FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
謝罪しろ…あ…
ちょっと難しいことを拙いけど書いてみることにする。
地元に関係があるから。

ハンセン病の裁判のこと。
国は控訴しない、と。

朝日新聞はまた誤報して「控訴する」と朝刊に。

わざとかは知らないけど。


----------------------------
●世間で知られていること。


*古代からこの病気は世界中で恐れられていた。

*まだ科学医学が未発達の時代、らい病は伝染し遺伝すると思われてきた。

*その病気にかかると見た目が非常によろしくなくなる。

*「もののけ姫」でもそういうシーンがある。「たたら場」の人たち。

*「砂の器」もそう。その病気を隠したかったがための殺人。

*その病気にかかったら隔離せねばならない、と思われてきた。

*隔離という区別は当たり前。

*特定の病いにかかったことや、その家族もひっくるめて区別と差別がごっちゃになってしまうのが人間の性、業。

*良し悪しに関係なく人間は「異質のものを忌み嫌う」のは本能。

*ハンセン病の説明↓

-------------------

●地元のこと

*地元には加藤清正公をシンボルにした本妙寺がある。

*長い石段を登ると清正公が市内を向いて鎮座している。

*地元のママ友から立ち話レベルできいたこと。

「昔は本妙寺の石段に、らい病にかかった人が座って物乞いをしていた」
「不具になった傷病兵が、物乞いをしていた」
「だから、お祭り(頓写絵)には子供だけでは行ってはいけない」

*わたしは、地元ではない(転勤族の子だった)ので全く知らなかった。
地元のママ友たちは代々、そこに住み着きそこで生まれてそこで育った人たちが口伝えで聞いてきたらしい。真実のほどはわからない。

*子供たちの小学校のボランティアの勉強や社会見学などの行き先は
『リデルライトホーム』

*市内の北に隔離された広い敷地と建物がある場所。
周りには普通に学校やグランドなどがある。
時々通るその道はみんなの生活道路。
大きく施設の名称が看板に書かれていたが、それがそうだともニュースで知っていたが特別な感情はなかった。

*ここまで書いてこの文章を読み繋がっていることを知った。

-------------

●思ったことを羅列。

*国策により被害を被った人の救済はできるだけしてもいい。
被害者の定義と救済はどこまで?

*救済とは「お金」と名誉回復、そして正しい情報(治る病気、遺伝しない)を伝えること。

*安倍さんは謝罪すべきか?----しなくていいと思う。
「苦労をしましたね」でいいと思う。

*国策で苦労をかけた国民に賠償をするとしたら、いつまで過去にさかのぼる?
現存している人限定としたら「国策として戦争をした結果、焼夷弾で怪我して足が不自由なばあちゃんに賠償を」が通る?

*国策の富国のひとつとして多くの公害患者が出た。
水俣病患者に賠償はどこまでする?安倍さんは熊本まできて謝罪すべき?

--------------

●賠償だけではなく「安倍さんに謝罪を要求」すること。

*どこかの国に似ている。

*そこまで堕ちないでほしい。

----------------------------

●カモを狙う弁護士たちもいる。

*弁護士の仕事が少ない。どこぞにカモはいないか?と。

*「過払い金ありませんか?」で始まる弁護士のカモ。「アディーレ法律事務所へ、相談料はいりません」(例)をうたい文句にして始まった弁護士たちのカモ狩り

*国策の「優生保護法」で不妊を余儀なくされた、はカモ?もしかして弁護士たちにノセラレタ?

*今度のカモは「B型肝炎の疑いがある人はどうぞ。〜〜円受け取れます。相談をどうぞ」。

*次から次に国を相手にカモをさがす「弁護士」。

*弱い者が救済を求めるときに頼る相手として弁護士の存在価値はあるけど…という前提は重々承知。

--------------

いろいろ順不同で羅列してみた。

※誤字脱字、訂正加筆はのちほど。






プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



検索フォーム