fc2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
食専科
・スキレット

実家にあったのを持ってきてみた。
母が使っていたか、というと否。

買っただけ。
毎度のこと。

スキレットは何がいいのか…
というと、はあまり思い浮かばない。
取手は熱いし…
きちんと熱して油をある程度引かないと卵などはくっつく。

この大きさのテフロンの取手が取れるフライパンがあり、グリルにそのまま入れることができる。

なのでそっちが使い勝手はいいけど…
多分、この雰囲気をみんな楽しむのだと思う。

使ってみた。
フランスパンでガーリックトースト。
できあいのガーリックマーガリンを塗って焼いただけ。
これがかなりいい。

やみつきになる。

garitoo.png



・ポタージュ。

クノールか味の素のカップスープが多いけど、時々手作り。
玉ねぎとじゃがいも、コンソメキューブを入れて適当に炊いてクタクタになったら、鍋の中でガーーー。
牛乳を入れて味を整えるだけ。
冷たいポタージュ。

油を使ってないので冷蔵庫で冷やす。
残りは冷凍。
potasu.png



・沖縄軟禁事件の時、博多に脱出した際に買った。
ひよこは、ノーマル、黒いの、桜、など色々。
抹茶を買ってみたけど、あまりお茶お茶してなかった。

桜が一番美味しかった。

なんか小さくなった…

mahiyoo.png



・ホワイトアスパラ(大瓶)

子供の頃、大嫌いだったけど、大人になったら大好きになって、今では瓶ごと食べてしまう。
食べすぎるとちょっとムカムカする。(当たり前)アホですわ。

サラダに入れて上品にちょっと食べるのが最適。


皿は、実家から数枚持ってきた。
スウェーデン刺繍風ので、スープ皿などとセット。
大昔からある。
前は「なんだダサいなあ」と思っていたけど、今見るとなかなか。
asuparaa.jpg

ゲーマーにはスウェーデン刺繍風がドット絵に見える…



味覚の記憶
冷蔵庫にはいつもヨーグルト。

4個組の小さいのや、今は380グラムか400グラムまで少なくなったパックもの。
多分、大病をした時から食べやすいから常備する癖がついたのかも。


ヨーグルトの種類はどれでもいい。
一通り、棚に並んであるものは全部食べた。

その中で、



このヨーグルトに味覚の記憶が蘇った。
geyuu.jpg

これはどこかで…


それは大昔、瓶入りのヨーグルトの味のような。

guueu.png


大昔、東京の幼稚園では弁当だった。
でも週一かは記憶にないけど時々これが配られた。

どういうサイクルでこのヨーグルトが出たのかは今となってはわからない。


とにかく、このでっぷりのヨーグルトが出た。
ワクワクした。

大切に大切にゆっくりと食べた。



当時、こういうのを家で食べた記憶がなかった…ような気がする。

子供の記憶だから本当かはわからないけど、うちの母親はこういう『無駄』な『子供が好きそうなもの』などを用意するような感じではなかった。

時代なのかも知れないけど。
おかずは茄子の味噌和えとかが思いっきり記憶にあって、姉と答え合わせをするとそうだった、と。

子供の好きそうなおかずはなかった。好き嫌いが多かったわたしの原因はここにあったのかも。
ハンバーグ、スパゲティなどはデパートの食堂の見本でしか見たことなかったかも。


地元の親に仕送りをしてるから、うちは家計がきつい、みたいなことをよく聞いていた。

社宅の隣のいづみちゃんちが時々、肉屋からトンカツを買うのは
家族が三人だから、と。
うちは四人。いづみちゃんのママは実家への仕送りはしなくて良いし、と…

よく聞いていた。

父の勤め先は、八重洲に本社がある結構大手のゼネコンだったけど、当時は
「うちは貧しいんだな」と思っていた。

でもピアノはあるし、夏になると姉が特別になんとか学校とかにも行ってた。
帰省が飛行機の時もあった。


子供には家計の状況はさっぱりわからない。


そんな大昔の時代。
幼稚園で出るでっぷり瓶入りヨーグルトが嬉しくて仕方なかった。
贅沢だと思った。



遠い味覚の記憶がこの『そよ風』ヨーグルトで蘇った。

ゼラチンを使っている甘いヨーグルト。

このヨーグルトの本質がどうかなどはどうでもいい。
この味覚の記憶が脳内で小さな幸福感を呼び起こした。

子供時代の小さな嬉しさの記憶。


ということで、今のとこ常にこのヨーグルトが3パックぐらい入ってるというのが…
自分でわかってるけど、固執かも。

ただし、このヨーグルトと当時の瓶入りでっぷりヨーグルトが同じ味だ、という決めてはない。
わたしの記憶の中でのこと。


夜の9時ぐらいに、このヨーグルトをつるりと食べる幸福感よ。
パックの三分の一ぐらい食べる。

冷たいヨーグルトが喉をつるり。

ひと匙ごとに大昔の幸福な記憶が蘇る。

*********


アジア大会優勝。

今の所、アジアには敵なし。


あら…素敵

yukirann.jpg



10泊11日 沖縄劇 4
食べ物編・2

着いてすぐ、レンタカーで少し北へ。
ここは、そういう繁華街。
アメリカンヴィレッジと呼ばれているそうな。

そこにあるステーキハウスで、あちら側と夕食。
ステーキのコース。

sutekiniii.png


この牛肉の握りがグレートに美味しい。
少し炙ってある。
この炙りが日本人は大好き。

一個では物足りない…とか言ってもコースの中の一つ…

nigirigyuu.png


披露宴はフルコース。
ここでも肉が美味しい。
wesute.png


ケーキカットしたケーキ。

kekiwee.png


北谷のリゾート地のホテルに2泊。

そのホテルのレストランのモーニングや、ランチがこれまた美味しかった。
値段はランチが1700円ぐらい。
モーニングは680円ぐらい。

わたしは魚をチョイス。
カジキマグロのソテー。
野菜が彩よく、ソースがバターの風味でコクを出している。
夫はチキンを選んだらもも一本出てきた。
okomohiru.png

朝食。いろいろチョイスできる。
わたしはサラダと卵とトースト。ドリンクはフリー。
これはベーコンコース。
tousyoku.png

美ら海を見学して、那覇方面へ。

国際通りでステーキ屋さんへ。
よし、塩梅よくお腹減ってる。

これはホテルの特典。

そろそろステーキ屋に行こうか、と準備してたら息子からメール。

かくかくシカジカ。
息子に「どこいる?」と打つと国際通り。
「飯を食おうかと」

「なら合流しなよ」

ホテルから店へ連絡して二人分追加できるかを聞いてもらうとオーケー。

「この店おいで」


ということで息子たちとステーキとエビのコース。
robusuta.png

肉に酒をかけてボーーーー

honoopaof.png

昔からあったパフォーマンスを見せてくれるステーキ屋さん。
塩胡椒のガリガリの木製の入れ物をくるくるとか。

何十年も前からあった。


なぜ、沖縄がステーキなのか。

昔、来たときも友人とステーキを食べた。
なぜステーキだったのか、は周りが「沖縄に行くからステーキ」という話を聞いたから。
それだけ。知識もない。


沖縄って畜産業が盛ん?

調べた。

いやいや、アメリカ様の影響だとか。
そして輸入肉の関税が沖縄は低いんだって。
なるほどね。


他、地元の畜産は

アグー豚。
これは前の沖縄いきの時にしゃぶしゃぶを食べた。
脂に味があって美味。

その時、
「嘘上あきらのテレビクルー」が同じ店にいた話をしたっけ。


・ホテルの朝食のバイキング。

もう、どれがいつのかなど不明。

・右上は沖縄のそば(ちゃんぽん麺のようなもの)のサラダそば。
野菜たっぷりにベーコンを乗せる。
スクランブルエッグとゴーヤの炒め物。スパニッシュオムレツ。卵ざんまいやわ。
カフェオーレ。
nahsaaayto.png

・子供用プレートを使うと分けられる。
角煮が美味しい。
nahahoteasa.png


・デザートコーナーからマンゴープリン。白玉。
ヨーグルトにマンゴーをドドっと。
島豆腐、というけどこれは胡麻豆腐のようなもの。
美味しかった。
dezato.png

こんな感じの朝食を何度か食べていて…
すごいのは、台風渦中にいてもこのメニューが変わることなくちゃんと出ていたこと。
備蓄力、洞察力が沖縄のホテルには必須。

毎朝、配られる水のボトルも切れることもない。自販機も普通。



ステーキを堪能して明日は帰るぞ…

と、荷物を整理し始めた…


ら…


周知の通りの

えぐいことに。




食べ物・3


コンビニは滅多に入らないので、ワクワクワールド。

冷凍食品もあったり。

ローソンとファミマがある。
両方を出入り。

おにぎりはスパムと卵を挟んだおにぎりサンドイッチみたいなの。
味噌が塗ってあるのはそこそこ美味しかった。

他のおにぎりは、うん、間違いない。
普通に美味しい。

昔より、小さくなった…よね…
一個では足りないもん…
あ?わたしだけ?

味噌汁や、春雨スープ。


デザートなど全国変わりない。
カップ麺は何年振りかで食べた。
まずくはないが、普通のカップ麺。想像通り。

コンビニご飯を一生分食べた。

・一回分の買い出し。ここは最後の宿。強風の中、夫が買い出しに。
konnbibibi.png




食べ物編・4

午前中が全部欠航。

ドキドキしながらもタクシーで空港に。
リアルタイムで入る運行状況。

そんなこんなでもお腹はすく。

アイスクリームに島の塩をかけて食べる店に入った。

レストランに入った。


定食系には角煮が入ってる率高し。
これは美味しい。わたしが作るともっと黒くてドロドロ。

kuukogoha.png

kuukogonnn.png

ホテルの朝食でも「混ぜご飯」が出てくるし、この定食にもついてきた。

うーん。そこまでもない。
売るほどはない。

沖縄そば。
我那覇真子さんのおばあちゃんが戦後、考案したそうな。

で、沖縄全部に広がって今は普通にみんながそれぞれの店の味を展開。
トッピングは角煮だったり、いろいろ。

香辛料をかけて食べる。

美味か、というものではなく、

そうか、こういうのが沖縄では食べられてるのか

というモノ。

うちの地元で言うなら、独特の熊本ラーメンや、ダゴ汁など。

沖縄での最後のご飯を食べて、飛行機内へ…
今度はご飯、でない…


でも、キットカットとコーヒーを配ってくれた。
ラッキー。

食べ物編・終わり



小さなフレンチの店を見つけたのでランチをしてみた
庶民的な小さなフレンチの店。
内装はわたしが好きな、アイアンやガラス。
キッチンはオープン。

トイレの洗面ボウルが可愛い。
わたしも家の洗面ボウルをこだわったけど。

聞くとアイアンとガラスのアンティーク風のはわたしと同じアンティークの店で買ったんだって。
だから趣味があうと思ったわ。


どこぞのシェフだった人がシェフ。

ランチはコース。
コースはチョイスや追加もあり。

魚か肉か。
と、聞かれたので「どっちもー」。
フレンチはフルコース!

デザートは、
「必須!」

久々のフレンチなので嬉しくって。
しかも肩苦しくないのがいい。


夫は、昼間から飲める気持ちよさを満喫。
帰りの運転はわたし。
料理に合う、お茶3種類を頼んだ。


hurennti1.jpg

カトラリーレストが大理石だって。お箸もあるから日本人には助かる。

・フランスパンの上になんとかというペースト。うえはケッパー。
サーモン食べる時に上に乗ってるあれ。酸っぱいの。これが美味しくて、パクッと。下のは石で温めてる?これ聞くの忘れたわ。
hurento2.jpg


・新玉ねぎの「ブルーテ」。生クリームとの相性が良くて、玉ねぎの甘さが引き立つ。
地元産を積極的に使う。新玉ねぎは地元名産。美味しくて、おかわりしたくなったわ。コップいっぱいは飲めそう。
hurenti3.jpg


・カルパッチョ。地元産の野菜と、市場で仕入れたタイなど3種類の魚。
いんげんがバリっとしてるのに、きちんと火が通っている。レタスが先っちょだけ、という贅沢な。
ドレッシングは提携している、農園の人参を使ったものでまろやかで甘みと酸味が絶妙。
野菜で必死で拭ってドレッシングを残さないぞ!と。
hurento4.jpg




・タイのポワレ。大好き。白子がまろやか。こういうの苦手なわたしなのに美味しく感じたわ。
臭みとかなくて。ソースは完熟トマト、というけどこんなにトマトを隠して、トマトの風味を出したソースは見たことないわ。魚の下はよくあるマッシュポテトで安定。
hurenti5.jpg


・酵母のバケット。これでソースをぬぐいながら。
hurnento6.jpg

・チキンの胸肉ソテー。アーモンドとパセリ、レモンの焦バターソース。
胸肉がこんなに柔らかいのは初めて。家で酵素、穴あけ…なんじゃかんじゃやってもここまで柔らかく、またしっとりしてるのは初めて。それを伝えると、穴も開けないし、ってw何か秘訣あるんだろうなーーソースの風味の最後にアーモンドが香って…うちは袋でアーモンドを買うけど、ただ食べるだけ。フレンチはソースが決めて。
hurennto7.jpg


・デザート。チーズアイスクリームにいちごソース。
アイスがチーズだけど、チーズの香りが最後にふわっときて主張しないし、いちごを引き立たせる絶品。
hurento8.jpg


最後にコーヒー。

カトラリーが黒いのはシェフの好みだそうで。


完全、予約。

窓際に一人、お婆さんが。
「いつものおすすめでいいわ」
だって。

背景を想像。
一人になって。お金がそこそこ。

気軽にたまに来てるのかしら。


ということで、フレンチをすんごく久しぶり楽しんだ、という話でした。



お試し・冷凍宅配おかず・第二弾
お試し、第二弾。

「食のそよ風」の。

前のはチマチマおかずだったけど、今度はメインがあってあとチマチマ副菜。

・冷凍されたおかず
これは、とんかつセット。
sosyo1.jpg


・袋の角を切り取ってチン。大抵600W3分半とか。レンジ次第。

sooo2.jpg


・皿に移し替えてみた。
soyoy3.jpg


右上はキャベツ、左上はアスパラ。
味は良かった。

ミニトンカツも美味しかった。
これに白ごはんがあって味噌汁でもあれば若者でないならオーケー。

母に試しに持って行ったのは、カレイの黒酢あんかけ。と副菜。
母に「いざと言う時のためにどう?」と。

母は、なんにでも文句言うたち。
そんなに自分にぴったり合うものとか世の中にはない。
「野菜がー足りない==」
と案の定言った。

目的が理解できない。

・何もしたくない時
・買い物に行けない時
・何か食べておけばいい時

など、使い方は自分の体調、食欲で決める。

と言うコンセプト。

値段は430円ぐらい。

食べてみてそこそこだったので、買い置きして欲しいとのこと。
コロコロ気分が変わる人なのでとりあえず5食、かな。

母はレンジを温めモードしか使ったことないので、書いて貼っておかねば。

さてさてどうなるか。


この前のと比べると大きさはこんな感じ。今回のは左。
タイルの大きさは一辺が10センチ。
もし、弁当にこのおかずを入れるとしたら上等でしょ。

soyoyo4.jpg


お試し第二弾でした。





プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



月別アーカイブ



検索フォーム