FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
これは意表をつかれたわ。羽織袴の皇子。追加画像あり今度は弓矢よ!と雑談
ワンチョク国王を表敬訪問。

首都ティンプーの政府機関や僧院などを兼ねた建物「タシチョゾン」で、ワンチュク国王夫妻を表敬し、王宮で昼食を共にされた。

とのこと。


紀子さまは和装。

そして、小さな皇子は…
羽織袴…だ…と?

これはうれしい。意表を突かれたという感じ。

昨日は『ザ・ロイヤル。お手ふり』に「おお!」となり、今日は羽織袴に「うわわ」となり…
うれしい驚きでいっぱい。


で、秋篠宮殿下はなんで〜〜
おそろじゃないの〜〜?

息子をお披露目ということかもしれませんね。
海外デビューですから。

悠仁殿下の羽織袴は正月かに御所にあがる時にちらっと見た時ぐらいでしょうかね。
明日からはゆっくりと色々なところを見学して回るのでしょう。
ファッションはチェックのシャツかな?お揃いの。

20190819at50S_p.jpg

時事通信
----------
この建物は政治と宗教の中心地で国王の執務室もある。ご夫妻と悠仁さまは、伝統的な踊りと音楽を披露しながら進む人々の先導で建物内へ。中庭の中央棟には巨大な曼荼羅(まんだら)が掲げられるなど最大級の歓迎を受け、羽織はかま姿の悠仁さまは緊張した表情で、ご夫妻と国王夫妻が待つ部屋へと向かった。
--------------------

最大級の歓迎を受け…
ですって。
大曼荼羅…どんなのでしょうね。
こういうのかしら?←「大曼荼羅」

またもや、赤絨毯。
12歳にして赤絨毯歩き放題!

156620109347341156862-thumbnail2.jpg

AS20190819002749_comm.jpg

AS20190819002929_comm.jpg


AS20190819002899_comm.jpg

AS20190819002911_comm.jpg

赤絨毯。

こういう機会をたくさん得ても自ら赤絨毯からはみ出して歩くひともいれば、若干12歳で赤絨毯を連日歩く子もいる。

夫と共に真面目に公務をしていると妻も赤絨毯を歩く機会がたくさんある。
一方、ぐうたらな性根のため自らその場を放棄している女性もいる。

AS20190819002894_comm.jpg


どこかの勢力が悔しがってハンカチの端っこをキーーーーーと噛んでることでしょう。
一方どこぞのひとたちはいつも通り一つ覚えの駅前お手ふりをしていたそうな…
ああ、なんてこったい。兄と弟が入れ替わればよかったのに。

佳子様の欧州訪問。
今度は美人さんが華やかに披露してくれるでしょう。
ワクワクします。

追加画像画像

悠仁殿下の羽織袴姿はこの時以来でしょうか。

これで秋篠宮殿下が荷物席に入り込んでいたら.…と思うとぞっとします。
それを平気でやる一家がいるのだから…

皇居に参内されるとき。

kimono.png

追加画像

834a9aa75c7b2799e4e607c123df8d9ew999_1004525559.jpg

a63f5595b19fa6468f9dbd63efc29cc3w999_1004525560.jpg

0032321199.jpg
これ、眞子さまもされたのよね。
男の子にはたまらない体験ですね。
殿下はサウスポーのようですわ。
あ、前もそんなこと言ったおぼえが。


*今回の悠仁殿下の羽織袴を云々いうひとがいるらしいのですって。
よほど、悔しいのか必死で貶めていますね。
とにかく郵便ポストが赤いのまで秋篠宮家のせい。
北朝鮮がミサイル撃ってきたのも秋篠宮家のせい。
紀子さまが悪い。
韓国があほなのも紀子さまのせい。
イカれてますね。


ちょっと調べてみたらいつものひとたちが同じような事を言ってました。
皇室ジャーナリストとかいう人が「非礼なことをした。調子にのりすぎてつまずいた」みたいな事を。
え?

躓いて起き上がってこれない夫婦、おるやん。
そっちはええのん?
と笑ってしまいましたわ。
羽織袴が皇族らしくない、というならね〜わ一家が一番皇族らしくないのですけど…
そこ、突っ込まないでどーするよ。

「日本のブランドではなくシャネルのスカーフをしている雅子さま。
つまずきましたね。時計やネックレスはブルガリ。
美智子皇后はそういうことをしませんでしたよ」
と突っ込めよ。

わたしたち日本人は、とにかく日本の文化伝統を海外で披露してほしいと思う人がほとんど。
今回の羽織袴は「いいね」
うちの夫も、「おお、いい感じ」と。
普通のひとは素直に「あら、素敵」と思うはず。
あっぱれ、と思うはず。


中には心配そうに「袴姿だからアンチから難癖つけられる。だから普通でよかったのに」なんて言う人も。
これ、韓国に対して日本がやってきたこと。
配慮して配慮して…って、結果変わらないんです。
アンチって何をやってもアンチなんですから。
心配そうに言って何気に貶めているのですよね。
バレバレなんです。


工作員やひねくれ者たちは、とにかく悠仁殿下を貶めたいから必死。
その先には、愛子さまを神輿にのせたい勢力がいて工作中。

神輿になりませんって、愛子さまじゃ。
「納豆のタレの空袋を拾って楽しんでいるJK」



ブータンに非礼だったらブータン国、怒ってるはずですわ。
あの大歓迎ぶり。

御所にあがるとき、羽織袴だったですけどあれは天皇皇后に対して無礼でしたのね。
へえ。

*着袴の儀

皇室の子が5歳になったときに初めて袴をつける儀式。
衣装は天皇が贈る。
だって。これも無礼か。

yjimage-2.jpeg

おまけ

羽生結弦選手の羽織袴。

20180702s00079000111000p_view.jpg


れーわは『トタン屋根』でいいけど、次からそうはいかないからね
ありすさんからのお知らせで、

今年秋の大嘗祭(新しい天皇が即位する時の儀式)で仮設される大嘗宮の一部をプレハブで鉄骨造りにする、と宮内庁の方針だとか。

プレハブ?屋根が全部、板?
茅葺じゃない?
伝統ぶち壊しじゃん!

前回(平成)は、これ↓

dai.png


※余談だけど中心の悠紀殿。悠・紀。なるほど意味が通じているわ。

これを見ると中心の建物は茅葺。
他が板葺き。

これを全部、板葺きにしたりプレハブ(?)を木造ではなく鉄骨するとか。

宮内庁というのは、我々のように長年ウォッチングしているとピンと来る「変な勢力」の一味。

伝統破壊を平気でする。

伝統の破壊を最初にもくろんだのはもちろん美智子様。
本人の口から「伝統はひと(皇族やそれに関係するひとたち)を苦しめる」と公言し、あれこれ伝統をやめたそうな。

一番やってはいけない伝統破壊。
日本の古代からの文化伝統を忙しい国民にかわって執り行うのが皇族の務め。
それを「苦しめる」とな?
苦しくても伝統を守ることに意義があるのでしょうに。

平民を皇室に入れてしまった『伝統破壊』の中心人物。
みごとにさまざまな伝統を壊してくれましたとさ。
おすべらかしをカツラにしたり、あげくは長男までヅラに…あ、長男のヅラは関係なかったですね。
もしかして、なんちゃって十二単だったりして…


脱線しました。

瓊瓊杵命が天孫降臨した時に手にしていたのは稲穂。

イネ科の植物の代表ススキ。葦。
稲穂をイメージしていますね。

茅葺屋根といったらわたしたちの世代までぐらいは田舎に行けば見た事があるかもしれません。
有名なのは白川郷。
白川郷では何年に一度か茅葺を葺き直すというのは見た事がありますね。

葦は水に強いので舟にも。

万葉集の中でも茅葺が作中によく詠まれていたようです。

ようするに、日本人の歴史の中で身近で大事な伝統のものということ。
そして、大嘗祭は天皇が新しく即位した時にのみの行事。

宮内庁はこの伝統を壊すようですね。

ま、ね〜わは、トタン屋根でもダンボールでもブルーシートでも何でもいいのですけど、秋篠宮殿下の血筋に皇統が移るので伝統を壊してはなりません。
今回は、後世のためにしっかりと伝統を全うしてほしいものです。

大嘗祭は皇室の私的な行事にし、身の丈にあったもので

という秋篠宮殿下の発言。

当時、変な勢力が
「にいちゃんのだからそんなこと言って」とか相当叩きました。
それは「税金をいっぱい投入しても大嘗祭は盛大にすべきだ」というひとたちではなく、ただ殿下を貶めたいひとたちの意見。

識者でも同じようなことを言ってました。

わたしは当時、
「本来は国全体で盛大にしてほしい。
でも、その時々の政権で皇室が歪められることもあるので、皇室の私的な行事にして不変的に永劫伝えていくことにしたほうがいい。
殿下はその意味あいで言ったのでは」
と、書きました。

ほら、その通り。今回は政府ではなく朝敵、宮内庁が伝統を壊そうとしていますね。

伊勢神宮でも式年遷宮のために柱の木から何年もかけて準備するもの。

それと同じに茅もそうすればいいのです。
小さくてもいいからきちんと伝統にのっとったものをと思います。

メール先はこちら↓

宮内庁にメールしても無視でしょう。
こんな伝統破壊を企てているのは宮内庁。

官邸のほうがいいかもしれませんね。

※誤字脱字、訂正加筆はのちほど





プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



検索フォーム