FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
コントだと思ってた
わたしはお茶は習ったことはない。

でも、そういうお茶を出されたらとりあえず茶碗を回して飲む、ぐらいは日本人は知っている。
前、どっかのお寺でお抹茶をいただく場面で無作法ではない程度で体験した。

「茶」の文化。
そして茶葉を抹茶に挽く道具の文化。
「お茶」は単なる「茶」だけではなくその道具の文化など周辺の文化伝統がある。
その時間や空間が茶道。


茶道は韓国起源らしい。



魔法瓶の水筒!!

ぽん!

この魔法瓶の水筒、確かうちも持ってた。

ジョロジョロ…

これ中国式茶なのかなんなのかわからない。

てか

「自分で飲むんか〜〜〜い!」

と、ひっくりかえった。


さて日本の魔法瓶はいい。宇宙まで行った。

韓国では「愛国企業」と絶賛していたスタバ。
その魔法瓶…

これのことかな?

imgrc0068880570.jpg

作ってるのは…

samo.png

だそうで…


また、コント。

なんで、こんなコントばかり。
不買に勤しむと自分の首を絞めるばかり。

と、書いてると号外が。

-----------------
【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を更新しないことを決めたと発表した。協定の更新期限は今月24日で、どちらかが破棄を通告しない限り1年間自動延長されることになっていた。

--------------

はいはい、どうぞどうぞ。
これを『リストカットするブス』というらしい。
軍事衛星を持っていない韓国はどーすんの?

あ、北と仲良しだからいいのか。

2016年締結なので、ま、どうでもいいのかも。
日本からの情報が行かなくなるのに。
韓国からの情報はゴミみたいなのだって。

23日から安倍さんはフランスサミット。
トランプさんと会うだろうから色々お話するんだろうなあ…

韓国はん、
おきばりやす。

セルフ経済制裁もどうぞ。
どんどん日本製品をみつけて不買してくださいって。

もう、こっち見んな。




また意表をつかれる『干し肉が美味しい』とな…

『ミューに乗ってジェラの山に登ったことが面白かった…』


ミュー?

ミューって
ポケモンではない。

ジェラの山って?

山に登った?

そんなニュースありました?

と、思ってあれこれあれこれ…

すると、こんなニュースが。
---------------------------------------ティンプー時事←クリック

【ティンプー時事】ブータンを私的旅行中の秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)が滞在2日目の18日、動物のラバに乗り、標高3500メートル地点にある放牧キャンプを訪問された。同行している池谷和信・国立民族学博物館教授が20日、明らかにした。


 池谷教授によると、ご夫妻と悠仁さまは18日、同国西部のパロから標高2800~2900メートル地点にあるダムチナ村を訪問後、王室から提供されたラバに乗り、約2時間かけてキャンプに到着。約30分間滞在し、帰りは徒歩で戻った。ラバに乗るのは悠仁さまの希望だったという。
 ご夫妻と悠仁さまは20日、4代目に当たるワンチュク前国王と面会。悠仁さまは王室から贈られた伝統衣装の「ゴ」を着て臨んだという。24日まで同国に滞在し、25日帰国する。

-------------------------


このことだろうか。
日付は18日。
パロだから到着した時か。

国立博物館のあと、山登り?

ラバに乗ってと。

*雄のロバと雌のウマ交雑種の家畜

yjimage-1.jpeg


これか。これに乗って2時間。帰りは徒歩。

悠仁殿下の希望。


20日、昨日?

前国王とも面会。ニュースがまだ届いていませんね。


*ハイキング途中での記者たちの質問に答える悠仁殿下




お揃いのオックスフォードのシャツは爽やかですね。

ピンクと白、どっちかの色違いもいいかも。



最初の女性記者の質問。

あほですね。

質問をする側は具体的な質問を心がけないとだめなんです。

悠仁殿下も答えようがないです。

それでも、一瞬考えきちんと答えを。


その点、あとからの男性記者はまだまし。

------------------------------------------------

女性記者「ブータンはいかがですか?」


悠仁殿下「楽しいです」


記者「何が一番、楽しかったですか」


悠仁殿下「ミューに乗ってジェラの山に登ったところ」


女性記者「食べ物はいかがですか?」


悠仁殿下「ホテルでも出てきた干し肉がおいしいです」


男性記者「日本とはやはり少し違いますか?」


悠仁殿下「すごく似ている感じがします。木とか草とか」


 秋篠宮殿下「どこら辺が違う?」


 悠仁殿下「まだ分からない…」

------------------------------------------


「ミューに乗ってジェラ山に」は上記の記事のことかな。


この長いインタビュー。

女性記者の幼稚な質問には辟易する。

日本を旅行する外国人に「日本はいかがですか」とバカな質問をするのと同じ。


ラバに乗って山登りしたのはやはり楽しかったのだろう。

悠仁殿下の希望だから。

「王室から提供されたラバ」ですって。


面白いのは食べ物。


「ホテルで出てきた干し肉」が美味しいとな!


両殿下が「そこか〜〜いい」って感じで顔を見合わせていたけど…

わたしも、「干し肉か〜〜〜い」って。


ブータンの食事はトウガラシをよく使うらしい。

以前、紀行もので見た。

米は日本人が栽培成功させた「ニシオカライス」が主だそう。



干し肉は豚肉、牛肉いろいろあるらしくそれを野菜と一緒に煮込むなどの料理があるので、この肉が美味しかったのでは?


ビーフジャーキーをかじっているシーンを思い浮かべてしまったけど。


つづいて男性記者の質問に、周りを一度見渡して答えている。


秋篠宮殿下の「どこが違う?」という難問に「まだわからない」といういい答え方。

「えーーと」とマゴマゴするのではなく、速攻で「まだ」と。

「まだ」は「これから」ということ。

これから研究の余地がある、と。


夏休みの研究にはブータンのことに決定!


こんなに長く悠仁殿下の肉声が聞けるとは。今までマスゴミが隠そうとしてきたのか、それとも「表に出るな」という「誰か」の命令なのか。


中1男子。

自分が中1の時に、たくさんの記者に囲まれていたらどうなるだろうかと思ったら、なかなかの出来。



例えば、早くから活躍しているスポーツ選手は慣れているし、先輩選手の答え方を見ているので上手。

テンプレがあるのでその通りに。「おかげさまで、支えてくださる方々とファンの皆さんのおかげで」とか。


羽生選手など中一の時には「中はおっさんやろ」と思ってましたわ。


優秀であるというあの高貴な高校三年生。

高2では納豆のタレ袋ではしゃぎ、高3ではトンボが来たら記者団に尻を向けて「なにをしているか」(今、記者団に答えている)がわからなくなる…

トンボの名前を「…ヤンマ?」「…やんま…?」と母娘で。


これで「博学」と報道されてしまうからかわいそう。

中には「なぜ、愛子さまと比べる必要性があるのか」と俯瞰で思考できない人がいるみたい。



『偏差値72、英語はネイティブ並み、スポーツ万能。

こんなに素晴らしいから天皇だにふさわしい。

愛子さまの方が優秀なのだから天皇になるべきだ。』



「天皇の資格は優秀であること」

という主張を打ち消しているだけ。


まだ日本国民は『優秀なところ』もを見た事ない。

父親のナルヒト殿下が言う「流暢な英語」も聞いたことない。

今のところこの簡単な日本語

「満喫したいと思います」という定型文しか聞いたことない、という事実。


定型文で優秀とは言えないでしょう。

今回のランダムな記者の質問に答えた中1男子。

優秀かはわからないけど、きちんと普通に育っているという事実。



中学入学の時に入学生の代表挨拶をしたとか。

変な勢力は「皇族だからさせてもらえた」「ゴリ押ししたんだ」と、必死。


いやいや、今日の受け答えみてるならわかるわ。きちんとできるでしょ。



さて、


4代目に当たるワンチュク前国王と面会。悠仁さまは王室から贈られた伝統衣装の「ゴ」を着て臨んだという。


このニュース、入ってきませんね。

これは非公開でしょうか。


現国王と全国王と懇談、面会。

特別なのですね。


これらのニュースをみて聞いて、「ハンカチの端っこキーーーーー」と噛む人たちが必死で貶め工作をしています。



▼先日、官邸にメールしました。


・悠仁殿下の羽織袴を問題視し、誹謗中傷をしている勢力がある。

宮内庁は「過去にも皇族が羽織袴をお召しになったことがあり、悠仁殿下の羽織袴は問題なし」と説明すべきだと思う。


という内容のものです。

過去に羽織袴をお召しになった写真を説明(画像添付できないので)して送りました。


官邸へはよくメールしますけど、そのままです。

今回は「読みました」という言い方の返事がきました。


きちんとあちらが認識してくれるだけでいいかと思います。


※誤字脱字・訂正加筆はのちほど。




「する」そしてそれを見せる「ボール運び」
赤いのがパロ空港。

その右上が『ザ・ロイヤル・お手振り』があった国立博物館。

国王がいるのが右の方の首都。
ティンプー。
ここで国王を表敬訪問し、弓矢ごっこ。
移動距離はざっと測って30キロ程度?
車で一時間かかるかどうか。
気候はどうなんでしょうね。

そして、今度はボールごっこ。

syto.png


エピが多いとたいへ〜〜ん。

公立の学校を訪れ、ボール運びゲームに参加。

-----------

 日本時間の20日正午すぎ、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、首都ティンプー市内の5歳から16歳までが学ぶ地元の公立学校を訪れました。

 秋篠宮さまとおそろいのスーツに身を包んだ悠仁さまは、生徒によるボール渡しのゲームの実演を見た後、ゲームに参加されました。悠仁さまは、生徒の列に並び真剣な表情でボールを頭の上から後ろの人に渡し、最後尾になったときには先頭に向かって走られていました。

 秋篠宮ご夫妻がにこやかに見守られる中、ゲームは2回行われましたが、悠仁さまのチームは2回とも最下位で、悠仁さまは、残念そうな表情を浮かべられていました。

---------TBSのニュースから

TBSニュース動画←クリックどうぞ。画像もあります。

ANNニュース↓


おそろいの白のスーツ!!

あら素敵。

・ひとりごと『白のスーツに身を包んだ端正な顔立ちの青年が…』

これとある小説のワンシーン。

白のラフなスーツがこの時から大好きに。

紀子さまはスカートはブータンのですね。足を出さない国なのでしょう。

boru1.png

動画からキャプ


こうやって訪問先の民の中に入り、一緒にやってみせる。
これ大事なんですよね。
同じ12歳のクラスに参加。
有名サッカー選手たちもやってますよね。
地元の子供とサッカー、とか。

皇族も実際にすることによって親善を表現し、世界の空気感を吸収するわけです。

そりゃ、悠仁殿下も12歳。
こんなかったるいことやってられるか、と思うでしょうけど。
そこを『ニコニコしながら真剣にやってみせねばならない世界がある』ということも知るわけです。

boru2.png


*素敵な笑顔。
親の表情ですね。
これ、動画でみると勝負が決まりそうな時、紀子さまが「!!」と力を入れるシーンがあるのですけど、可愛いです。


dea,png

denn.png

どちらも動画からキャプ。


ブータンの国獣「ターキン」の群れをご覧になる秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま=20日午後、ブータン・ティンプーのターキン保護区。

20190820at91S_p.jpg

ターキン
takinn.jpeg

なんだ鹿か?ヤギか?牛か?
ウシ科でヤギ族とかだって。

745eefb0456de253b3cd6f4bacc3f66ew999_1004526358.jpg

てっきりわたしは、『ゼノブレイド2』のモンスターかと…
てなわけないか。


mqdefault-40.jpg


織物博物館。
ここからこんな鮮やかなブータンの衣装が生まれるのね。
紀子さまの赤系のスカートは以前(ブータン訪問時)のものでしょうかね。
それとも、こちらで?

独り言・ブータンのこの女性のファッション。
どこかでみたことがあると思ったら
眠らない街・ザナルカンド」(FF10から)の女性がこういうファションしてたわ。
これは巻きスカートだけど、わたしのこういうロングのスカートをはいてラフなブラウスを着て「ザナルカンドファッションごっこ」をしてたっけ。
こういうのもゲームの中のファッションのヒントになってたのね。


0938859368a327c3633e0803937f24bdw999_1004526042.jpg

前の国王の妃と王女がアテンド。
ブータンも気合入ってますね。

662a26f6b483233f6a7b8b93ea5d3099w999_1004526047.jpg


木彫りを見学?
秋篠宮殿下が解説。
殿下は博学ですからね。

34a2cea738b71bf05ca7e81c02af2e0cw350_1004526048.jpg

それにしても盛りだくさん。
悠仁殿下が学んだこと、知ったこと。

*公務はハードスケジュールだということ。両親のしてきたことをリアル追体験。
*小さい頃、いつも不在の両親で泣いた夜もあったけど、こうやって両親は真面目に務めてきたこと。
*いずれ自分もこうやって世界に出て行くこと。
*姉たちもすでに単独公務をきちんとしていること。
*世界をみて祖国を想うことの大事さ。

まさに帝王学。

納豆のタレ袋を拾って喜んだり、トンボがきたらシチュエーションを忘れてしまうようでは困る。


ここまでが、
私的旅行の公務部分でしょうかね。

調べもしないで、税金を使って海外旅行か、いい身分だ。

とか、なにか必死の人がいっぱいいますけど…
アホなん?
日本の税金を使っているのか、ブータンが負担してくれているのかは知りませんけどね。

今回はブータンからのご招待。

今度の佳子様も欧州のご招待。
前の眞子さまも南米のご招待。

その前の欧州も両殿下もご招待。

ようは、来て欲しいのだってば!世界は。

地位があがったのに相変わらず車の下座に入り込む人がいて、また夫より上座に座るひとがいて…の間抜けな一家とは違うのでしょう。

この間抜け2人を呼んだら中抜けや中抜け中の待機場所、またその警護、ぼっちになった人のお世話誘導、など難問が数知れず。
ちょっと招待するのに躊躇しますね。

こんな人たちを親善と言っても招くことできないでしょう。

そりゃ、「天皇・皇后を招待」という箔が欲しい時はいろいろ考えることでしょうが。

天皇皇后になったから簡単に外国にはいかないのだーーー

とか言い訳したりして。
え?平成のあの二人はどこそこ行ってました。
女性王族の肘をつかんだりはしますけど、中抜けとかはしないですからねえ…

あ、また雑談に。
基本、雑談が多いブログです。

※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。


*ブータンのことばかり書いてて忘れてたわけではないけど、今日はビビの三回忌
でもあるし、亡父の誕生日でもある。
まる2年。
お墓の前には背の低いコスモスを植えてお水はいつも新しいものに。
夫担当。

ビビが死ぬ1日前にきたノラコが置いてった子供たちはそれぞれの道に行ったり、まだ庭をうろつく子も。
ほんとこれだから面白い。



ブータンでの動画などや雑談。訂正も
必死で秋篠宮一家を貶めようと画策している工作員か、デュープスか、情弱か知らないけど…

「羽織袴ガーーーーーーー」と、
いつもの「ガーーーーー」族が苦し紛れに叫んでいるけど、過去に昭和天皇、現上皇や、現天皇が羽織袴を着ていることにはシーーーーーーーーン。

このダブスタ。


*ブータン国営放送提供
(だから信用できる)





秋篠宮殿下の「お久しぶりです」が聞こえました。
その後は英語ですね。

紀子様の英語も聞こえます。

国王が悠仁殿下を「ベリーハンサム。ベリベリーハンサム」と言ってるように聞こえます。
「グッドルッキング」も聞こえてるような…
その後、秋篠宮殿下が「はは」と笑ってます。
悠仁殿下も「ないすみーつゆー」とか定番どおりに答えたのでしょうね。
悠仁殿下には「英語はネイティブ」なんて報道ないのでどうなのでしょう。

紀子様と王妃が二人で歩いている時も、紀子様の英語が聞こえます。
何を言ってるのかはわかりません。
最後の「s」だけ聞き取れます。
ひとつは「プレイス(場所)?」とか?
わかる人、お願いします。
この「s」の音(おん)が、日本語英語ではないのだけはわかります。

報道陣は是非「通訳なしで」と書き散らかしてくださ〜〜い。

通訳なし

すんばらしい通訳なし。


*朝日もブータンからの提供しか流せません。
捏造、偏向ができなくて残念でした。





そうそう、弓矢のシーン。

やっぱりお父様もしたくなるでしょう。


daf3a8a28f6c1b436aded78299fcb553w999_1004525567.jpg


*追加画像。動画からキャプ。

yumi3.png
*悠仁殿下大喜び。

b98e6f2a32173742d86d8bd544eece00w999_1004525566.jpg



*「あの曼荼羅おおきいぞ」
「あっちがでかくない?」

「すごいね。うちは神道のトップだけどさ、日本では仏教も主だから。
古代では仏法僧を大事に、って」

「仏教伝来、ご参拝、538年だよね」

「そうそう」

と、話しておられるかは知らんけど…

訂正
全然、違いました。
弓の見学でした。
なので、「あとでやってみるけどさ…あーだこーだ」と殿下が言われて、
「矢って指の上に乗せるん?」
「そや、あんた左利きやから、右手の人差指にのせるんや」

とか?

b5efd9cb55eee990cc5ed7fd7f02c4faw999_1004525572.jpg

yumi.png


平成9年、秋篠宮両殿下がブータンに行かれた時の。

DBadaZYUwAAlI5z.jpg

可愛いブータンのお召し物を。
殿下も。

この会話はおそらく夫婦で記者会見受けている時の声?かしら。


*今回はスカートだけブータンのお召し物?
お着替えをする時間があったのね。
これから弓矢ごっこ。
bubu.png



*眞子さまのブータン公式訪問時。

bubuu.jpeg


*最強装備・『振袖』

こんなド派手なブータンの衣装に負けない振袖。

ea061e244e.jpg


*ブータン国王夫妻が公式来日された時の晩餐会。
あれ?
天皇皇后(当時)は?
皇太子妃(当時)は?
皇太子妃は玄関にも出てこない安定のさぼりなので平壌  平常運転だけど、両陛下、なんでしたっけ?
あ、陛下は入院中でした。



k26.jpg


美智子さまは迎賓館まで挨拶にはいかれたのね。

20111119094241.jpg


*ブータン国王の姉妹が来日して東宮御所においでに。
もちろん、平壌  平常運転の妃殿下はブッチで〜〜す。
この時は殿下が立ち位置がまたわからないので、姉妹に「こっちやで、あんた」と指示されてましたわ。

yjimage-3.jpeg


*い、いかん…

画像余談になってしまったわ…

太郎さん、行っとったんか〜〜い。

DgXXSZMUEAAPK5u.jpg



ブータンが親日である理由はたくさんあるでしょう。

・同じ仏教を主とするアジアの国。
・日本が圧倒的に大国であること。
・ブータンには中国は脅威。
・ブータンの軍事はインドにお任せ。
・インドと仲がいい日本。

など政治や経済、日本の海外協力などブータンにとってメリットばかり。
観光も引き込めますからね。
今回の悠仁殿下の来訪はとてもインパクトが大きかったですから。

そして、やはり一番はお二人の人柄でしょう。

来日された時のことを細かく調べるとありがたくて泣けてきました。

今の皇后があれだけ非礼なことをしてて恥ずかしいですわ。

羽織袴は非礼だ、無礼だ、

と言う前に皇后がどれだけ非礼、無礼をしてきたか知るかいい。
と思いますね。


時差が3時間と言うので、これからゆったりと食事をされ、明日からはほんとプライベートな散策をされることでしょう。


とりあえず、ここまで。


※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。



『大曼荼羅』
これを掲げることが最高級の

お・も・て・な・し

だそう。

ですね…

68431362_10157331315043260_1989657034529701888_n-1.jpg
↑クリックどうぞ

それにしても大きい。

最近は、記者や新聞社などによって捏造も偏向があるので、されないために本人が直接ツイッターなどで正確な情報を発信するようになってきた。

河野太郎大臣、世耕大臣。
トランプ大統領。
立花孝志はYouTubeで。

いい時代。
今回も主要な素敵な画像はブータン王室から出ている。


『曼荼羅』はこういうの。↓
紀行もので見たことあると思う。
絵柄にはひとつひとつ意味があるみたい。
104px-Mandala1_detail.jpg
-------------------------
曼荼羅(まんだら、梵語मण्डल maṇḍalaチベット語མཎྜལ(めんでる, maNDal), དཀྱིར་འཁོར་(きんこる, dkyir 'khor))とは、密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像

-----------------------------ウィキより

なるほど…

わからん…

ドキュメンタリーではこの曼荼羅を砂で描く人たちを取材していたことが。
気が遠くなるほどの時間をかけ、握った手からサラサラと文様を描いていく。

そして最後はこれを一気に崩す。

ひとりごと(『進撃の巨人』の座標のユミルかと思ったわ)


わたしには仏教の深い世界はわからない…

意味はわからないけど模様は馴染みのもの。
曼荼羅模様は身近にいっぱい。
お絵かきソフトにもあるのよね。

わかるのはこのブータンの『大曼荼羅』は特別な時にしか出さないのだと。
それで十分。



*未来のブータン国王と。

69029570_10157331314833260_7090527093393457152_n.jpg



*未来の日本国の天皇と未来のブータン国王。
何を語らうのか…
ごく、簡単な英語で「なにがすき?」「こめ」
「今度うち(日本)来る?」「行く」
とか。

68882533_10157331314463260_8863274831932555264_n.jpg



69030889_10157331314428260_6657912612673552384_n.jpg


こんな画像、ブータン側からしか出ないでしょう。(共同で取材がはいっていたらごめん)


*曼荼羅の前で
うちのお寺さんの内装もこんな感じ。

68542636_10157331314998260_5895094659620798464_n.jpg


*国をあげての大歓迎

いいアングルです。日の丸がちょうどはためく瞬間。
日本の記者ではそうはいかないかも。

奥に見えるのがあの『大曼荼羅』でしょうかね。
かなり大きいということでしょう。

こんな貴重なものを出して掲げ、また畳んで仕舞う。
主婦にはぞっとする作業だわ。

特別な日、特別な相手の時に特別な漆のお椀を出すようなもの。
塗りで螺鈿がはいっている重箱を出すようなもの。
それだけ大事な客人ということ。

68466943_10157331342728260_4365026085272813568_n.jpg



*センターは悠仁殿下。
でしょうよ。

未来を託す御子。
え?羽織袴無礼って?
ブータン国王夫妻、終始、ニコニコされてるわ。
だって日本でもお召しになったものだもの。

68751369_10157331314818260_570607484973088768_n.jpg


*立つ場所に絨毯を。
いかに大切に思っているかブータン王国の思い。
しかと、国民は心に刻みましたぞ。

69033215_10157331314448260_2785670871417618432_n.jpg


*ブータンの女性の衣装の格はわかりませんけど、どちらも民族衣装で素晴らしいです。

69234025_10157331314798260_348675233319747584_n-1.jpg



と、ちょっとここまで。

なお、画像への感想はわたし個人のものです。

つづきは、また。



羽織袴が「大問題だーーー」とな?追記あり
ちょっとだけ…記事に。
プチ検証。

わたしたち日本人が「羽織袴の皇子」に素直に「ええやん!!」と言っていた時、エセ日本人は誹謗中傷の嵐だったとか。


で、それを知りざっと前記事で昨夜遅くまでちょっと憤って書いてしまったけど…
翌日、落ち着いて…と。


あちゃらの勢力は必死で

「相手に無礼だーーー」
「非礼ニダーーーーー」
「竹田恒泰も言っている。皇族は羽織袴はあかんーー(そぐわない)」
「つまづいたーーーー」(皇室ジャーナリスト)


と、やんややんやの罵詈雑言。
よほど悔しいのだろう。

なにせ、

ザ・セーヨートリオ

は、昨年は納豆のタレのゴミで大盛り上がり…
今年は「トンボとりしますか」で大盛り上がり。

犬を座らせるのに「だ、だいじょうぶ」と謎の言葉を発する下天さん。

記者がいっぱいいるのに、トンボ一匹で母娘で背中を向けてそっちに夢中。
ちょっとアホかと思うシーン。

でもこれは仕方ない事象。
気がトンボに行ったら「今は何をしているのか(記者に答える)」が全部すっ飛ぶ。
園児なら仕方ないが高校三年生だからね。

だから
ボーダーと言われる所以。


こんな一家を「あげること」はかなり難しいから、弟一家をどうにかして落としたいと必死。

いろいろなところをサーフィンしてきたけど、
お約束の言葉ばかり。

でも、秋篠宮家を下げるためだけのにわか皇室ウォッチャーは知らないだろうけど、
わたしのようなプチ皇室ウォッチャーでも、だいたいの過去の画像などは頭に入っている。


普通の情弱皇室ウォッチャーは「羽織袴初めてみました。過去ないですよね。アンチがうるさく言うかも知れないので心配です。着なければよかったのに」と。
まるでそれは「中国韓国がうるさいから靖國に行くのやめとけばいいのに」と同じロジック。おかしいでしょ。


皇族の羽織袴は無礼、非礼。
だめ、そぐわない

ほう、さすればこれらはどう説明するよ?

↓*タイの今の国王が来日した時。
美智子さん以外、和服。

しかも無礼、非礼なはずの羽織袴を現上下天が着ている。
弟宮は小さいけど和服。
妹も小さいけれど和服。
美智子さんは…なんだろう?このショッキングピンクの光物のワンピ?
独特の足。髪の毛は当時の盛り髪・耳の横クルリンは流行なのでスルーするけど。


上下天皇が羽織袴じゃ〜〜ん!!!

img20070725093436.jpg
え?これはお家だからいいって?
タイ皇太子が訪問した時、東宮御所に出迎えたはずでしょ。
東宮御所の玄関はばっちし公の場。

公式訪問?私的訪問?どっちか知らないけど、だから?

ポイントは「皇族は羽織袴はあかん」はずなのに
羽織袴着てるやんという事実。
ファクト。

*昭和天皇

eac0dc7f.jpg

↓*下天と弟宮。
お正月?かのよう。
浩宮が7歳ぐらい?
1歳半ぐらいの弟宮が左手に正月風人形を持っている。
寅年?
じゃないね、寅年は昭和37年のあとは昭和49年。どっちもあてはまらない。
ともあれ、現天皇が羽織袴で過ごしているという事実。
シチュエーションは不明だけど、竹田恒泰が言っている「そぐわない」というなら、これもあかんやつ。

羽織袴はあかんのに現天皇が着ている、という事実。ファクト

そもそも、竹田の発言は今回のことではなく10年ぐらい前の発言らしい。
(徳仁殿下まんせーの)竹田もこの画像をみて説明しなさいな。
(竹田の発言、ちょっとソースがどんな時なのか不明。知っていたら教えてください。竹田さんは基本政治的な発言は間違っていないけど、そこ皇族、とくに徳仁殿下アゲアゲは気持ち悪いほど。『徳仁殿下の祈りは本物です』発言にドン引き。
上天夫婦が伊勢に行かれたとき、スキーに行ってたんだからねえ)

140077097.jpg


↓*これも場面はわからないけどなにかイベントがあったのかなにか。
なにもないのに羽織袴は着ないだろうし。
平成4年。3月。
今から15年前。 26年ほど前。
当時皇太子、44歳ぐらい。32歳ぐらい。結婚前。

なんちゅう、幼さ。
ああ、だからこれに千歳飴をもたせたコラがあったのか…

eaf97f0d82e7e13aa232ff6f755c0782.jpg

*↓この外国人のお客様。
誰か知らないけど皇太子一家(上皇が皇太子時代)に会うということはそれなりの。
あら?

現上皇陛下は羽織袴ですね。
無礼者ですね。羽織袴なんて武士でもあるまいに!
ってことですね。

wahu.png


ということで、ざっと探しただけでこれだけ男性皇族の羽織袴の画像がある
宮家を調べたらもっとあるかもしれないけど。

でも、これだけで十分。
ファクトに勝てるものはない。

昨日もあげたけど、これも事実。

*袴。
yjimage-2.jpeg

*羽織袴で参内。
天皇皇后に無礼?
kimono.png

シチュエーションが問題だ、と今度は言うかもしれない。
じゃ、どういった場面ではどうなのか?だよね。

今回は

私的旅行

勘違いしてるようだけど、公的な訪問ではない。
あちゃら勢力は

「海外旅行しているーーー遊んでばかりだーーー」
と言って
「国王表敬訪問してるから公務だーーー」

って、どっちやねん。

このようにダブスタをかますのが左翼とあちら勢力。
これらは反日中韓とつながっているので要注意。

反日中韓がなぜ愛子さま女帝論をあげるのか。
もちろん皇室の破壊。日本の破壊。


このように、なにか言う時には素人でもエビデンスを出すもの。
根拠無くほざく人たちにはエビデンスなどない。

わたしはド素人だけどこうしてブログを書いて発信している以上、そこそこのデータは出さないと、と思っている。

専門家ではないので皇族の服装の決まりなどほぼ知らない。
だけど、こうやって事実を探し出すことはできる。


この過去例をみて、騒いでる人はどう言い訳をするのか。
みてみたい気もする。が、こういう人たちは事実を受け入れることはなく(韓国人のように)逃げる(津田大介のように)しか能がない。


追記

忘れてました。ミズホさんが思い出してくれました。
ブータン国王王妃夫妻が新婚で来日された時、羽織袴、王妃には和服を。

素敵ですね。
guest085-09-s.jpg
でも、無礼かもしれませんよ〜〜

王様は武士ですか?公家ですか?
わかりませんよね。
なのに武士を押し付けてしまって無礼かもしれませんよ〜〜〜〜〜〜
無礼なのは東宮御所の玄関まで来られたのに出ても来なかったその家の主婦ですね。

王様の妹たちが来日した時も無視してましたわ。

誰が一番無礼やねん、って。


*官邸へメールしました。

秋篠宮家への誹謗中傷がひどすぎる。
皇族の羽織袴は過去に例がある。(状況を説明)
悠仁殿下の羽織袴だけ中傷されるのはおかしい。
整合性がない。
宮内庁は問題ないと説明すべきだ。



※誤字脱字・訂正加筆はのちほど
この記事のコンセプトに即した情報があったら下さいませませ。




これは意表をつかれたわ。羽織袴の皇子。追加画像あり今度は弓矢よ!と雑談
ワンチョク国王を表敬訪問。

首都ティンプーの政府機関や僧院などを兼ねた建物「タシチョゾン」で、ワンチュク国王夫妻を表敬し、王宮で昼食を共にされた。

とのこと。


紀子さまは和装。

そして、小さな皇子は…
羽織袴…だ…と?

これはうれしい。意表を突かれたという感じ。

昨日は『ザ・ロイヤル。お手ふり』に「おお!」となり、今日は羽織袴に「うわわ」となり…
うれしい驚きでいっぱい。


で、秋篠宮殿下はなんで〜〜
おそろじゃないの〜〜?

息子をお披露目ということかもしれませんね。
海外デビューですから。

悠仁殿下の羽織袴は正月かに御所にあがる時にちらっと見た時ぐらいでしょうかね。
明日からはゆっくりと色々なところを見学して回るのでしょう。
ファッションはチェックのシャツかな?お揃いの。

20190819at50S_p.jpg

時事通信
----------
この建物は政治と宗教の中心地で国王の執務室もある。ご夫妻と悠仁さまは、伝統的な踊りと音楽を披露しながら進む人々の先導で建物内へ。中庭の中央棟には巨大な曼荼羅(まんだら)が掲げられるなど最大級の歓迎を受け、羽織はかま姿の悠仁さまは緊張した表情で、ご夫妻と国王夫妻が待つ部屋へと向かった。
--------------------

最大級の歓迎を受け…
ですって。
大曼荼羅…どんなのでしょうね。
こういうのかしら?←「大曼荼羅」

またもや、赤絨毯。
12歳にして赤絨毯歩き放題!

156620109347341156862-thumbnail2.jpg

AS20190819002749_comm.jpg

AS20190819002929_comm.jpg


AS20190819002899_comm.jpg

AS20190819002911_comm.jpg

赤絨毯。

こういう機会をたくさん得ても自ら赤絨毯からはみ出して歩くひともいれば、若干12歳で赤絨毯を連日歩く子もいる。

夫と共に真面目に公務をしていると妻も赤絨毯を歩く機会がたくさんある。
一方、ぐうたらな性根のため自らその場を放棄している女性もいる。

AS20190819002894_comm.jpg


どこかの勢力が悔しがってハンカチの端っこをキーーーーーと噛んでることでしょう。
一方どこぞのひとたちはいつも通り一つ覚えの駅前お手ふりをしていたそうな…
ああ、なんてこったい。兄と弟が入れ替わればよかったのに。

佳子様の欧州訪問。
今度は美人さんが華やかに披露してくれるでしょう。
ワクワクします。

追加画像画像

悠仁殿下の羽織袴姿はこの時以来でしょうか。

これで秋篠宮殿下が荷物席に入り込んでいたら.…と思うとぞっとします。
それを平気でやる一家がいるのだから…

皇居に参内されるとき。

kimono.png

追加画像

834a9aa75c7b2799e4e607c123df8d9ew999_1004525559.jpg

a63f5595b19fa6468f9dbd63efc29cc3w999_1004525560.jpg

0032321199.jpg
これ、眞子さまもされたのよね。
男の子にはたまらない体験ですね。
殿下はサウスポーのようですわ。
あ、前もそんなこと言ったおぼえが。


*今回の悠仁殿下の羽織袴を云々いうひとがいるらしいのですって。
よほど、悔しいのか必死で貶めていますね。
とにかく郵便ポストが赤いのまで秋篠宮家のせい。
北朝鮮がミサイル撃ってきたのも秋篠宮家のせい。
紀子さまが悪い。
韓国があほなのも紀子さまのせい。
イカれてますね。


ちょっと調べてみたらいつものひとたちが同じような事を言ってました。
皇室ジャーナリストとかいう人が「非礼なことをした。調子にのりすぎてつまずいた」みたいな事を。
え?

躓いて起き上がってこれない夫婦、おるやん。
そっちはええのん?
と笑ってしまいましたわ。
羽織袴が皇族らしくない、というならね〜わ一家が一番皇族らしくないのですけど…
そこ、突っ込まないでどーするよ。

「日本のブランドではなくシャネルのスカーフをしている雅子さま。
つまずきましたね。時計やネックレスはブルガリ。
美智子皇后はそういうことをしませんでしたよ」
と突っ込めよ。

わたしたち日本人は、とにかく日本の文化伝統を海外で披露してほしいと思う人がほとんど。
今回の羽織袴は「いいね」
うちの夫も、「おお、いい感じ」と。
普通のひとは素直に「あら、素敵」と思うはず。
あっぱれ、と思うはず。


中には心配そうに「袴姿だからアンチから難癖つけられる。だから普通でよかったのに」なんて言う人も。
これ、韓国に対して日本がやってきたこと。
配慮して配慮して…って、結果変わらないんです。
アンチって何をやってもアンチなんですから。
心配そうに言って何気に貶めているのですよね。
バレバレなんです。


工作員やひねくれ者たちは、とにかく悠仁殿下を貶めたいから必死。
その先には、愛子さまを神輿にのせたい勢力がいて工作中。

神輿になりませんって、愛子さまじゃ。
「納豆のタレの空袋を拾って楽しんでいるJK」



ブータンに非礼だったらブータン国、怒ってるはずですわ。
あの大歓迎ぶり。

御所にあがるとき、羽織袴だったですけどあれは天皇皇后に対して無礼でしたのね。
へえ。

*着袴の儀

皇室の子が5歳になったときに初めて袴をつける儀式。
衣装は天皇が贈る。
だって。これも無礼か。

yjimage-2.jpeg

おまけ

羽生結弦選手の羽織袴。

20180702s00079000111000p_view.jpg


れーわは『トタン屋根』でいいけど、次からそうはいかないからね
ありすさんからのお知らせで、

今年秋の大嘗祭(新しい天皇が即位する時の儀式)で仮設される大嘗宮の一部をプレハブで鉄骨造りにする、と宮内庁の方針だとか。

プレハブ?屋根が全部、板?
茅葺じゃない?
伝統ぶち壊しじゃん!

前回(平成)は、これ↓

dai.png


※余談だけど中心の悠紀殿。悠・紀。なるほど意味が通じているわ。

これを見ると中心の建物は茅葺。
他が板葺き。

これを全部、板葺きにしたりプレハブ(?)を木造ではなく鉄骨するとか。

宮内庁というのは、我々のように長年ウォッチングしているとピンと来る「変な勢力」の一味。

伝統破壊を平気でする。

伝統の破壊を最初にもくろんだのはもちろん美智子様。
本人の口から「伝統はひと(皇族やそれに関係するひとたち)を苦しめる」と公言し、あれこれ伝統をやめたそうな。

一番やってはいけない伝統破壊。
日本の古代からの文化伝統を忙しい国民にかわって執り行うのが皇族の務め。
それを「苦しめる」とな?
苦しくても伝統を守ることに意義があるのでしょうに。

平民を皇室に入れてしまった『伝統破壊』の中心人物。
みごとにさまざまな伝統を壊してくれましたとさ。
おすべらかしをカツラにしたり、あげくは長男までヅラに…あ、長男のヅラは関係なかったですね。
もしかして、なんちゃって十二単だったりして…


脱線しました。

瓊瓊杵命が天孫降臨した時に手にしていたのは稲穂。

イネ科の植物の代表ススキ。葦。
稲穂をイメージしていますね。

茅葺屋根といったらわたしたちの世代までぐらいは田舎に行けば見た事があるかもしれません。
有名なのは白川郷。
白川郷では何年に一度か茅葺を葺き直すというのは見た事がありますね。

葦は水に強いので舟にも。

万葉集の中でも茅葺が作中によく詠まれていたようです。

ようするに、日本人の歴史の中で身近で大事な伝統のものということ。
そして、大嘗祭は天皇が新しく即位した時にのみの行事。

宮内庁はこの伝統を壊すようですね。

ま、ね〜わは、トタン屋根でもダンボールでもブルーシートでも何でもいいのですけど、秋篠宮殿下の血筋に皇統が移るので伝統を壊してはなりません。
今回は、後世のためにしっかりと伝統を全うしてほしいものです。

大嘗祭は皇室の私的な行事にし、身の丈にあったもので

という秋篠宮殿下の発言。

当時、変な勢力が
「にいちゃんのだからそんなこと言って」とか相当叩きました。
それは「税金をいっぱい投入しても大嘗祭は盛大にすべきだ」というひとたちではなく、ただ殿下を貶めたいひとたちの意見。

識者でも同じようなことを言ってました。

わたしは当時、
「本来は国全体で盛大にしてほしい。
でも、その時々の政権で皇室が歪められることもあるので、皇室の私的な行事にして不変的に永劫伝えていくことにしたほうがいい。
殿下はその意味あいで言ったのでは」
と、書きました。

ほら、その通り。今回は政府ではなく朝敵、宮内庁が伝統を壊そうとしていますね。

伊勢神宮でも式年遷宮のために柱の木から何年もかけて準備するもの。

それと同じに茅もそうすればいいのです。
小さくてもいいからきちんと伝統にのっとったものをと思います。

メール先はこちら↓

宮内庁にメールしても無視でしょう。
こんな伝統破壊を企てているのは宮内庁。

官邸のほうがいいかもしれませんね。

※誤字脱字、訂正加筆はのちほど



一連の「日の本の皇子(みこ)」の画像追加、と追加画像複数ありと雑談
昨日から、悠仁殿下の画像をあげてますけど、なぜわたしがこうやって悠仁殿下だけ熱心に取り上げているのか…

眞子さまのこの前の南米での訪問よりも熱心に記事にする理由は…
簡単な理屈。
彼が我が日本国をひとりで背負う皇子だから。


*時系列でいうなら、
紀子さまと悠仁殿下が先に到着し、時間差で秋篠宮両殿下が到着された時のシーン。


7aa278f258d7fe9527a2e81c638ce789w999_1004523494.jpg

悠仁殿下にカメラの焦点が合っている。
そう、主人公は悠仁殿下。
カメラマンたちのテーマは悠仁殿下。

父親がどのように振舞っているのか観察中。
父親に相手国の人たちがどのように接しているかを見て、自分の立場を知る。

ブータン航空でバンコクからブータン入り。

ざっと、旅行記などを見るとブータン入りするにはバンコクからだそう。
でも便数の関係で大変だとか。

よくわからないけど、ブータン航空が飛行機をわずかな時間差で2機とばしたということ?
TESSさん情報--10分だそう。

今回のブータン旅行はブータンの招待もあってのこと。
ブータンの厚意では、という見解が近いと思います。


*パロ空港への着陸は難しいらしいです。
天候が悪いと無理だとか。
秋篠宮家の皆さんの到着は晴れ。






・「バッシング」では「旅行とか税金を使いやがって」「好き勝手している。次女は来月、海外訪問とか言って遊びにいく」ばかり。

海外から招待がある→→政府が検討→→閣議決定

という流れ。勝手に行けるわけないのにね。
秋篠宮家のひとたちを「招待」したいわけ。

そういえば、10数年前、オランダに「静養」とか言ってお出かけしてた一家もいたはず。
なぜか、あっちで実家の妹たちと合流して、王室が計画していたイベントもキャンセルした人がいたらしいけど…
精神がおかしくなった人のために静養、とオランダさんは上手に恩を売ったわね。
来日しては晩餐会で「日本が悪い」「商売させろ」と王様。
(インドネシアをオランダから独立させたのは日本)

あのオランダ静養の時の画像も面白いものばかり。
『ツボ押し女将』的な。


・ブータン航空のツイッター
「ブータン航空は、秋篠皇太子、紀子皇太子妃、悠仁皇子を心から
歓迎いたします」

世界はすでにこうみている。
なのに国内では「皇嗣」だの「上皇后」だのとおかしげな造語をし、さらに「愛子女帝」という典範にもないことを言い出す勢力が跋扈。

正当な皇位継承を覆す国賊たちがいかにも、と愚民を煽動。


ブータン王国のフェイスブックでも秋篠宮家の紹介

しかし、これらの一連の画像はそんな国賊どもをふっとばすような画像ばかり。

ここに我ら日の本の国の皇子あり



女帝論を口にする人たちはその対象となる娘のこういう画像を出したらいい。
5歳年上のその娘がどういう振る舞いをしてきたか、出してみるといい。
中2まで逆さバイバイをしていた子をどうやって天皇にできるのか。


*JICAの人たちと。
秋篠宮殿下と悠仁殿下。お揃いのネクタイ?
カメラはやっぱり悠仁殿下中心、かな?

9bb851d6d2507cb96dd53a71545c3c8cw999_1004523495.jpg

cc85d40b45723e57e6eecfbf59d122ebw999_1004523496.jpg

みんなニコニコ。
そりゃそうでしょう。

遠い異国にいる日本人たち。
祖国の皇子が来訪されてるんだから。

*追加画像

ブータンに行って来た人のツイッター

bu6.png


最近、時代劇が好きなわたし。
今は「菜々の剣」をみている。

テレビ制作会社がどうのこうの、といっても武士の所作が非常に美しい。
食事のシーン、立ち上がるシーン、などなど。

願わくば、美しい所作をこれから覚えていければ、と。


女性の所作ももちろん。
比較でわかりやすかったのは、紀子さまが池の鯉に餌をあげるシーン。
同じ場所で美智子さまのふるまい。
欄干に肘をかけている画像がある。
違いは歴然。

※画像がどこかから拾えたらアップしてみます。


追加画像

*さがしてきました。
あらためてみると…ありゃりゃ、ですよね。
どちらも平民出身の妃殿下。
この違いはなんでしょうねえ。
生まれも育ちもそんなに変わらないと思うのですけど、やはり本人の資質でしょうか。

149006279779118192178_1490056760077.jpg

肘をかけて池を覗き込み、殿下から棒状の鯉の餌(麩?)を受け取って餌やり。
カメラがあるのわかっているけど、忘れてついつい出てしまうこういう所作。
わたしたちだったらどうするだろう。
手をかけて池を覗き込むだろうけど肘はかけないわ。

149006302465878855178_095f3b99.jpg


追加画像。
眞子さま。
同じ場所。
ブラジル日本会館。
生まれながらのプリンセスは違いますね。
なんであんな男に執着してるのでしょうかねええ.…悶々
img_1_m.jpeg


*この博物館エリアは秋篠宮殿下の得意分野でしょうかね。

悠仁殿下、小学生の時の私的旅行。
太鼓の場面、覚えているでしょうか。
秋篠宮殿下が、太鼓を教わっているけどいまいち同じに叩けない。
悠仁殿下が「違うよ」とばかりにバチを受け取りそのリズムを叩いたというエピ。

博物館はほんと面白いのでしょうね。

昨日観たブータンの自然の番組ではガイドさんたちはみんな英語。

博物館での動画←クリックどうぞ

この博物館の人も英語で説明。
ところどころ、紀子さまが悠仁殿下に補足とのこと。
こうやって現場を体験中に、悠仁殿下はほとんどの外国では公用語となっている英語の必要性を知るのでしょうね。

cdc809551ce7e4387cb045514597bfecw999_1004523501.jpg


※誤字脱字、訂正加筆がありましたらのちほど。



これが「ロイヤル・お手ふり」
bu.png

国立博物館へと移動される途中。

これぞ

日の本の国の皇子の

ザ・ロイヤル・お手ふり

動画←をみると、記者がこちらにずらっといるらしく、女性記者が「楽しまれてますか」との声に「はい」と大きな返事。

bu3.png



bu2.png



到着のパロ空港で

bu5.png





bu4.png


これは胸熱な写真。

世界はこう見ているということ。

ブータンは小さい国だけど、王様がいる国。
王様がいる国はこうしてこの皇子さまを迎えるというまるでテキスト。

私的旅行だけど国中で歓迎している。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



検索フォーム