FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
この日のためにとっておいたのね。最後に動画あり
ミューってなんぞや?

と、こちらでも話題に。
ポケモンのミューではないのはわかっていたけど…
ラバのことだと後で判明。

そのミューに乗って登山をされたという。
見たい、とみんなが思ったはず。

やっと公開されたましたね。


気持ちのいい画像をお楽しみください。


*ラバもオシャレがしてあるのですね。
そりゃ日本国の皇子が乗るんですもの。精一杯のおしゃれを。
こちら地元でも馬を盛大に飾り立てる「飾り馬」がお祭りでは活躍。
神事に飾り馬。
そして皇子には飾りラバを。

後ろは紀子さま。
紀子さまは乗馬もされるけどラバは勝手が違うかも。
後ろの方に宮様が。

※ラバ騾馬英語Muleラテン語Mulus)は、雄のロバと雌のウマ交雑種の家畜
体格がよくて育てやすい。

(貸切のどっかの動物の国とかでラクダに乗ってコブをさわってはしゃいでいた人が滑稽)

5f47a69174ec70c0c5ee24dc94a6244ew999_1004542210.jpg


7a155e831bfa34c263083a8d95bfa2a1w999_1004542209.jpg




*動物は宮様の専門分野。
親王は動物好き。

99d2ec90dc28872ad37411a0b23944dfw999_1004542212.jpg



*祈りの旗。幸せを運ぶ旗と。

7068dfa7993bdf1ead544da7f2eb5827w999_1004542211.jpg


*押すなよ
押すなよ

と、会話しているかは知らないけど…
動画をみたら、ポンポンと肩を叩いて「餌をやってみたら」と声をかけておられるのかも、という様子。

1e756fbc438ea2f7ec733ecb331753adw999_1004542218.jpg 



*牧畜や、稲作など民の姿を実際に見て親が教える。これが帝王学。

紀子さまのボトムはサラサラ生地のワイドパンツ。
上にショート丈のオーバーブラウスを持ってきたのは正解。
これはスリムな人に似合う。

(どこぞの尻にパンツが食い込むシワシワだらけのジャケットの人とは違う)
b3d5b8119b801bb625bc39cd939c4b62w999_1004542221.jpg



*動物と親王殿下。

牛はちょっと…用心。
用心は当然。小さいけどツノがありますから。
動画ではソロソロと近づき最後は餌を。



83e9788462017c2433d61d6d9b2c2499w999_1004542217.jpg

dc106a29c5a1caa43381087f3976407fw999_1004542219-1.jpg

皆さんは、正面から牛に突撃されたことありますか?
(「そんなことね〜わ」との声が…)

わたしはあるんです。

阿蘇が実家の夫の友人の家におじゃました時「子牛が生まれたから見る?」と言われ庭に。
庭に子牛を放していたんです。
庭といってもどこが庭かなんかわからないのが阿蘇の山奥。

子牛とはいえ犬よりはるかにでかい。
「あらかわいい…」じゃないんです。

突然、その小国(おぐに)ジャージーの子牛がグッと頭を下げ前足をかかか…と地面を蹴る動作。
目つきも尋常ではないイっちゃってる目の玉。

この時点で「え?闘牛?」状態。
わたしは赤いヒラヒラも剣も棒も鎧も盾も兜もとにかく何も装備していない丸腰状態(当たり前)。

わたしにはいきなりのエンカウント。
でも子牛にはわたしはモンスター。
てか、なんでわたしに…スカート?ヒラヒラ?


その時、わたしは母の子供の頃の話を思い出したわけです。
農面道路を歩いていたら牛が突然走ってきたので逃げ土手から転げ落ちた話。
ああ、母娘二代にわたって牛に襲われるのだ…と。

子牛でもこの大きさが突進してきたらひとたまりもないです。

子牛がスタートを切ったとたん、わたしはダッシュで飼い主の後ろに回りこんで難を逃れたわけです。
子牛はさすがに飼い主には突進しません。
子牛は飼い主の制止に動きをゆるめ目つきも普通に戻りカッポカッポと歩きまわりました。


「夫は?」と見渡すとちゃんと木の後ろにいました。
我先にと、とっとと逃げたんか〜い。
ドラマや漫画とちゃうやんか。
この事をあとから何度でも言うたびに「いや、(えありすは)逃げ切れる人間だと判断したんだ。そうだったろ」だって。
ま、そうだけど。


でもわたしも夫のことなど考えずに自分優先で保身を、と。
自己保存本能の一瞬の判断。

でも、なんかムカつく〜〜〜

みなさん、牛に近づく時は用心を。
「柵もないのに近づくか」とみなさんの声が…

みなさんは、ボルゾイに正面から突撃されたことありますか?
てかシリーズか!これは昔、語ったことがありましたっけね。


そんな危険な牛に近づき最後は餌やりまでできるなんて、と思いました。


*小さい頃から動物好き。
動物と親王殿下の歴史。


「タヌキ!」
動画なので「タヌキ!」という声が入っています。

tanu.jpeg142768854899914790179.jpg

このうさぎを持つ前に「どうやってもちますか」と言ってるんですね。

そう教えてるのだと思います。
もしわたしがこの年代だったらむんずと掴んでいたでしょう。
紀子さまがきちんと支えているのが「紀子さま」なのですよね。

解剖が楽しい人とはちょっと違うようです。


豪快な鯉の餌やり。
鯉がいっぱい集まっています。
たしか…あの一家が同じ場所で餌やりした時は、鯉が集まらなかったと思います。

yjimage.jpeg

昭和天皇と悠仁殿下が似ていると…
この豪快さ。
1263947411652.jpg


沖縄の牛に餌やり。

photo16.jpg

沖縄の馬。

20170106000421.jpg


沖縄の犬と。

これはどこぞのチンドン犬じゃないです。
このワンコの名前は知りませんけど、
ご近所の人の名前をつけるようなアホなことはしてないと思います。

53d17c2d.jpg



個人的に一番好きなのは奈良の鹿へのせいべいやり。

鯉に餌をやる時と同じ豪快さ。
これ大好き。


sika.jpeg


奈良の鹿って時には乱暴者も。
遠足で行った時に同級生のマユミちゃんが蹴られました。

(余談ですけど、高尾山に遠足で行った時にエミちゃんがリュックを猿に取られました。
リュックが開いていたので猿が山へと引きずっていく時に中身がザザザーーーーとこぼれ落ちていく様子がスローモーションで脳内に残っています。)


さすが皇子の前では鹿も従順ですわ。

1426301325.png


神社の人たちが我もわれもと親王にせんべいを手渡したくなるのもわかります。

鹿は神の使い。

o0312045012276338606.jpg


神の使いを手なづける御子。
142699970419509118177.jpg


この奈良行きは神武天皇陵参拝の時だったと思います。
卒園して入学前だったような。

5555.jpeg


「どちらが天皇にふさわしい?」

はあ?

見ての通り。

鯉が寄り、鹿が寄ってくる。

神職たちが囲む。

これが全てでしょうに。


あまたの神々が見守りたくなる皇子。

b6a98141b7bdd4757a1bd9a4ad989a24w999_1004542220.jpg
わたしとしては、今回のブータン行きではこの写真がベストショットだと思います。
手前の畑作業をしている民と後ろの異国の建造物。
そして皇子。



ラバでの登山動画など。
 ↓


※誤字脱字・訂正加筆はのちほど






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム