FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
一連の「日の本の皇子(みこ)」の画像追加、と追加画像複数ありと雑談
昨日から、悠仁殿下の画像をあげてますけど、なぜわたしがこうやって悠仁殿下だけ熱心に取り上げているのか…

眞子さまのこの前の南米での訪問よりも熱心に記事にする理由は…
簡単な理屈。
彼が我が日本国をひとりで背負う皇子だから。


*時系列でいうなら、
紀子さまと悠仁殿下が先に到着し、時間差で秋篠宮両殿下が到着された時のシーン。


7aa278f258d7fe9527a2e81c638ce789w999_1004523494.jpg

悠仁殿下にカメラの焦点が合っている。
そう、主人公は悠仁殿下。
カメラマンたちのテーマは悠仁殿下。

父親がどのように振舞っているのか観察中。
父親に相手国の人たちがどのように接しているかを見て、自分の立場を知る。

ブータン航空でバンコクからブータン入り。

ざっと、旅行記などを見るとブータン入りするにはバンコクからだそう。
でも便数の関係で大変だとか。

よくわからないけど、ブータン航空が飛行機をわずかな時間差で2機とばしたということ?
TESSさん情報--10分だそう。

今回のブータン旅行はブータンの招待もあってのこと。
ブータンの厚意では、という見解が近いと思います。


*パロ空港への着陸は難しいらしいです。
天候が悪いと無理だとか。
秋篠宮家の皆さんの到着は晴れ。






・「バッシング」では「旅行とか税金を使いやがって」「好き勝手している。次女は来月、海外訪問とか言って遊びにいく」ばかり。

海外から招待がある→→政府が検討→→閣議決定

という流れ。勝手に行けるわけないのにね。
秋篠宮家のひとたちを「招待」したいわけ。

そういえば、10数年前、オランダに「静養」とか言ってお出かけしてた一家もいたはず。
なぜか、あっちで実家の妹たちと合流して、王室が計画していたイベントもキャンセルした人がいたらしいけど…
精神がおかしくなった人のために静養、とオランダさんは上手に恩を売ったわね。
来日しては晩餐会で「日本が悪い」「商売させろ」と王様。
(インドネシアをオランダから独立させたのは日本)

あのオランダ静養の時の画像も面白いものばかり。
『ツボ押し女将』的な。


・ブータン航空のツイッター
「ブータン航空は、秋篠皇太子、紀子皇太子妃、悠仁皇子を心から
歓迎いたします」

世界はすでにこうみている。
なのに国内では「皇嗣」だの「上皇后」だのとおかしげな造語をし、さらに「愛子女帝」という典範にもないことを言い出す勢力が跋扈。

正当な皇位継承を覆す国賊たちがいかにも、と愚民を煽動。


ブータン王国のフェイスブックでも秋篠宮家の紹介

しかし、これらの一連の画像はそんな国賊どもをふっとばすような画像ばかり。

ここに我ら日の本の国の皇子あり



女帝論を口にする人たちはその対象となる娘のこういう画像を出したらいい。
5歳年上のその娘がどういう振る舞いをしてきたか、出してみるといい。
中2まで逆さバイバイをしていた子をどうやって天皇にできるのか。


*JICAの人たちと。
秋篠宮殿下と悠仁殿下。お揃いのネクタイ?
カメラはやっぱり悠仁殿下中心、かな?

9bb851d6d2507cb96dd53a71545c3c8cw999_1004523495.jpg

cc85d40b45723e57e6eecfbf59d122ebw999_1004523496.jpg

みんなニコニコ。
そりゃそうでしょう。

遠い異国にいる日本人たち。
祖国の皇子が来訪されてるんだから。

*追加画像

ブータンに行って来た人のツイッター

bu6.png


最近、時代劇が好きなわたし。
今は「菜々の剣」をみている。

テレビ制作会社がどうのこうの、といっても武士の所作が非常に美しい。
食事のシーン、立ち上がるシーン、などなど。

願わくば、美しい所作をこれから覚えていければ、と。


女性の所作ももちろん。
比較でわかりやすかったのは、紀子さまが池の鯉に餌をあげるシーン。
同じ場所で美智子さまのふるまい。
欄干に肘をかけている画像がある。
違いは歴然。

※画像がどこかから拾えたらアップしてみます。


追加画像

*さがしてきました。
あらためてみると…ありゃりゃ、ですよね。
どちらも平民出身の妃殿下。
この違いはなんでしょうねえ。
生まれも育ちもそんなに変わらないと思うのですけど、やはり本人の資質でしょうか。

149006279779118192178_1490056760077.jpg

肘をかけて池を覗き込み、殿下から棒状の鯉の餌(麩?)を受け取って餌やり。
カメラがあるのわかっているけど、忘れてついつい出てしまうこういう所作。
わたしたちだったらどうするだろう。
手をかけて池を覗き込むだろうけど肘はかけないわ。

149006302465878855178_095f3b99.jpg


追加画像。
眞子さま。
同じ場所。
ブラジル日本会館。
生まれながらのプリンセスは違いますね。
なんであんな男に執着してるのでしょうかねええ.…悶々
img_1_m.jpeg


*この博物館エリアは秋篠宮殿下の得意分野でしょうかね。

悠仁殿下、小学生の時の私的旅行。
太鼓の場面、覚えているでしょうか。
秋篠宮殿下が、太鼓を教わっているけどいまいち同じに叩けない。
悠仁殿下が「違うよ」とばかりにバチを受け取りそのリズムを叩いたというエピ。

博物館はほんと面白いのでしょうね。

昨日観たブータンの自然の番組ではガイドさんたちはみんな英語。

博物館での動画←クリックどうぞ

この博物館の人も英語で説明。
ところどころ、紀子さまが悠仁殿下に補足とのこと。
こうやって現場を体験中に、悠仁殿下はほとんどの外国では公用語となっている英語の必要性を知るのでしょうね。

cdc809551ce7e4387cb045514597bfecw999_1004523501.jpg


※誤字脱字、訂正加筆がありましたらのちほど。



これが「ロイヤル・お手ふり」
bu.png

国立博物館へと移動される途中。

これぞ

日の本の国の皇子の

ザ・ロイヤル・お手ふり

動画←をみると、記者がこちらにずらっといるらしく、女性記者が「楽しまれてますか」との声に「はい」と大きな返事。

bu3.png



bu2.png



到着のパロ空港で

bu5.png





bu4.png


これは胸熱な写真。

世界はこう見ているということ。

ブータンは小さい国だけど、王様がいる国。
王様がいる国はこうしてこの皇子さまを迎えるというまるでテキスト。

私的旅行だけど国中で歓迎している。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



検索フォーム