FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
普通だったらどんなによかったか…
多くは望まない。

こんなこと望まない。
背が高く、ハンサムで、スマートで、賢くて、まじめで国民のことをしっかりと思う…
こんな高望みしない。

普通でいい。

容姿は普通でいい。
必要なのはまじめで、普通のふるまいができて、日本国民のために祈ってくれる。
それだけでいい。

現実は…

容姿はなんでよりによってあんな…5段階でいうなら1か2の下。
見合いをしたら1000%振られる。
生理的に無理だから


今回も失敗カツラ。
誰があんなひどいのを用意するのか。

いや、容姿はもういい。

せめて「立場」を理解してほしい。


地位。

あの人たちの世界では血筋による地位が優先される。
地位がすべて。

だからこそ、その地位の順番で贅沢の差ができる。

しかし、贅沢の差があるからこそ、その分、国民への責任がある。


その地位としてのふるまい、覚悟。



だが…

相変わらず…最悪。

それをする本人、それをさせる家族。

家庭内カーストで犬以下と自分でも思っているのだろう。

妻の母親は「娘は演技できないのです」と「娘はバカ」と公言。
なるほど。

スケバンでも「顔じゃなくてボディにしな」と表と裏があることを知っている。
裏ではどんなに夫を粗雑に扱っても、表では「どうぞ前へ」と自分は後部座席に座るだろう。子と共に。

しかし、それができない愚かな妻。

娘は…
可哀想に自分を客観的に見ることができない。
せめて、似合う服を着せてあげてほしい。
似合うのがあるか知らないけど。

行きのピンクの服。きっと高級なはず。
昭和のレトロなコットンレース生地。
わたしも大好き。
あの服自体はいい。
いけないのは全く似合わない人間が着たこと。

あのデザインのはパフスリーブから出る細い腕があってこそ。

そして腰回りの「ペプラム」(というヒラヒラ)。
あれは「キュ」としまったウェストがあってこそ映える。

若い女性のふんわりとしたバストから流れるライン。
ラインの下に「キュ」と細いウェストが…
細い…ウェストが…
バストもウェストもない…
なのになぜあの服を選ぶのか…

帰りの服には絶句。

あれは、周りが悪い。
あんなのを着せる周りが。
自分で鏡見て吟味できない子は哀れ…


巣鴨の商店街の「ファッション・田中」(仮名)で、買ったとか?
しまむらの「ミセス」の「大きいサイズコーナー」とか?
s.png
(画像はイメージです)


あの服。
わたしなら着ますよ。
風呂上がりに。
つっかけでゴミ出しにも丁度いいかも。

哀れな子は、おばさんがゴミ出しに行く湯上りあっぱっぱーを着せられても理解できない。
耳には場違い、ファッション違いのイアリング。
こういう時は耳にフィットする小ぶりの花のイアリングがふさわしい。

夏のサンダルには素足でしょ。まさかのストッキング。
素足〜?というならぺったんこの可愛いスリッポン。
周りも酷いけど、自覚がない本人が憐れ。


この3人の一人でも普通ならここまで滑稽にならなかったかも。

普通であれば国民にはどんなによかったか。


この大きな負債を抱えて国民はしばらく過ごしていく。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



検索フォーム