FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
異母兄弟‥エレンとジーク…進撃の巨人、雑談
エレンとジーク。
異母兄弟…



「壁の中で、誰かを愛せよ」
と、二人の父のグリシャはそう言われて「フクロウ」から『進撃の巨人』の力を継承。

この時にまだ生まれてもいないはずの「ミカサ」や「アルミン」の名前もフクロウから出る。
継承される記憶。
だけど、未来の記憶は?

巨人化したグリシャは壁にたどり着き人間に戻る。
そして、壁の中でエレンの母と出会い、エレンが生まれる。


エレンとジークは「すべての道が交差する座標」(?)で二人の父親の記憶を辿る。

ジークはエレンに見せたかった。

「いかにエレンが父親から愛されていたか」を。

そして、自分がいかに「エルディア復権という父親の思想」のために利用されたのか、を。

それにしても、巨人化のシステムって…

そもそも最初にみんな戸惑ったタイトル『進撃の巨人』。

『の』?

巨人の進撃じゃなくて、『進撃の巨人』?

あとからやっとその意味を知る読者。

ライナーの『鎧の巨人』と同じ意味の『の』。

9個ある巨人の名前。

『進撃の巨人』は

いつの時代も自由のために戦った巨人

のこと。

今、兄弟で精神世界で静かな戦いを。


今、連載が10年続いているけど、10年前にさまざまな伏線を張っていてその回収が行われている最中。
すごいわ。

それにしてもリヴァイ兵長の生死が気になりますわ。

リヴァイといえば、

「おい、ガキども、これはどういう状況だ?」
のシーン。
rv.png

巨人エレンが壁の穴を塞いだのはいいけど動けなくなり…
巨人からエレンを取り出すのに必死のミカサとアルミン。
でも、そこに巨人が襲ってくる〜ピンチ〜〜の時に現れるリヴァイ兵長。


リヴァイ兵長といえば、お掃除シーン。
ばーーん!!

rivasou.png

潔癖性かと思われるほどばっちいのが嫌い。
巨人の血がかかると「きたねーな」と。

でも、部下がやられ瀕死のズタボロの時には血の汚れなど構わなかった。

みんなリヴァイのツンデレが好きなんだろう。
女型(アニ)の巨人に部下がやられ、その屍体を見回るリヴァイ。
感情を出さない分、リヴァイの心がわかる。


リヴァイが『獣の巨人』(ジーク)と戦ったあと、
ジークが呼んだ大勢の無垢(喰らうしか能がない)の中に取り残されたリヴァイ。
周りに高い木や壁もない危機的状況。

でも、生きて還るために戦う意思を強く持つ。
リヴァイのマントを翻しながらクルクルーーという戦い方、スキ。
ミカサの激しい戦い方も好きだけど。

替え刃に入れ替え、立体機動に移るシーン。
ここ、心打たれる…

読者はガスの残りも心配しちゃう。
前、ミカサがガス切れでピンチだったし。







物語は終盤なのだろうけど、まだまだ不明なことばかり。

*リヴァイの生死。
*クリスタのこと。
*ミカサの謎。


●進撃の軌跡コンサート
わたしもこの場にいたかったわ。


オケも同じような服着てるのね。
指揮者がメイクしてるのがなかなかウケる…

2本の剣で踊りまくってる人たちはきっと調査兵団かなあ。

エレンのお母さん視点の歌、アニ視点の歌など、盛りだくさん。
後ろのスクリーンに動画を映し出しながらのコンサートはゲーム音楽のコンサートでもよく使われる手法。


うちの近くの緩やかな坂道。
そこを羽根のマークの調査兵団のマントをなびかせた若い子が自転車で降りていったっけ…

USJでは、『進撃の巨人』フェスティバルの期間は調査兵団がゾロゾロだったって。
って、うちの子も友達と調査兵団の緑マントでその中にいたんだけど。


『進撃の巨人』で雑談するとキリないわ。





気の毒だけど
うちのばあちゃんが、80代の時に乳がんになった。
結局、進行しないので放置。
92歳まで生きた。


年齢がいくと、細胞も活性化しないからなのかガン細胞も成長しないとかいうけど、本当のところはわからない。


手術するらしい。
どういう術式かわからないけど、しんどいとは思う。
わたしがこの前、受けた腹腔鏡の盲腸の手術。
お腹、たった3箇所を2センチずつぐらい切ってもしんどかったもの。

ともあれ、最上級の医療をお金の心配なく受けられるのだから。

でも、驚いたのは、恒例のピアノを弾くんですって。

貪欲…

人間って、どこかの時点で諦めというのがいると、わたしは思う。
いろんなものを諦め「在るもの」を受け入れる。

その諦める理由に年齢もある。

うちの父が映画が好きだった。
歳をとり病気になり映画館にも行けなくなった。
「どうしてもいく」と言って駄々をこねたこともあった。
「諦めなよ」
と、諭した。

そのかわり、家でDVDを見るようにもしたけどそれも出来なくなった。
「戦艦大和の映画見る?」と言っても「よか、もう」と諦めていた。
今までさんざん見てきたのだから、人生もう叶わなくてもしょうがない、と。


うちの母はまだ貪欲で、日々、自分の思い通りにしようと思っている。
それも他者を動かして…
きっと長生きする。



母は、貪欲に何時間もわたしの買い物についてきて物を見て回り色々買う。
あの体力には驚く。
夏には「暑いから死ぬ」。
冬には「寒いから死ぬ」。
何年も死ぬ死ぬ詐欺をしている。

しかし「買い物いくけどついてくる?」と聞くと「いく」と。
貪欲。
欲望がある限り、人間は生きるのかも。



あの高貴な人をみていると、うちの母に似ていると思った。

「諦めない」
スポーツに使うそれとは違う。

「思い通りにしよう」という「諦めない気持ち」。
貪欲。
欲をむさぼる。
漢字は違うが同じ発音の名前の母とあの高貴な地位の人。
でも、血筋は母のほうがいい。けっこうそこそこの士族の血筋。
あの高貴な地位の人は…知らん…


あの高貴な人も長く生き、そして豪勢なこともたくさんしてきた。

人生、ラストの日々。普通の人は人生の終りに向けデクレシェンドをする。

しかし『終活』『断捨離』などしない。
しないどころか、蔵を税金で建て何かを入れモノを手元に置くらしい。
その欲と執念、執着。


「病気になったから今年をきっかけにピアノは諦めよう…家で少しぽろぽろと弾けばいいわ」
と、普通はあの歳なら思うだろう。

そう、思わない貪欲さ。

病気があるのに「静養」と称してピアノを弾きたいという貪欲さ。
「自分で何もしなくていい」下地があるからこその貪欲さ。

人の目がある場所で弾きたい。
注目を浴びたい。
職員が聞いてるだけの家で弾いてもつまらない。
カメラが入らないと高揚しない。
それをDVDに残さないと我慢できない…


しかし「来月」のことを外に出さずともいいだろうに。
もう一人のびょーきの人など、正式病名も医師が誰かも国民は知らされてないのに。

早めに発表してみんなを心配させよう。
注目を浴びたいびょーき…なの?
どちらもびょーき、か…


首に巻いたコルセット(むちうち?)。
手首にまいた包帯。(怪我?)
眼帯。(ものもらい?)
憂えて俯いているアタシ。
いくつものすごい画像が残っている。

『満身創痍』が座右の銘。
だから、今回のもそれとは思わないけど…

手術して退院する時にまた夫にヨヨヨ…とするのだろうか。
毎日、お見舞いに来させるのだろうか。

もう一人のびょーきの人は「順番が違います」とか言ってだらだら見舞いにもいかないのか…

それとも真っ先に見舞いにいくのかも。
「カメラは苦手だから撮るな」だけど「一番カメラに取られやすいシート」に座わって見舞いなのに窓を全開にしてニッカニッカして手を振るかもね。左手で。



ひとさまの病気についてこんな事言ってる自分も悪どいけど、今までずっと見せつけられたショーを思い出すとつい意地悪に。

昔から、何かあると倒れてみせたり、声が出なくなったり、と…

早めに発表したのは「みんなの注目を浴びる」時間を増やしたいのかな、とか…
引っ越し…どうなるんでしょうねえ…
何年も時間があったのに…



あーーだらだら書いてしまったわ…

誤字脱字、訂正加筆はまた。
寝る前にだらだらだらだら…




プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



検索フォーム