギーの兆候なし。

こんな事を書いていたら膨大な数になるので割愛。



ピンクのドレスが似合うか似合わないか。


より、それにふさわしい振る舞いをしてきたのか、どうか。

豪華なドレス、宝飾品。

それに見合う存在であったか、どうか。
そういう行動をしてきたかどうか。

それらを身につける価値のある存在なのか。


わたしは、徹底して否定する。
世間では「びょーきのまさこさまが、でてきた。ありがたや」と言ったとしてもわたしは否定する。


どうしようもない不良学生が駅前を掃除した。
褒められた。
両津警官が言った。(漫画です)
「褒めるな」と。
当たり前のことをして褒めると調子にのる、と。
普通の学生は普通にそれをしている、と。
両津さんは正しい。


これと同じ構図。
さぼりにさぼり尽くしてきた者が、権力、金、を欲しいがために普通のことをしたら褒められる。


おかしい。

それでも「許す」と思う人はそれでいい。
でも、わたしには到底許されない気持ちがある。

過去を知れば知るほど。
どのツラさげて出てきてるんだ、と。
どのヅラはその夫だけど。


車の中で化粧直しをしながら向かう皇族がどこにいるのか。
本当にどうしようもないバカとしか言いようがない。イヤリングをつけながら出てくるほどのバカなので自覚もないので直ってもいない。


家を出た瞬間から公式の場。
化粧直しは化粧室。

こういうのが理解できないからこそ、

そのドレスを着る価値、資格、がない

という意味でも似合わないとわたしは言う。


<加筆、書き忘れ>

伊勢の乗り物。

馬アレルギーとのこと。
入内前から重度の馬アレルギー。

嘘つけ!!!!

馬に触れている写真は山のようにある。
なのに、しゃあしゃあと嘘をつくこの精神。
どこかの民族とそっくり。

本当に重度のアレルギーなら夫の後ろをくっついていくオープンカーだって馬の空気浴び浴び。
設定がおかしい。

どしゃぶればいい。


馬車ではなくパレードで使ったオープンカーを使うとか。
その移動に税金。

「皇后に配慮して」
「皇后の負担軽減」

これをずっと続ける気だろう。
このバカ女を諌めねばならないはずの夫はアレ。
それを皇后だからと好き放題させる宮内庁。(政府ではない)
政府ももちろん口出しできない。

どこまでこのバカ女のために税金を使うのだろう。

わたしは、皇室の行事には惜しまなく税金を使っていいと思う。
だけど個人のわがままや贅沢の為に使われるお金は1円たりとも惜しい。
とくにバカ女には。


こんなバカ女。
ピンクのドレス以前に存在がすべてにふさわしくない。
その外せきも。

早くね〜〜わが終わりますように。


*ちょい追記


どこぞの末端宮家の女性が降嫁先で男子を生んだそうな。
それ、速報の価値ある?
胤は平民。
神武天皇のYには全く関係ない。

でも、なぜか大騒ぎ。

そう、愚民を騙すために大騒ぎ。
皇族を増やすには女性宮家、いいんじゃない?ほら、男子が生まれた。

と思わせるプロパガンダ。
愚民はすぐ騙されるからそれが目的。



※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。





プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



検索フォーム