FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
オタクのハナシでのでスルー自由です…・キターー!!ー『女装クラウド』トレーラー!!!
※オタクな話です。かなりコアな。長いです。好き放題書いています。まだ書き足りません。
なのでスルーは自由でございまする。いや、ついてこれたら立派なオタクでございます。


ファイナル・ファンタジー7
リ・メ・イ・ク!!!!!!
リアルな画像でクラウドたちがよみがえる!!!


ゲーマー界ではこの話でもちきり。

その昔、ゲームのハードはファミコンだった。
一頭身のちまちまキャラがぴょこぴょこ動いていた。
マリオ、ドラクエやファイナルファンタジー1など…

その後、スーパーファミコンに進化し…
そしてプレイステーションになり容量の大きさは美しい映像を生み出した。
ハードのプレステは進化し、今はプレステ4。そして今度5とかも。



プレステ「1」から「3」に進化した時…
プレステ「ファイナル・ファンタジー10」の映像美は世界を驚かせた。
水の表現は難しいとされているけど、この美しさはどうよ。

*主題歌『素敵だね』(わたしのカラオケレパのひとつ)にのせた物語のダイジェスト。
その死と引き換えで世界を救う宿命の召喚士・ユウナ。

彼女の旅を守るティーダ。だけどいずれ消える運命のティーダ。刹那を生きる若い二人の隠せない互いへの想い。なきそう。



*『聖なる泉』
seina.png
@絵師・えありす
水は難しい。濡れた感じを出すのは至難の技。よう描いたと過去の自分をほめたい。今は忍耐がないわ。レイヤー何枚使ったのか不明。


そんなすごいハードのプレイステーション。


23年前…
プレイステーション『1』「ファイナル・ファンタジー」の7作目が出た。

400万本売れたという。いつまでも語り継がれる名作となった。

ファイナルファンタジー7

プレイステーションとはいえ、今見ればCG動画は拙い。
だけど、当時はその美しさに度肝を抜かれ、世界は興奮した。


ゲーム場面といえば、
まだまだせいぜいこの程度。↓
ポリゴン(多角形)でしか表現できない。
ゴツゴツ。
それでも、当時はすごかった。

*教会で…クラウドとエアリス。
ゴツゴツしている。腕なんて最悪。でも当時は最高の技術。
f7.jpeg


*23年前↓炎の中のセフィロスのCGムービーシーン。
このシーンはCMで誰もが一度は見たはず。
sf2

*そして今。
sf.jpeg


*23年前のエアリス。ムービーでもこの程度。
ear.jpeg
※お気づきでしょう。わたしのハンドルネーム。
ネットが普及し始めた頃、ハンネが必要ということで当時やってたゲームの登場人物「エアリス」を気軽に使ったわけです。カタカナではおこがましいので、ひらがなに。それ以来のわたしのハンネ。

そして現在。
ear2.jpeg



2005年にFF7の映像作品(ゲームではなく全部CGの映画)が出た。


「FF7・アドベントチルドレン」

CG映像がどれだけ美しいかほんと驚いた。
ゴツゴツクラウドがこんなイケメンに(左)
セフィロス様もこんなに美しく。(右)

*アドベントチルドレン。
もちろん、持っています。2枚。なんでか、って普通のとブルーレイ版。

*パッケージ画像
c0000108_6624100.jpg

*映像作品「アドベントチルドレン」のクラウドの脳内で見えたエアリス。エンディングの場面。彼の脳内にはいっつもエアリスがいるんですよね。
ac7.jpeg


さて、どれだけCGが発達したか、ということを紹介。


「アドベントチルドレン」はゲーム本編から3年後を描いた物語。

今回のリメイクは本編ゲームをこのリアルで美しい画像で作り上げられるということ。



で、当時、ゲーマーの我々は常々言っていたんですよね。
「アドベントチルドレンの技術でゲームをリメイクしたら…」
「リアルイケメンクラウドでゲームをしたら…」

って。
そしたら「あのシーン、このシーン、どーすんのよ!」
と。


リアルなクラウド…

あのシーン、このシーン…

見たいけど見たくないけど見たいーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
っていうシーン。


そう

「女装イベント」!!!!!!

物語の流れでいろいろあって…

スラム街を牛耳っている「ドン・コルネオ」の館にどうしても潜入しないといけない、という展開。

でも、「ドン・コルネオ」というおっさんは「可愛子ちゃん」しか館に通さない。
男はダメ。


って、ことでクラウドは女装を決意する…ことに…


いやいやながらもノリノリ…の微妙な場面。
本編ではポリゴンのクラウドがおさげとドレスに。


*でもこれじゃあねえ…↓

ポリゴンの女装クラウド。
当時、イラスト描きさんたちは脳内妄想していろいろ描いていたっけ。
わたしもだけど。



ku.jpeg


*女装をさせるためにエアリスがいろいろ見立てるシーン。

そろえるアイテムは
「ブロンドのかつら」「ティアラ」「セクシーコロン」
これもいろいろ難題をクリアーして手に入れるんだけど。

↓ここは洋服屋さん。

エアリス…真ん中の赤い上着の子。
クラウド、金髪でおさげをしている。
jv.png


何年か前、「1Pで描くFF7」という自分の中でシリーズを描いていた。
で、このシーンをやっぱり描いている。線画がばっちいけど。

もともとがポリゴンだからこそ想像を膨らまして描けてたんだと思う。
「古留根尾」とちゃんと書いてるね。わたし。

エアリスが単身入っていこうとするのを必死で止めるクラウド。
じゃ、ってことで女装イベント開始。

d0372513_14005635.jpg



そしてきたーーーーーーーーーーーーーー!!
リメイク版トレーラーの最新版。
いくつか今までトレーラーでチラ見をさせてくれたけど…

満を持して発表されたトレーラー。
新しい主題歌付き。


どのシーンもほんの少しずつ見せてくれる。
ほんのすこしだけどわれわれにはどのシーンかわかる。


冒頭の女の子と男の子。

ニブルヘイムという田舎の村。
クラウドと幼馴染のティファ。

貯水塔で少年クラウドはティファに告げる。
「村を出て行く。セフィロスのようなソルジャーになるんだ」

そして、彼らの運命は星をめぐる壮大な戦いに巻き込まれていく。



*かわゆ〜〜い、少年クラウド。
y_5e3424dde3b32.jpg


リーブくん、リメイク版ではすでに出るんだー。
ティファとビンタ合戦のスカーレット。
早くみてみたい。
でも、ビンタ合戦はジュノンでのことだからまだまだ先。

そして1分ぐらいから「クラウド女装、お化粧シーン」
これは今回オリジナルね。

『蜜蜂の館』に「ぜったいここには女装に必要ななにかがある!」と妙な言い訳をして意気揚々と入っていったクラウドくん。

このあたりはスクエニのノリノリ真骨頂。
FF7はほとんどシリアスで苦しい場面ばかり。
その中で、お遊びノリノリ。
メイクをしてもらって…



*なんでかインド映画のように踊る…ここまでする?スクエニ。
今回オリジナル。

てか、すんな!クラウド。
なに、膝そろえてんねん!
jyo2.png


y_5e3424de0527b.jpg


*これはきっと物議をかもすだろうクラウド…おとこ、オトコ、男、漢のおもちゃにされそうなクラウドくん。
しかし、本人はいたって「漢」なのである。
みんな大好きクラウドくん。
そんなクラウドに命をかけるザックスくん。おそろの青いピアスを左耳だけにするザックスくん。
クラウドくんをストーキングするセフィロスさん。


あかんやろ、こんな表情したら…↓
スクエニの思惑にどっぷりはまりそう。

ここまでされたらもう絵が描けないわ。

※あれ?ピアスしてない。どうした?ザックスとおそろなのに。
y_5e3424de32d8a.jpg


「おとこ、男、オトコ」でスクワット大会もあるし…スクワット大会も「見たくないけど見たい」シーン。

意味不明?いえいえ、FF7ファンは当たり前の単語。
あ、「ジュノン」での「イルカイベント」も。


*元ソルジャー・クラスファースト(自称)クラウド。
kura.png


*女装クラウド。
みんな大好き、金髪碧眼。

ドン・コルネオに「ゲス野郎」と言ってるシーン。↓
この後、「ぶったぎってやる」と。
でも、床が開いて、地下下水道へ落とされてしまうんだけど。
みんな大好き下水道。

jyoku.png



って、ことで…

とりあえずここまで。(と、とりあえず…だ…と?)

今回の発売のお話は「ミッドガルの街」を出るまで、とか。

*「さらば、ミッドガル」

md.jpg
   @絵師・えありす


えーーーー。

そんなことしてたらこれから何年かかるのよ〜〜〜先、長いよ〜〜〜

でも、いいよ。



このあと、どんどんシリアスになっていって、次第に精神が崩壊されていくクラウド…
セフィロスさんに支配されていくクラウドさん。


そんなのリアルで見たくないよ〜〜

*『古代種の神殿』
せっかく手に入れた「黒マテリア」(究極の破壊魔法を生む)。
それをセフィロスに渡してしまったクラウドさん。完全に心をセフィロスさんに支配されてしまったクラウドさん。

心の奥では「だめだ」と自問自答しながら…
セフィロスさん…「いい子だ…」あら〜〜

ここ、ポリゴンだったからいいけど、リアルになったら…
とりあえずわたしは、クラウドがエアリスに詰め寄るぐらいにしてるんですけど、本当は…
仲間が止めるまでエアリスをボコボコにするんですよね。


koda.jpg




*クラウドのとんでも行動に古代種のたった一人の生き残りのエアリスは一人で落とし前をつけにいくのです。「全部、終わったらまたね」。フラグたちまくりです。
夢の中でもがくクラウド。
「行くな…」…
こんな場面、リアルでやったら号泣します。

mayoi.jpg

※このあとからの場面は描いてないんですよね。
描けないというか…
こういう場面を描いていると描き手の精神のパワーを使う、というか…疲れるのです。



弱いクラウドの心は多くの事件でどんどん壊れていく。
でも、壊れないように必死で「自分で作り上げている人格」で生きている。

FF7は多くのスピン作品を作り上げ、時系列がある。


↓*クラウドを見捨てず最後まで戦い続け果てたソルジャークラスファースト・ザックス
彼の剣と心を引き継いでクラウドはミッドガルに向かった…

ゲーム本編はこの直後から始まる。

ミッドガルにたどり着いたクラウド…すでにその時に精神の崩壊が始まっていた。

*FF7クライシスコアのラストのムービーシーンより。
6529b9f0-s.png


物語がすすむにつれ、どんどん精神が混濁していくクラウド。

自分が一体何者なのかわからなくなっていくクラウド。
おれは、一体…だれな…のだ…
何者なのだ…?

そして…


という物語…


「早くしないと星が死んでしまう」

が当時のキャッチだったっけ…

当時のCM




リアルな画像であのシーンこのシーン…でリメイク…

きっとあのシーン、このシーンでは号泣必至。


*「花火に消された言葉」
ゴールドソーサー「ゴンドラ・デートイベント」。
すでに脳内で音楽がながれてます…
きっと号泣するかも。

「あなたに会いたい」

「おれはここにいる」

d0372513_13114206.jpg
@えありす


ゲーム史上、最低のぐだぐだ主人公。
こんなあかん主人公おらんわ、というほどの主人公。
勇者とか無縁。



そう、前にも書いたけど、55型のテレビ買ったのは五輪のためではなくこれのため…

楽しみであり、…おそろしくもあり…

 つづく…かも…

ああ、FF7愛がとまらない!

※いろいろ付け加えるかも…



ひとりごと…
スーパーで、一人でブツブツしゃべってる人がいた。
女性。別にあれな人ではないのはすぐわかる。

ひとりごとにしてはそこそこ大きな声。

携帯で誰かと話している。
手ぶらコール。
携帯を持っていたら電話をしているんだろうな、とすぐわかるけど商品を物色しながら話しているからパッとみた見は不思議な感じ。

イヤホンにマイクがついているあれで話している。
友達なのかときどき笑っている。


夫は機械に話しかけている。


「アレクサ!ジャズをかけて」

ジャズがかかる。

「ボリューム下げて」

小さくなる。

朝は、リビングでわたしに会っても挨拶ではなく
「コーヒー、入れといたから」

アレクサには
「アレクサ、おはよう」

おい!!!!


年寄りの話し相手にはいいのかも、と実験したことはない。

アレクサは学習していくのだろうか。

シュワちゃんのターミネーターのように。

夫の部屋からしょっちゅうひとりごとが聞こえる。
アレクサや猫に、話しかけている。

「クロちゃん、外見てる?」
「クロちゃん、お腹すいてる?」

「アレクサ、今日の天気は?」
「アレクサ、低脂肪の献立は?」
「アレクサ…」
「アレクサ…」


ときどき、ダイニングに持ってくるので

「アレクサ、ゲーム音楽をかけて」とわたし。

でも、これはけっこう著作権に守られていてなかなか。


アレクサ、アレクサ、アレクサ…


でも、こういう世界ってわたしはすでにゲームの中で体験中。


ゲームって実際の出来事の先の先をいってるから、VRの概念はゼノサーガというゲームで10数年前にとっくに体験済み。

その概念の映画が『レディ・プレイヤー1』。

いまにみんな、ひとりごとを言う社会になるんだろうなあ…


そういえばわたしもひとりごと、よく言うわ。

ゲーム画面相手に


「そうきたか!」

「え?あんた誰やねん」

「おいおい、(攻撃が)きかんやないかい!」


とか。

あ、これこそひとり言だわ。





ファミマに走る<オタクのハナシです>
友人から教えてもらい、その足でファミマに走った。(車でだけど)


しかし出遅れたわたしは、クラウドくんをゲットできなかった。


IMG_20191102_135752.jpg


指定のお菓子を2個買えばFFシリーズのキャラの缶バッジを一個もらえる。

FF5のバッツとチョコボ。
FF4のセシル、パラディン仕様。
モーグリ。
FF8のスコール。
FF2のフリオニール。通称ふりお。

これだけゲット。

FFシリーズでもFF11、FF14はネットなのでわたしはやっていない。
キャラメンバーは知っているけど一緒に旅をしていないので、思い入れが少ない。
わたしのような者がけっこういるのかFF11、FF14のキャラはそこそこ残っていた。

とりあえず10個のチョコレートと缶バッジ5個。
モーグリチキンをゲットした。

なぜ、こんなキャンペーンをしているのか、というと


FF7のリメイク

が発売されるからだーーー!

昨夜、7分にわたるCMがあった。
といっても観ていないけど、ネットには公式からあがっていた。
それは、FF7がどんなに愛されたか、というドラマ。





ポリゴンでゴツゴツのクラウドくんが、FFAC版のようなリアルバージョンでリメイク…


物語の展開シーンやバトル画面をとりまぜたトレーラー



みんな思ってるだろうな…
あの場面やこの場面、あれはどうなるんだろう…って。


でも、あのシーンは…
リアル過ぎて…全員号泣すること必至。





この動画↑のサムネイル、レノとの初顔合わせのシーンね。


ずっと前、描いた『1PでFF7のあのシーンを描きます』シリーズ。
43秒頃のシーンかな。

レノが教会に入ってきた時。

d0372513_14093284.jpg




天井から落ちてきたクラウドくん。
エアリスにとってはソルジャーが落ちて来るのは2度目。(FF7CC)

思うこといろいろあるだろうなあ…と。
d0372513_13211167.jpg






みんな見たいクラウド女装シーン。

クラウドとエアリスは「コルネオの館へ潜入作戦」を決行。
ピチピチのかわいこちゃんでないと、入れない。

ということで、エアリスも可愛く変身。
そしてクラウドくんもへんし〜〜〜ん。

この動画で1分1秒ぐらいでお着替えしたエアリスを見て、クラウドくんの「は…」という吐息が…ドキドキ…


d0372513_14005635.jpg


こ…このシーンをリアルバージョンでどう描くのか…ワクワク…





*「ゴールドソーサー」でのこのシーンはどう描くのか。
きっと泣くと思う。
だけど、今度出るのは「ミッドガル編」なのでこのシーンは無い。

d0372513_13114206.jpg




ミッドガルを出るシーンまでを今回発売らしい。
ここから長い長い旅が続く。

「さらばミッドガル」
d0372513_17130766.jpg



このシーン…どうする?
みんなぁ…‥


kodai.png


あーーーーー

止まらない

FF7愛が。




え?何十年ぶりだって?男子バレーVSイタリア
Wバレーでイタリアに勝ったのって何十年ぶりとか言ってたっけ。

石川、191センチ。
西田、186センチ。

バレーの世界では小さい。
西田など高校生でもこんな小さい選手はいない。
19歳。

今日は面白かった。
相手のイタリアはリオの銀。

選手が1.5軍ぐらいだけどそれでも勝てたのはすごいと思う。

最近の男子バレーはパワーと高さのみで面白さが半減。

今日は、曲芸バレーの面白さを十分見せてくれた。


2:11   相手のブロックにプッシュで当ててリバウンドをとる。

2:12  セッターが低い姿勢からバックの石川にバックアタック用のトスをする。

2:14  石川がバックからアタックの姿勢で跳んでくる。イタリアのブロックは完全に石川にふられる。

2:14  石川はアタックの姿勢で西田にトス。

2:15  サウスポーの西田がそれに反応し跳びアタック。イタリアのブロックは間に合わず。ノーマークでボールが床に叩きつけられる。
ボールがバウンドしてから西田は着地。
重力無視。


石川が上手に切り返してたけど、これって急にできない。
練習中に遊びのようにしてやっていたと思われる。
というのも、西田が石川の意図を知って反応して跳んでいたから。


リベロが強打、軟打を続けて拾ったからこそ。
このリベロ、よくあげる。



これ↓がわかりやすいかな。
スロー再生してくれてるし。



いやーー、面白かったわ。
前はセッター以外のメンバーは二段トスぐらいしか上げきれなかった。
その二段トスも、ネットにくっついたりして失敗していた。
こういうのはネットから少し離すようにしないといけないのに。(ブロックにひっかかるから)

でも、最近はみんなセットアップも練習してる。
というのもセッターが後ろにいるとき、ワンをセッターが取ってしまうことが多い。
すると、誰がセットアップするのか、と。

女子はセッターの宮下がリベロ並みに守備がうまい(竹下もだった)ので、誰かかがセットアップする必要があった。
今は、リベロがアタックラインから跳んでトスをあげたり、アンダーで正確なトスをあげたりできる。

※リベロはアタックライン内でオーバーパスをしてはいけない。
アンダーだけ。


サーブもよかった。
弾丸サーブが入る確率が随分あがってた。

ずっと前、弾丸サーブを打つのはいいけど、入らないこと甚だしい。
今も全日本にいる福澤が若い頃、ちっとも入らなかった。
今は、入れてけサーブをすることも。

女子バレーより面白かったわ。

女子バレー、あんだけころころメンバーを変えたらいかんでしょ。
古賀は育たないし、石川(石川の妹)などをいつまでも当てにしてるわけにはいかないでしょうに。

ああ、面白かった。


イタリアに勝てたからと、どんどん勝てると思ってはいけないけど。
がんばれ、日本。


大人でよかった。『大人買い』ドラクエ11switch版
ドラクエ11が名作中の名作であったのは間違いない。

プレステ4でやった。

美しい画面。
懐かしい音楽。

そして、数々の号泣場面。


それがswitch版で蘇った。

今度はフルボイス。

でも、ドラクエの勇者は基本、喋らない。

・はい
・いいえ

しかないけど。

今回は、さらに仲間と離れ離れになっている時、それぞれはどこでなにをしていたか、が追加ストーリー。

FF15で言うならグラディオスやプロンプトが主人公ノクトから離れている時、なにをしていたかという追加物語があったように。


switchはテレビにつなぐこともできるし、ポータブルにもなる。
こどもが欲しがるはずね。
夏休みの帰省などの移動ではこどもを黙らせるいいアイテム。

そう、この前入院した時は持ってくるべきだったわ。

入院する人は是非、switch持参で。


これはポータブルに。
もちろんメガネがないとできないお年頃ですけど。

IMG_20190928_195200.jpg


同じのをプレステ4とswitch。

なんで?
っていうけどこれがオタクのサガ。

大人でよかった。
こどもだったら買えないもの。

ああ、大人でよかった。
ゲーム機器もソフトも買いたい放題。

大人ゲーマーでよかった。





プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



月別アーカイブ



検索フォーム