FC2ブログ
えありす万華鏡*
ゲーマー・イラストレーター・音楽家、時に愛国者。どれも自称だけど。万華鏡のようにクルクル変わる日々をえがきます。since2001.9.18
『ひとりじめ』の4分の一を食べる
今年、第二弾。

小さいスイカ『ひとりじめ』。

4分の一が、一度に食べる分量としていいあんばい。


IMG_20200630_143704.jpg


小さいスイカでも種の大きさって同じなんだなあ…

って、当たり前じゃん…

-----

香港。

御愁傷様。

あの若いデモ隊の子たち。
どこか逃げて、と言いたいけど中国共産党によって粛清されるのでしょう。
「世界が見ているから」なんて中国には通じない。

香港が中国になったら香港ドル。
どうするんでしょうね。
そういう経済より中国共産党は独裁政治を維持することを選んだってことか。


同じアグネスでも大違い。


アメリカはどう動くのか…
経済制裁を強めるのか。


世界はどうするのか。
どうもできないのが現状。


日本?

遺憾砲を撃ちました。


でも、これそこそこ日本にしたら頑張ってるんですってね。

ほう…






アサリで赤酒
前の晩からアサリを塩水につけておいた。
今の時期なので冷蔵庫で。

貝汁とアサリバター。

つい、赤酒をあけてしまった。

県北の山鹿のお酒。
千代の園。
赤酒は正月に屠蘇を入れてのむ。

氷を入れた。

杏酒に似た果実酒のようで甘くて美味しい。


アサリバターで赤酒がいける。

IMG_20200628_100450.jpg

IMG_20200628_095437.jpg


IMG_20200628_095506.jpg


今頃までアサリがあって、これがまた身が詰まっている。

有明海のアサリ。

前、北朝鮮からのアサリの稚貝を有明の砂浜で育てて有明産としたんだっけ。

気色悪…



だけど、和牛もその土地で育てたらその土地のブランドになるとか。
育てる方法、飼料でいくらでもかわるということなんだろう。

ま、それは置いといて赤酒が美味しいのに気付いた。
赤酒は屠蘇を入れて正月にしか飲まない。

そのままでもこんなに美味しいとは。

甘みがあるのでみりんにも使える。

キッチンで料理しながら出来立てのものをつまみながらの立ち飲みが一番美味しい。




かき氷はじめました
yjage.jpeg

大昔、どこの家庭にもあったかき氷機。

記憶が定かではないけど、氷を作る金属で丸い形状のタッパー蓋がついてる容器だけは覚えている。
それを入れてガリガリ。

なにをかけて食べたか記憶にない。
ただの上白をかけたような…シロップなんていう上品な代物はうちにはなかったような気がした。
赤いのあったのかな?


昔、かき氷はご馳走だった?…

母がたの祖母の実家は市内にあった。
祖母は市内の一番の街からど田舎に先妻の子が6人もいる家へ嫁入りしたというわけ。
そのど田舎の祖母のいる家へ帰省する前に、市内の祖母の実家に寄った、というシチュエーション。
母の叔父がいた。

わたしはまだ子どもでその家がなんの縁かなど知りもしなかった。

オカモチを持った配達人さんが木箱の蓋を上にスライドしてかき氷を出した時にはぶったまげた。

不思議だった。
かき氷ごときがご馳走かのように出前がされてきたから。
すぐ近くまで市電が走る街中の家。
東京から帰省していたわたしは子どもながらもそこそこ東京の暮らしを知っていて、地域のギャップに驚いた記憶があった。

でも、子どもの頃からわたしはかき氷なんか、どうでもよかった。
ずっとそうだった。

喫茶店でフラッペとか上品な名前をつけられても所詮、氷、水だもん。
冷房の入った喫茶店でなんで氷なんぞ食べるか、って。

でも、友達と宮崎の青島にドライブした時、暑くて暑くて売店のかき氷を一気に食べた。

あれが最後だったか。かき氷が美味しいと感じたのは。


でも、子どもを持つとどうしてもかき氷機は一度は買わねばならない。
この頃は、普通の氷でかき氷ができた。
うちは、ドラえもんか、なんかそんなのだったような。

それも一瞬で終わった。子どもたちはそんなの見向きもしなくなったし。

長い年月を経て…


あーーーーぺんぎんちゃん!


IMG_20200622_134816.jpg

大量に食べるわけではない。
小さなガラスのデザート皿にほんの少し味わえばそれでいい。
いやあ、最近のかき氷機は、きめ細かい氷ができる。
これにはびっくり。
「パール金属」のかき氷機。

IMG_20200622_134821.jpg


ああーー、練乳。
実は、近くに小豆もある。
抹茶シロップも買ってこねば。

IMG_20200622_134825.jpg


-------------------------------------
バカ蓮舫。

普通に褒めときゃいいのに。

「使い勝手がーーー」云々。

使い勝手は使い手が決めるもの。
これはただただひたすら、その性能を極めるもの。


「2番じゃなくてやっぱり一番がいいですよね。
素晴らしいです、日本のスパコン(ニコ!)」

とかしたら株あがったろうにね。
バカ蓮舫。
やっぱり日本が素晴らしいと憎くてたまらないのだろう。

どこの国のDNAを持ってるんだろう?

富士山の名前を持ったスパコン。
誇らしい。

ちなみに、韓国は18位。
嫉妬しまくりの記事に笑。↓






地産地消
総務省からの依頼で「家計調査」に協力していることを前に書いた。

記録するのは半年。
この6月で終わる。

半月に一度のペースで、係りの人が書き込んだのを引き取って新しい記入帳をポストに入れていく。


まめに書いたわ。

ピーマン3個   140g   158円

とか。

この調査から何が見えるかなど。
ちょっとしたチラシも入ってる。

ヨーグルトは横ばい、とか。

日本はそんなに食べ物自給率低いのかなあ。

個々の家庭では地産地消が多いのかもしれない。


これ全部県産品。

IMG_20200620_153107.jpg

この可愛いパプリカも。

IMG_20200618_095455.jpg

海苔と海苔ふりかけも。
IMG_20200620_162221-2.jpg


海でとれたイカともち米も。

イカめしを作ってみた。
大葉はうちの庭の。

IMG_20200620_172836.jpg


地産地消が一番いいのだけど、食品産業ではやはり輸入品が多いのかな。

メリケン粉とか。
うちの地元では米粉のパンもあったりしてもちもちしておいしい。

大都会に会社とかが集中して地方はさびれる、とかいうけど、いっそのこと、
都会に集中させて、地方は農業や畜産に特化するとか…

だめ?

あ、これって社会主義国家ね。

日本は世界一うまくいってる社会主義国家と言われてるらしいから、いっそやっちゃえ、とか。

休耕田なんて言わないで小麦も作ってメリケン粉も国産品。


あ、…アメリカさまから怒られる〜〜〜

かつて、アメリカさまのメリケン粉を買わされて給食がパンになって…
その仲買人をしたのって…

あ…


って、なんの話だった?

地産地消の話だったわ。

国道3号線、道の駅が北に向かって左に県内に一箇所。
そして県からでてすぐ一箇所。

どうせ、お金を落とすなら県内に、と「鹿北町」の道の駅でいろいろ買う。

うちのような地元が各地にあるはず。
食べ物は日本人の手で作られたものを食べたい。

でしょ。


小さいスイカ
多分、昨年もだけど小さいスイカの話をしたと思う。


「ひとりじめ」

という名前のスイカ。
その名のとおり一人で食べられるサイズだしなにより冷蔵庫に入る。

IMG_20200610_103542.jpg


皮は薄いし甘い。

日本の農産物のすごさよ。
家庭の冷蔵庫事情、家族の人数事情などを考えて、どんなスイカを作ればいいのかを考える。
売れるスイカを考える。

この日本の農業のすごさを保護しようとしたのに…


誰だっけ…

ああ、柴崎コウだったね。

バカ丸出しなのか、それとも本当に悪意があるのか知らないけど…

しかしバカ丸出しだったら、
「勘違いのようでした」などの発言があってもよさそうなんだけど。

おそらく、悪意なのだろうなあ。


宇都宮や赤旗にシンパシーを感じる小泉今日子の路線なのかもしれない。










プロフィール

えありす

Author:えありす
ようこそ『えありす万華鏡』へ。
ブログ主の『えありす』です。

▼今夜のおかずから猫のハナシ。
時にはオタクなハナシやクニのハナシもします。
万華鏡のように七変化をするブログです。

▼イラストも描いています。
イラスト集『えありすのお絵描き帳』は下のリンク集から行けます。

▼前『えありす万華鏡』はこちらから

えありす万華鏡

▼記事に関係ない話、よもやま話のための画像掲示板「みせちゃう・掲示板」もリンク集にあります。



リンク



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



検索フォーム